「桜が自生する地」

伊豆半島は、桜の原種がたくさん自生する地。

早咲きで有名な河津桜は、
赤い寒緋桜と白い大島桜の自然交配した原木が、
河津町にあるので、河津桜と名づけられました。

この河津桜が散り始めると、
真っ白な花びらの大島桜が満開になります。

大島桜は、花と葉が一緒に出るので、
白い花びらと淡い緑のコントラストがきれいです。

ちなみに、桜餅についてる桜の葉は、
この大島桜の葉っぱです。

葉が筋っぽくなくて、
柔らかいので、この桜の葉を使うようです。

大島桜が終わると大寒桜、
そして、ソメイヨシノが咲き出すと、
伊豆高原は桜の花に包まれます。

コメントをどうぞ