「浄化の冬」

いや~、寒いですね。
温暖な伊豆でも今日は寒かった。
寒い分だけ、空気が澄んでいて、
なんか、空気の透明度が高い感じがします。
こんな日は、八ヶ岳で暮らしていた頃を思い出します。
空気が痛いくらいに冷たくて、
吸い込まれるように澄んだ青空が広がる冬。
なにもかも、凍らして、枯らしてしまう冬は、
浄化の時期でもありました。
冬で一年が終わって、
そして、春にまた新たな一年が始まる。
伊豆は温暖なので、
それほど劇的な変化はありませんが、
それでも、自分の中の季節は同じに移り変わっています。
冬の間に、余分なものを削ぎ落として、
必要なものを充電する。
そのエネルギーで、春と夏を駆け抜ける。
寒い冬も、また良しです。


霜が降りた、畑のほうれん草。
甘味が強くなって美味しいんです。
霜が降りた畑


大室山の麓から眺める伊豆高原。
地球が丸く見えますね。
大室山からの眺め

コメントをどうぞ