「つながるつなげる さくらプロジェクト」

やすらぎの里のゲストで、
農業を志していた菅野さん。
農業のご縁で知り合ったご主人と結婚して、
嫁いだ先が、福島県の飯舘村。
18代続く農家で、酪農もしていたのが、
原発事故の影響で大変なことになっています。
それでも、ただ嘆いているだけではなく、
さくらプロジェクトを立ち上げて、がんばっています。
福島の若い酪農家が、あきらめないで、
夢をもって、農業が続けられたら、
きっと日本の農業の光になれます。
日本の農業を救うため、
日本の将来の世代を救うために、
菅野夫妻を応援してください。
牧場や牛の写真がカードになって、
5枚とメッセージのカードが入って、500円。
さくらプロジェクト
やすらぎの里でも販売していますし、
直接、本人にメールしてもらってもいいです。
Tunagaru-sakura@hotmail.co.jp
菅野さん、がんばれよ~!
日本の農業は、あなた達にかかっているからね。
以下、菅野さんのメッセージです。


「つながるつながる さくらプロジェクト」
3.11の大地震後におこった原発事故。
私のふるさと福島県飯舘村は、30キロ圏外にもかかわらず、
高い濃度の放射性物質が降り、計画避難を余儀なくされました。
特に、自宅のある比曽地区は南部に位置し,
高い数値が検出されています。
私の家は18代続く農家ですが、農業を中断して、
その後の推移を見つめていく、長くて苦しい状況が続いています。
そんな中、飯舘村の土地に生かされてきた私に、
何かできないかと考えるようになりました。
今回の原発事故で、個人個人がどう暮らし方を考えていくのか。
どう社会をリ・デザインしていくのかということも
同様に考えることが必要なのではないかと思っています。
そうでなければ、今、事故の影響で苦しんでいる人達の苦労が報われません。
事故後、あちこちでお話させていただく中で、
同じ意識を持たれた方とつながる大切さを学びなました。
そして、このポストカードを通して大切な方と
エネルギーやこれからの事を価値共有していただけたらと考えました。
このプロジェクトの収益金は飯舘村の比曽地区に,
桜を植える費用に使わせていただきたいと思います。
比曽地区には桜が見られる場所がなく、
いつも「集会所に植えたいね」話していました。
私達の息子や孫が桜を眺めながら、安心して農業ができる日まで、
思いをつなげていけたらと思います。
ご協力をお願いします。

コメントをどうぞ