「高村先生、おめでとう!」

高原館の所長をしている高村先生の奥さんが、
今朝、無事に第一子を出産しました。
昨夜、「破水して病院に入りました」と電話があり、
今日か明日の予定だということでした。
予定日より2週間くらい早かったので、
高村先生、だいぶ心配していました。
初めての出産って、心配なんですよね。
父親なんて、なにもできないので、
ただうろうろしているだけで、
祈るしかありません。
私も長女が生まれたときのことを思い出しました。
出産に立ち会って、
はじめに産湯につからせたときの感動。
病院から退院し、
はじめて自宅に戻ったときの夜。
なにかあったらと思い、心配で一晩中、
娘の様子を確認していました。
お風呂に入れてあげたり、
オムツを交換したり、だっこしたり。
そんなことを考えていたら、
娘のことがとても愛おしく思えてきました。
しかし、その娘も今は中学3年生。
そんなことを言ったら、
「お父さん、キモイ」って言われるのがおちです。
高村先生、今のうちに、
たっぷり愛情を注いであげてね。
やすらぎの里のみんなから、
おめでとう!(^◇^)!


「今日のやすらぎ」
畑の周りに咲いていた、野菊の花。
小さい花が可憐で、館内にもよく飾っています。
野菊の花

コメントをどうぞ