「やすらぎのレシピ・芋の子汁」

私の実家がある東北では、
秋になると河原で芋煮会をやるのが、
恒例の行事になっています。
具を食べる味噌汁、
これはもう立派なおかずですね。
「材料」4人分
里芋5~6個、こんにゃく1/2枚、人参1/4本、大根10cm
長ネギ1/2本、きのこ1/2パック(しいたけ、しめじなど)、
豚肉100g、だし汁600cc
「作り方」
1、里芋の皮をむき、大き目の乱切りにしてぬめりをとる。
2、こんにゃくをゆでてあくをぬき、短冊に切る。
3、大根と人参はいちょう切りにする。
4、きのこは食べやすい大きさに、ねぎは斜めに切る。
5、鍋で豚肉を炒め、里芋とねぎ以外の材料を入れて炒め、
 だし汁を入れ、里芋を入れて柔らかくなるまで煮る。
6、味噌と濃口しょうゆで味を調え、
 最後にねぎを入れてさっと煮たらできあがり。
7、器に盛ったら、七味か柚子をかけていただきます。


「今日のやすらぎ」
今朝収穫した、高橋さん家の里芋。
柔らかくて、とっても美味しいんです。
しかし、どうやったらこんなにりっぱな里芋ができるんだろう。
自分で作ってみると、農家の人のすごさがよくわかります。
里芋

“「やすらぎのレシピ・芋の子汁」” へのコメントはありません。

  1. Sakura_saku

    サトイモ、きらきらしてますね!
    こんなものを育てられる人って、本当に尊敬します。

  2. やすらぎ大沢

    Sakura_sakuさんへ
    ほんと野菜を見ると、作っている人の手間のかけ方がよくわかりますね。
    私も早くこんな立派な野菜が作れるようになりたいものです。

コメントをどうぞ