野菜だいすき

かおりです。
ここのところ、一日ごとに天気や気温がころころと変わり、
あまり春らしさを感じません。
天候不順で野菜の値段もお高いですね?
農協や道端の無人販売で売っている野菜は、新鮮でおいしくて
なにより安く買えるので助かります。
雨が多くて、農家さんも大変なことと思います。
自分で野菜を育てるようになれば、こういった農家さんのご苦労が
身にしみて分かり、料理をしたり食べるときの感謝の気持ちも
もっともっと増すのでしょうね。
やすらぎの里では、たくさんの野菜を使った食事をお出ししています。
炒め物、煮物、和え物、いろんな種類の料理があります。
朝の炒め物だけでも、
1.きんぴら(きんぴらごぼう、レンコンきんぴら、じゃがいもきんぴら等)
2.じゃこ炒め(人参じゃこ炒め、ピーマンじゃこ炒め、小松菜じゃこ炒め等)
3.きんぴらおかかバージョン(いんげんのきんぴら、竹の子のきんぴら等)
様々な野菜で炒め物ができるんです。
基本の作り方はどれも似ていて、
千切りにした野菜(できるだけ細いと火も通りやすくて食べやすいです。
         レンコン、竹の子はいちょう切り、いんげんは斜め薄切り)
を少量の油で炒め、塩をひとつまみ入れて水分がでて
しんなりしたら酒をふりいれ、フタをして野菜が柔らかくなるまで蒸し焼き
にします。(小松菜やインゲンなど青みの野菜の時はフタはしません)
野菜に火が通ったら、塩、薄口醤油(これがメインの味)、濃口醤油を。
(濃口はほんの少量で香りづけ程度)
調味料で味付けをするというよりは
調味料を使って、その野菜の持つうまみや甘味を引き出すということを
心がけます。そうすると、驚くほどおいしく仕上がります。
野菜ってこんなにおいしいんだ!と感動しますよ??
きんぴらは、ゴマと七味を仕上げにふります。
じゃこ炒めは、じゃこを最初に炒めてから野菜を入れます。
おかかバージョンは、最後におかかを混ぜます。
上記の野菜以外にも、旬のお野菜を使ったきんぴらが登場しますよ。
春は、うどのきんぴら(おかかバージョンです)。
私の大好きなメニューのうちの一つ??
皆さんもお家でいろんな野菜のきんぴらを作ってみてくださいね
新しいメニューを開発したら教えてください

コメントをどうぞ