さよらなチクテカフェ

調理スタッフ浜田です。
下北沢にある大好きだったカフェが先日閉店しました。
最後の土曜日営業で混むことは覚悟の上、もう一度
味わっておきたくて出かけてきました。 営業30分前で既に
長蛇の列ができていました。 炎天下の中、並ぶこと4時間。
やっと店内に案内され、久しぶりの味に再会です。


ランチはマフィンとニース風サラダ。 
粉物好きの私は、この直焼きマフィンが大好きで時々訪れては
幸せな時間を過ごしていました。 一杯ずつ丁寧にドリップしてくれるコーヒー
も香り高く美味しいです。

店主の牧内さんは私よりずっとお若いと思うのですが、所作の美しい
人です。 キッチンが見える席に座った時は彼女がサラダを作るのを
失礼にならない様に観察していたものです。 静かにジャズが流れる
店内も落ち着いて居心地のいい空間でした。 とても残念なことでが、
最後に味わうことが出来て嬉しかったです。

コメントをどうぞ