代表から

やすらぎの里代表 大沢

私がやすらぎの里でみなさんに感じて欲しいこと、
それは「こころとからだのやすらぎ」です。

日本は物質的には、豊かな国です。

家に入りきらないほど、たくさんのもの。

冷蔵庫やコンビニにあふれかえる食べ物。

毎日、洪水のように押し寄せる情報の渦。

時代の変化が早くなり、
こころもからだも、24時間戦闘態勢。

私たちが求めてきた豊かさとは、
こういうことだったのでしょうか?

私は「豊かさ=幸せ=やすらぎ」だと考えます。

ゆったりした時間の中で、
自分のからだと向き合い、
自分を見つめ直す時間をもつ。

そして、忙しい毎日で忘れていた、
やすらぎを思い出してほしい。

そんな小さな幸せが、
本当の豊かさを取り戻してくれます。

大沢の著書


瞑想

「断食×リトリート」

ここ1~2年で、
断食をおこなう施設が増えてきたなと感じます。

僕がやすらぎの里を始めたのは、
今から20年前。

まだ、断食が一般的なものではなく、
断食やヨガをやっているというと、
宗教ですか?
と怪しい目で見られる時代でした。

それまで断食の施設は、
お寺でやっている断食道場や
病気治療のための療養所がほとんどでした。

僕が目指していたのは、
ただひたすら我慢するだけの断食ではなく、
自然食、ヨガやトリートメントを組み合わせた、
滞在型のリトリート。

その当時は、
海外にはいくつかありましたが、
日本にはほとんどありませんでした。

日常を離れて、
心と体をケアする滞在型のリトリート。

日本にもこの文化を広めたい、
そんな思いで30歳のときに
八ヶ岳の麓でかみさんと二人で始めた小さな施設でした。

ひとりひとりのゲストと向き合い、
少しずつ口コミで広がり、
今では、3つの施設を運営するようになりました。

施設は大きくなったけど、
想いは20年前とまったく変わっていません。

やすらぎの里は、
ただ断食だけおこなう施設ではありません。

もちろん、
ダイエットだけが目的でもありません。

忙しい日常を離れて、
静かな自然の中でゆっくり休み、
心と体のやすらぎを取り戻す。

そのための断食であり、
ヨガであり、この自然環境です。

僕が大切にしているのは、
それらをバランスよく組み合わせて、
自然に心と体がゆるみ、やすらぐ空気感。

何もしなくてもいい、
ただ、そこにいるだけでやすらいだ気持ちになれる。

そんなリトリートの場でありたいと、
ず~っと、思い続けています。

忙しすぎる日本に
「断食×リトリート」という休日を

もっと、大沢を知りたい方は
話せば長くなりますが


「断食の不安をすっきり解消!」

~断食に興味をもった方へ~

断食中のよくいただく質問や、
断食が向いている人、向かない人などの注意点、
施設の選び方のポイントなどをやすらぎの里・代表の大沢がわかりやすくレクチャーします。

断食がワカル:無料メール講座

ご登録いただきますと無料で、メール講座
「断食の不安をすっきり解消!」をお送りします。

4回のメール講座で、あなたの断食に関する不安が解消します。


お問い合わせ

【 お電話でのお問い合わせは 】

■ やすらぎの里 TEL 0557-55-2660( 受付時間9:00~19:00 )