「やまももの収穫」

やすらぎの里がある浮山温泉郷は、
やまももがたくさん自生しています。

地元の人は、やまもものことを
親しみを込めて“やんも”と呼んでいます。

なにせ、郵便局の名前が、
やんもの里郵便局というくらい、
伊豆高原はやまももの里です。

そのやまももは、梅雨になると実が赤くなり始め、
7月に完熟して、食べ頃になります。

今年は先日の台風で、だいぶ実が落ちたので、
収穫できるか心配でしたが、大丈夫でした。

枝がしなるくらいに、たくさんついた、
真っ赤に熟したやまももの実。

軽トラの上に乗って、とり放題です。
今日は大きな袋で、2つ分取れました。

このやまももは、すべて自生しているものなので、
実が小さいので、ジュースにしたりはできません。

地道に実をほぐして、デザートにしたり、
お酒に漬けたりして、その鮮やかな色を楽しみます。

これで、今年もしばらく、やまももが楽しめそうです。
自然の恵みに感謝。
(^人^)              大沢

コメントをどうぞ