「夏バテ対策 その1」

関東はここ何日か急に暑くなって、梅雨明けを思わせるようです。
この時期は、まだ身体が暑さに慣れていないので、
つい冷たいものばかり飲んでしまいます。
そうすると飲み物でお腹が一杯になり、
ご飯があまり食べられなくなります。
これが夏バテの大きな原因です。
ご飯は消化されてブドウ糖になり、
身体に吸収されて、動くエネルギー源になります。
飲み物にもブドウ糖が入っている、
スポーツドリンクのようなものがありますが
これはすぐにエネルギー切れしやすい、
短期決戦型のブドウ糖です。
普段の生活は持久力戦なので、
ご飯のように少しずつ吸収されるブドウ糖が理想的です。
とはいっても、暑くてご飯はちょっとという方は
おにぎりにしたり、ふりかけをかけたり、お茶漬けにしたり。
暑いときこそ、しっかりご飯を食べる。
ほら、あなた、ビールばっかり飲んでないで、
ご飯、しっかり食べてくださいね。


「今日のやすらぎ」
暑いときは「こうやってダラダラしてるのが一番よ」
とテラが申しております。
テラ リラックス

“「夏バテ対策 その1」” へのコメントはありません。

  1. 加藤 すみ代さん

    今日初めて五分づきに挑戦してみました。この蒸し暑い日本の夏を「ご飯を食べて乗り切ろう!」と思います。お灸も毎日続けていましたが、薄い皮の部分に水ぶくれができてしまい今日は休憩です。「やすらぎ・・」効果でまだまだやる気継続中

  2. やすらぎ大沢

    加藤さん
    五分づきでしたらあまり抵抗ないですよね。
    蒸し暑いときは、シラスときゅうり、わかめを混ぜてさっぱりご飯もいけますよ。
    枝豆ご飯も色がきれいでおすすめです。

コメントをどうぞ