震災の日に思う

16年前の今日。
朝早く起きて、ニュースを見て、
あ然としたことを覚えています。
日本でこんな大惨事が起こるんだ。
今日と同じ明日が来る保障はどこにもない。
まだ、下の子が生まれたばかりだったので、
よけいに強く感じたんだと思います。
高原館の加藤さんから、
いい詩を教えてもらいました。
「最後だとわかっていたなら」
この詩は、ニューヨークの同時多発テロが起こったときに、
チェーンメールで、世界中に広がったものです。
「あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう・・・」
いつ、どうなっても悔いが残らないように、
大切な人に、自分の素直な気持ちを伝えておこう。
震災がおこったこの日に、
今日一日が、無事に終わったことを感謝して。


屋上から、海の向こうの大島を望む。
青く澄み切った、海と空が気持ちいい。
快晴

コメントをどうぞ