「ハッピー・キャンドルナイト」

今日は一年で一番昼が長い夏至の日。
そして、夏至の日といえば “キャンドルナイト”
夏至の日の夜、8時から10時の2時間電気を消して、
ロウソクの灯りで過ごします。
やすらぎの里でもすっかり定着して、
毎年やっています。
今夜は雨のところが多いようですが、
ロウソクの灯りを楽しむ、静かな夜にしてみませんか。
このキャンドルナイトの紹介文がとっても素敵なので、
紹介させてもらいます。


「電気を消して、スローな夜を」
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに、
絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で、
生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは、
新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2008年、6月21日、夏至の日。
よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。


高原館でのキャンドルナイト。
静かな高原館の夜をロマンチックに照らす、
ローソクの灯かり。
ゲストのみんなも喜んでくれました。
キャンドルナイト

“「ハッピー・キャンドルナイト」” へのコメントはありません。

  1. ヴィータちゃん

    すてきですねー。
    空から見ると夜は明るい日本列島が真っ暗になったらすごい!
    でもまだ仕事中(笑)

  2. やすらぎ大沢

    一年に一度くらい、真っ暗になる日があってもいいですよね。
    そして、みんなその日は、
    残業も出来ない早上がりの日にして。
    暗闇の中で静かに過ごす夜。
    伊豆高原でも、ちょっとずつ広がってます。

  3. achaさん

    こんにちは。
    私も前々から気になっていたのですが、いつも過ぎ去ってから、思い出していました。
    今回は、我がサロンで8人の友人と食事をしながら、自分なりのエコについて語り合いました。
    ブレーカーを落とした瞬間の静寂さが何とも言えず、病みつきになりそうです。
    またやりましょう。と言う声が多かったので、やります。
    http://acha506.tea-nifty.com/biog/2008/06/post_d789.html

  4. おさる1号さん

    耳にしてはいたのですが、今年初めて実行してみました。
    お土産で貰ったり、自分で集めたりしたロウソクをともして、
    ついでにロウソクで暖めるアロマウォーマーで、薫りも楽しみながら、幻想的な光の中で、ぼんやりのんびり過ごしました。
    ストイックなエコは、頑張り過ぎると結局続かないから、
    楽しみながら<続けられる>事が、良いんだと、TVでどなたかが仰っていました。
    私も、自分に出来る事から少しずつでも、長く、楽しみながら、
    地球に優しい暮らしをして行けたら良いなと思います。

  5. やすらぎ大沢

    自分なりのエコを話しながらのキャンドルナイトって、すてきですね。
    普段当たり前の使っている電気のありがたさを思い出すためにも、いい機会ですよね。
    来年も楽しみですね。

  6. やすらぎ大沢

    やってみると、けっこう楽しいですよね。
    ゆらゆらゆれるローソクの明かりって、
    いつまで見ていても飽きない。
    ロマンチックなキャンドルナイト。
    楽しいエコのいいイベントですね。

コメントをどうぞ