■やすらぎの里の朝礼

「グッド&ニュー」
やすらぎの里では毎日朝礼をしていますが、
その中で「グッド&ニュー」ということをやっています。
なにかというと、24時間以内にあったいいことや
新しいことを朝礼のときに発表するのです。
えっ!毎日ですか?
はい、毎日、全員やってます。
時間は短いですよ、なにせ毎日やってますから。
だいたい、一人1~3分くらいです。
毎日って、話すことなくなるんじゃないですか?
そうですね、あまり立派なことを話そうとするとそうなりますね。
どんな小さなことでもいいんです。
例えば、通勤途中に海がきれいに見えたとか。
子供がお茶碗洗うの手伝ってくれたとか。
茶柱が立ったとか。
そんな日常の中でのいいことや新しいことを毎日みんなで話すのです。
いったいそんなことやって、どんな効果があるのって。
毎日の生活ではいろんな出来事があります。
いいことや嫌なこと、不幸な出来事など・・・。
ニュースなんか見ても悲惨な事件が多いですよね。
だけど、いいことも少しはあるはずです。
毎日、いいことや新しいことなどポジティブなことを話すために、
ポジティブなネタを探すようになります。
それを続けていると、日頃からいいことや新しいことに目が行くようになり、
自然にポジティブな発想が出来るようになっちゃうんですね。
また、毎日続けていると、その人がどんな価値観をもって、
どんなことを大事にしているのかが自然にみんなに伝わるようになってきます。
みんなそれぞれの価値観が大切にされて、考えていることを
自由に話せる環境のある職場にしていきたい。
まだまだ、理想には遠いけれども、できるとこからやっています。
ちなみに、今日の私の「グッド&ニュー」は、
「ブログで書くネタがなくなったので、誕生日会のことを書きました。
書いてみたら、これけっこういい話題かもって思いました。
今夜は「グッド&ニュー」のことも書こうと思っています」という話でした。

コメントをどうぞ