「からだにたまる水毒」

日本では、湿気や水分の取りすぎで体調を悪くしている人がたくさんいます。
これは、日本の湿度の高さに関係しています。
日本の夏は湿気がとっても多いですよね。
梅雨時なんかは、むしむしして、からだにもカビが生えてきそうです。
外の湿度が高いと、身体の中の水分も滞りやすくなります。
特に、代謝が悪く汗をあまりかかない人やむくみやすい人は、
水分が身体の中にたまりやすい傾向があります。
天気が悪くなると、だるい、身体が重い、頭が重い、関節が痛い方いますよね。
そんなあなたは、水毒(からだの中に滞っている水分)が原因です。
水分も全身をめぐっていればからだを潤してくれますが、
流れが滞り、たまってしまうと毒になります。
東洋医学では水毒(湿邪)といい、重い、だるい症状を引き起こします。
ただし、悪いのは水分や湿気ではなく、めぐらなくなることです。
なんでも滞るのはよくないんですね。
そのためには、からだを動かして汗をかく。
運動ができないときは、半身浴で汗をかく。
また、冷たい飲み物や食べ物は滞りやすいので、
代謝の悪い人は、冷たいものは控えめにしましょう。
湿気の多い、この時期は特に気をつけたいですね。


「今日のやすらぎ」
やすらぎの里で出しているハブ茶。
利尿作用やお通じをよくする効果があり、
水分がたまりやすい人や便秘気味の人に効果的なお茶です。
ハブ茶

コメントをどうぞ