「落ち葉のじゅうたん」

毎年、これぞ!という紅葉を見ているのに、
今年は、極めつけの紅葉を見れないまま、
冬になってしまいました。
しかし、なんかすっきりしない。
秋が終わらないうちに、冬になる。
パンツを履かないで、ズボンを履いちゃったみたいな。
そんなことで、
遅ればせながら、行ってきました。
中伊豆にある“修善寺のもみじ林”
真っ赤なもみじ
だいぶ落葉していましたが、
まだ、きれいなもみじもちらほらと。
しかし、落葉したもみじの葉も
また風情があります。
林が一面、もみじの落ち葉で、
真っ赤に染まっていました。
もみじの絨毯
あ~、これでようやく、
気持ちを冬モードに切り替えられそうです。


「今日のやすらぎ」
修禅寺の名前の由来になっている、
修禅寺(禅を修う寺)。
修禅寺
境内には、禅の開祖といわれる、
達磨大師の石像が鎮座してました。
達磨大師
面壁9年、手足が腐っても、
座禅を続けたという伝説の禅僧です。
だるまさんが転んだ~♪の
だるまさんは、偉い禅僧だったんですよ。

コメントをどうぞ