やすらぎへの道のり 「その2」

海外で暮らせる方法をさがしてみると、ワーキングホリデーという制度があり、1年間働きながら海外で生活が出来るというのだ。
半年くらいの間に日本脱出の準備を進めて、23歳の春に5年続けた仕事を辞め、妻の文枝と一緒にオーストラリアでの海外生活を始めることになった。
今の20代では珍しい方になるかもしれないが、私の場合その時が海外どころか飛行機に乗るのでさえも初めての体験で、全てが初体験、ドキドキ、ワクワクの連続だった。
始めの一ヶ月間はイタリア人夫婦の家庭にホームステイしながら、現地の英語学校に通って、というおきまりのコースで、オーストラリアの生活になじんでいった。
英語学校が終わる頃、シドニーにある日本食レストランのアルバイトを見つけて働き始めた。
その頃は日本でオーストラリアが少しブームになっていて、日本人旅行者が多かったおかげで、仕事はすぐに見つかった。
以前の仕事で食べ物の知識があったのと、料理が好きだったこともあり、板前さんに気に入られて、寿司の握り方も教えてもらえた。
日本なら何年も下働きをして始めて教えてもらえるようなことをすぐに教えてもらえたのは、海外だからこそだと思う。
忙しい店だったので、一ヶ月もするとはた目には一端の板さんになっていた。
料理を作る仕事は楽しい仕事だった。
一緒に働いている仲間も日本を飛び出してきただけあって、個性的な人たちで、それを仕切っている板長さんはそれに輪をかけたような個性の持ち主だった。
毎日仕事が終わると、残り物をつまみに飲んで、語って、騒いで暮れていった。
そんな仕事を半年くらい続けて、バイト代がたまったところで、ワーゲンの古いキャンピングカーを買い、旅に出ることにした。
ほとんど計画のない行き当たりばったりの旅で、気に入ったところがあれば、そこで泊まって、飽きるまでそこにいるような毎日を繰り返していた。
グレートバリアリーフの島でシュノーケリングをしたり、砂漠の真ん中でキャンプをしたり、ジャングルの中の温泉に入ったりと毎日があっという間にすぎていった。
そんな旅を3ヶ月位続けて、仲間の住むシドニーに帰ってきた。
シドニーでは住むところも決めず友達のアパートの前にキャンピングカーを止めて、トイレと風呂だけ貸してもらって生活していた。
しばらくの間、旅の疲れと、次の目標が定まらなくて、少し無気力になっており、昼間で寝て、それから海を眺めながらビールを飲んで、夜になるとみんなと話して、夜遅く寝るというような毎日を送っていた。
そんなとき、家から友達のアパートに電話がかかってきた。
5歳年下の弟が家で暴れたり、引きこもったりで親だけで面倒みるのは大変そうだから、すぐに帰ってきてくれ、という祖父からの電話だった。
親は兄弟の面倒を兄の私に見させるのは悪いからと気を使って電話をしないでいたようだが、こちらから電話したらだいぶまいっているようだった。
これは普通ではないなと思い、文枝はオーストラリアに残したまま、取りあえず自分だけすぐに帰国することにした。 

コメントをどうぞ