する贅沢から、しない贅沢へ

やすらぎ通信

2019 2/19 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』花粉症と断食

花粉症と断食

『 やすらぎ通信 』 第722号 2019.2.19

~ やすらぎの断食先生
大沢が教える、心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲が広がり、
午後からは雨の予報。

日差しがないので、
少し寒く感じますが、
花粉症の人は、少し楽かな。

河津桜

駅前の河津桜が見頃になった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】「花粉症と断食」

【2】やすらぎのレシピ

「豆乳の味噌汁」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら


【1】花粉症と断食

天気予報でも花粉情報が、
発表される時期になりましたね。

そろそろ鼻や目がむずむずしてきた、
という方も多いようです。

そこで、今週は花粉症と断食についてのお話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「免疫細胞とアレルギー」

アレルギーの症状の多くは、粘膜か皮膚に出ます。
粘膜も皮膚も体と外界との接点。

人間の最大の粘膜であり、
皮膚が「腸」です。

その腸の中に免疫細胞の7割がある。

体を守る免疫細胞が過敏な状態になると、
反応しなくていいものにまで、
過剰に炎症反応を起こしてアレルギーが、
引き起こされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食で腸を休める」

断食で一定期間食べ物を入れないと、
腸内の刺激が減るので、
腸の炎症が治まり、粘膜の修復が進みます。

口内炎があるときに、
味の濃いものや辛いものを食べると、
傷に染みて、痛いですよね。

腸内は痛みは感じませんが、
それと同じことがおこっています。

花粉が本格的に飛び始めるこの時期に、
断食で腸を休めてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「味噌汁ファスティング」

腸の働きを高めるためには、
まず、腸内環境のリセットをします。

朝昼を抜く「半日のプチ断食」か、
夕食一食だけ抜く「夕食断食」

この時期にやるんだったら、
食事の代わりを味噌汁にする、
「味噌汁ファスティング」がおすすめ。

日本人って、食事は取れなくても、
味噌汁を飲んだだけで、
なんか食事したって気分になれるんだよね。

長くなったので、続きは来週。

来週は、自宅でおこなう
「味噌汁ファスティング」のやり方を紹介します。

■ 断食について


【2】やすらぎのレシピ

「豆乳の味噌汁」

いつものお味噌汁に豆乳が加わると、
コクのあるポタージュのように仕上がります。

豆乳の味噌汁

<材料> 4人分

里芋 4個(大き目の乱切りにしてぬめりを取っておく)、
かぶ 2個(くし切り)、白菜 2枚(そぎ切り)、
揚げ 1枚、(大き目の短冊切り)、細ネギ(小口切り) 
出汁 600cc、豆乳 200cc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、出汁に揚げと里芋を入れて煮る。

2、里芋に竹串がスーッと刺さったら、
カブを入れ8割煮て、両方取り出しておく。

3、白菜を入れ2分ほど煮て、
これも取り出しておく。

4、出汁に味噌を入れ、濃いめで味を付け、
豆乳を入れて沸騰させないように温める。

5、お椀に具を盛り汁をそそぎ、
細ねぎを散らす。

※味噌汁ファスティングのときは、
お野菜の具を入れないで作ってね~。

■ やすらぎの食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は2月8日から、
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月から深澤先生の後を継いで、
高原館の面談や講座を担当している、
叢(くさむら)です。

今回も赤面しながら皆さんの前に立ち、
緊張の連続でしたが、
本当にゲストの皆様にあたたかな空気を
作っていただき、感謝の週でした。

「気づきの場」をつくる。

それはゲストの皆さんが安心して、
ほっと安らげる場所をつくることなのかな、
と感じています。

叢さん -

「目的が同じ人たち」 30代 女性

心の余裕、ゆとりの大切さ、
母の大切さ、有難さ。

あと「がんばる」ことだけにとらわれて、
心がカサカサになっていることに、
改めて気づけました。

程よい距離感で周囲に、
同じ目的を持った人たちがいる
心地良さも久々に感じられる時間でした。

来る度に改善や新たな工夫がされていて、
いつも感動します。

今回も本当にありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やっぱり来て良かった」 60代 女性

やっぱり来て良かったと実感。
すべての方々が暖かくwelcomeです。

くさむら先生の誠実さと熱心さに感動しました。
また来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の余地が拡がった」 60代 女性

他の利用者さんとふれ合い、多種多様な
生き方を、あたりまえのことですが、感じて、
少し自分の余地が拡がったかな。
いろいろ何かとありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「またぜひ参加したい」 50代 女性

初めての断食でしたが思いもよらず、
頭痛、嘔吐をしてしまい、私にとって
ハードなものだったなと思いました。

でも体がきれいになるということは大事で、
その機会を得られて、
とても良い経験が出来ました。

またぜひリピーターとなって、
参加したいと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コンビニスイーツ」 50代 女性

コンビニでスイーツを買ってしまうのを
止めようと思いました。

歩くことが基本と分かりました。
つま先を上げて歩き方を、これだ!
と思いました。
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/blog/category/voice


【4】 編集後記

河津桜は早咲きの桜で有名ですが、
伊豆高原には「熱海桜」「土肥桜」「寒桜」など、
早咲きの桜があちこちに咲いています。

小さな黄色の花が可愛いミモザも咲き出して、
気分はすっかり春の伊豆高原です。

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/blog/category/diary

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 2/5 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』やすらぎの里の断食は

『 やすらぎ通信 』 第721号 2019.2.5

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲が広がり、
昨日の暖かさとは一転、
春から冬に逆戻りしたような気温です。

今日は新月、そして旧暦のお正月。

節分、立春、新月と続くこの時期に、
これまでの生活をリセットして、
新たなスタートにしようと、
やすらぎの里には沢山の人が来ています。

日の出

菜の花が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】やすらぎの里の断食は

【2】ハリー&バービーの
「感じる皮膚を育ててうるおうリトリート」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】やすらぎの里の断食は
━━━━━━━━━━━

今週も滞在しているゲストの方から、
「以外にお腹が空かいないんですね~」

「まったく空腹感を感じなんだけど、
私の体はどうなってしまったのでしょう」と
びっくりしたようにお話されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やすらぎの里の断食は」

やすらぎの里では、脳疲労を解消し、
心身をリフレッシュするために
「断食」をおこなっています。

普段、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうのは、
本当の空腹という体の欲求よりは、
手軽なストレスの解消やホッとするためです。

胃腸に負担をかけても、脳を休ませたいという、
無意識のバランスを取っているのです。

そのようなことも考えて、
やすらぎの里では、ただ食を抜くだけでなく、
脳疲労を解消するプログラムと合わせおこないます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝の瞑想から始まって、
気功体操で心地よく体を動かし、
新鮮な空気をたっぷり吸いこみ、
自然豊かな伊豆高原をのんびり散歩する。

フレッシュスムージーで、
ビタミンもしっかり補給し、
マッサージやカッピングでコリをほぐし、
温泉や岩盤浴で体を温めて、
血流も良くなれば、
いい睡眠がたっぷり取れます。

そんな生活を続けることで、
脳疲労が解消してくると、
普段感じていた空腹感は、
体ではなく、脳が欲しがっていただけだった、
ということが体感として分るでしょう。

感謝

完全な空腹になってから、
味わって食べることの感動。

体の内側からあふれ出すような、
「ありがたい」という感謝の気持ち。

「生かされている」という実感。

そんな体感を通した「気づき」が、
帰ってからの食生活も変えていきます。

やすらぎの里が伝えたい「断食」は、
滞在中だけの効果にとどまらず、
帰宅してからも生活習慣の改善が進み、
より健やかな心身へ導くものでありたいと考えています。

■ 断食について

━━━━━━━━━━━
【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━

ハリー&バービーの
「感じる皮膚を育てて・うるおうリトリート」

~性は生、生きること、病が教えてくれたもの~

● 2019年4月13日(土)1泊2日
● やすらぎの里・本館にて
※このリトリートは女性限定となります

講師 バービー(池田和見)
自己の子宮頸癌治療後の夫婦の性生活に悩み、
日本アマナ性共育協会のレッスンにより劇的に改善。

女性としての自信を取り戻した涙の物語を伝えたくて、
アマナ4期生として女性性について勉強中。
カポエラ歴13年(長く浅く。笑)

池田さん

私が経験し取り戻した、
性の自己肯定感のお話と女性器の存在意義等
大人の女性の新習慣。

女性の体で一番大事な下腹部「膣トレ」と
呼吸法を合わせたトレーニングで、
インナーマッスルを鍛え、お通じを良くし、
より感度のあがる自分史最高の体作りを始めましょう♪

感覚は鈍らせないと生きていけない現代社会に生きる
私たちが本来の感覚を取り戻すための、一泊二日。

とことん自分に集中して、体と向きあう、
性と向き合う時間をすごしてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ハリーこと小針佑太から~

バービーは子宮頸がんになって、
たくさん悩み学んでこられた方です。

借りものじゃない実体験、病気の経験と
そこから得た気づきには、
人を感化する力がありました。

なかなか表立って相談することのできない、
セクシュアリティの悩みを抱えている方は
多いのではないかと思います。

気さくな人柄でまったく気を遣いません。

僕もみなさんといっしょに学んでいきたいと思います。

■ ハリー&バービーのリトリート

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は1月16日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やめる前に会いに来たよ」
とみなさん来てくれて本当にうれしいです。

現在、深澤先生への引継ぎで、
イケメン2人そろっています。
遊びに来てくださいね~

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「トキメキながら生きていこう」30代女性

前回参加したときに、
広間にある小針先生の想いがつまった
“養生館への想い”を読みました。

想いがあふれてて読んでいるうちに、
泣いてしまいました。

私も死に往く人を恐れて、
手を握れなかったからだと思います。

絶対にまた来たい、
小針先生にまた会いたいと思って再訪問しました。
食のエネルギー、自然のエネルギーをもらいました!

普段は飲み込むように食べてたけど、
ひとつひとつの食材のおいしさを感じました。

トキメキながら生きていこう!!と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「元気づけられました」30代女性

「新たな健康観」に元気づけられました。

健康についての知識がたくさんあると、
つい考えが偏ってしまいがちですが、
あり方や心持ちが
とても大事だと改めて認識しました。

先生のお話、
とてもおもしろく説得力があり
元気づけられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当に来てよかった」50代女性

体も心もスッキリしました。
自宅だと日常に流されて、
ついゆるんでしまうので、
年1回位でまた楽しみに来たいです。

いろんな知らない人たちと
お話しできたのも楽しかったです。

マナカードもマッサージもすごくよかったです。

3連休とるの迷ったけど本当に来てよかった、
充実した4泊5日でした。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

一昨日の日曜日、
10時30頃に急に停電しました。

変電所のケーブルの故障らしいのですが、
なかなか復旧せず、
結局、4時間くらい停電のまま、
ゲストをお迎えすることに。

地下の面談室は暗いので、
思い切って、テラスで面談することに。

テラスで面談

晴天で風もなかったので、
「こんな面談もたまにはいいですね~」と、
ゲストの方と笑いながら話してました。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 1/29 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』腸内環境を整える

『 やすらぎ通信 』 第720号 2019.1.29

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は快晴!

食堂の窓の向こうに、
真っ青の空が広がっています。

快晴のテラス

今朝の散歩は「池の里山コース」
冬枯れの里山の景色と、
冷たい空気が気持ちいい朝でした。

サクサクと落ち葉を踏みしめる音、
川の流れる音、澄んだ空気。

自然の中を歩いていると、
「今ここ」の感覚に注意が向いて、
気持ちもスッキリしてきますね。

河津桜が咲き出した伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】腸内環境を整える

【2】料金改定のお知らせ

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】腸内環境を整える
━━━━━━━━━━━

2月が近づいてくると、
花粉症が気になる人も多いと思います。

アレルギーは症状が出る前に対策をして、
体調管理をしっかりしておけば、
症状が出ても軽くて済みます。

そこで、今回は、
花粉症などのアレルギー対策のために、
腸内環境を整えるテーマでお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「腸内環境とアレルギー」

花粉症などのアレルギーは、
免疫細胞が暴走することで起こります。

免疫細胞の7割は腸内に集中しているため、
腸内環境の悪化が免疫細胞を暴走させ、
アレルギーを発症させる大きな原因になります。

腸内環境と言えば、
乳酸菌などの善玉菌を多く含む、
ヨーグルトなどを多く摂るといいと言われてきました。

しかし、善玉菌が多ければいい、
という単純な話ではなく、
悪玉菌も一定の割合で生息しないと、
免疫の暴走を引き起こしやすいことが分かっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「腸内環境を整える食生活」

腸内環境を整えるためには、
ヨーグルトや発酵食品だけでなく、
いろんな種類の食物繊維を摂ることが大切です。

主食は、精白度が少ない穀物にしましょう。
例えば玄米や五分づき米、
白米に雑穀を混ぜたものでもいいです。

パンが好きな方は、全粒粉を使ったパン。

麺類だったら野菜や海藻が、
たっぷり入ったものがおすすめです。

副菜は、野菜や海藻類をたっぷり使った、
旬の野菜のお浸し、煮浸し、きんぴら、酢の物、和え物など。

主菜は、タンパク質が入った、お鍋や魚、肉、卵料理など。

デザートは、季節の果物か、
乳製品が好きな方はプレーンのヨーグルトでもいいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べ方も大切に」

食べるものと同じくらい大切なのが、
ゆっくり食べること。

よく噛まないで、急いで食べていると、
胃腸に負担がかかり、
腸内環境悪化の原因になります。

コンビニのおにぎりでも、
しっかりお腹を空かせてから、
ゆっくり噛んで食べれば胃腸に優しい食事になります。

理想の食事が難しい方は、
食べ方だけでも気をつけるようにしましょう。

■ 体で覚える食養生

━━━━━━━━━━━
【2】料金改定のお知らせ
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
みなさまがご利用しやすいよう、
23年前のオープン当初より、
滞在費を同じ金額で維持してきました。

しかし、昨今の諸経費の高騰により、
現在の価格を維持することは難しくなってきました。

つきましては7月20日より、
やすらぎの里・本館の滞在費を
下記の通り料金を改定させていただきます。

大沢

●一週間プラン
      
・相部屋1  75,600円(税込81,650円)
・相部屋2  81,900円(税込88,450円) 
・個室C   117,600円(税込127,000円) 
・個室B   105,000円(税込113,400円)
・個室A   147,000円(税込158,760円)

●土曜一泊プラン

・相部屋  14,700円(税込15,870円)
・2人部屋 15,750円(税込17,010円)
・個室C  21,000円(税込22,680円)
・個室B  18,900円(税込20,410円)
・個室A  25,900円(税込み27,970円)

さらにみなさまにご納得いただける
サービスを提供していきますので、
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ、予約の受付は始まっていませんが、
高原館も7月19日より5%程度、
料金を改定させていただく予定です。

7月20日前後の予約で考えている方は、
それ以前でしたら、これまで通りの料金ですので、
ご予定を立てる際の参考にしていただければと思います。

■ お部屋のタイプと料金

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は1月9日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

残り少ない日々をかみしめています。

「やめる前に会いに来たよ」と
みんなが来てくれています。

愛されていたんだな…としみじみ

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「感謝です」50代女性

いつも思うのですが、
とても清潔で素足で歩いて気持ち良いです。

書籍が充実していて、
読みたい本がいっぱいあります。

お部屋も落ちつけてgood!
田中先生のマッサージがとてもよかったです。

小針先生のお話から、
これからの生活のヒントをたくさんいただき、
感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やればできる」50代女性

朝のトレイルウォークは正直、
日ごろの運動不足の身体には厳しかったですが、
みなさんに後れを取りながらも
なんとかやりきれたことはとても大きかったです。

普段だったら、自らやらない経験をさせて頂き、
「やればできる」との身体を通した実感でした。

歩くことの大切さも身に染みましたが、
あの険しいトレイルのコースは、
いろいろな意味で勉強になりました。

小針先生の養生講座も
奥が深く貴重な学びでした。

今回ご縁あって出会えた方々にも、
いろいろな話を聞く機会がもらえてうれしかった。

養生館の内容は、
現在の私の心境と現状に、
タイムリーなシンパシーを感じました。
感謝しています。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

先週はやすらぎの里が、
一週間の冬休みだったので、
ゆっくり休みました~。

もう何年も両親と旅行に行っていないので、
東京で落ち合って、子供たちも呼んで、
親子3代で、楽しい時間が過ごせました。

最初は京都や伊勢神宮への旅行を考えていたのですが、
どこへ行くより、孫の顔を見るのが楽しみらしく、
その願いを叶えてあげられました。

僕も早寝遅起きで、
睡眠をたっぷりとって、
しっかり充電できました。

さあ、また一年間、
淡々と歩み続けるぞ~。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 1/15 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』養生館への想い

『 やすらぎ通信 』 第719号 2019.1.15

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲の間から薄日が差し、
それほど寒くはありません。

今朝の散歩は「橋立吊り橋コース」
川沿いの道を下って、海沿いのトレイルに入る。

松の落ち葉の匂い、足で踏む感触、
波の音が五感を刺激する。

「今、ここ」を全身で感じる、
歩く瞑想でした。

橋立吊り橋

濃いピンクの土肥桜が満開の伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】養生館への想い

【2】やすらぎのレシピ
「蓮根のすり流しお味噌汁」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】養生館への想い
━━━━━━━━━━━

5年以上前に、養生館の小針と、
断食や運動するだけでない、
道を求める場、本来の意味での「道場」を作りたいね~。
と話していました。

僕は広げるエネルギー、
小針は深めるエネルギーを持っています。

小針の持つ深めるエネルギーは、
やすらぎの里を深化させ、
新たな可能性を開いてくれる。
そう確信していました。

その期待通り、いや期待以上に、
小針は養生館で新たなチャレンジをしてくれました。

そして、その想いは、
しっかりと深澤に引き継がれていきます。

3月12日から養生館を引き継ぐ、
「やすらぎ王子・深澤」の想いを紹介します。 

深澤・合気道

~深澤のFacebookの投稿より~

養生館に行くことが段々と増えてきました。

朝からみんなと共に自然の中を駆け回り、
瞑想を繰り返し、
小針先生と対話していく日々。

その中で養生館のテーマが、
少しずつ見えてきました。

どんな状態でも、
変わらずに在り続ける心のやすらぎ。
そこに気づくていくこと。

・・・・・・・・・・・・・・・

すでにあるけれど、
ノイズや自分の物差しでわからなくなっている。

なので、食をまず整える。
体は静寂を取り戻してくる。
そして瞑想で、体を感じ、思考を断つ。

瞑想と断食によって、本当の奥底、
そばにずっとある平安、
やすらぎに気づいていく。

・・・・・・・・・・・・・・・

体は常に今に在る。

重い体を引きずるようにして、
体なんてなければいいのに、
そう思っても体が在り続ける意味があるとすれば、
ふらふらと浮いてしまう思考の渦から、
体の感覚がいつも今ここしかないと、
現実に引き戻してくれ、
そこにやすらぎがあることを教えてくれる。

生きている限り、
病気も悩みも恐れも喜びも、
寄せては返して終わることがない。

怯えて生きる気力をなくしてしまったり、
諦めてしまいそうな人たちの心に寄り添いたい。

今ここにある体が、
やすらぎを教えてくれる、
気づかせてくれる。

・・・・・・・・・・・・・・・

養生館では、
病気のない健康を目指すというよりも、
病気であっても、
悩みで自分が見えなくなってしまっても、
変わらずにあり続ける心の安心、
やすらぎを自分の中に見出していく。

静と動を自由に行き来しながら、
ただただ在り続ける日々を過ごす。

・・・・・・・・・・・・・・・

失敗や繰り返し訪れる心の荒波を、
戦いのエネルギーに変えて進むことが苦手な僕は、
感情の荒波の中でしっかりと在り、
内なるやすらぎと常に接しながら、
人間らしく大いに感動し落胆し、
時には悩み喜びながらも、
心安らかにたのしく生きていく。

そんなテーマで、養生館の日々を
大事にしていきたいと思っています。

■ 養生館について

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「蓮根のすり流しお味噌汁」  
  
生姜が効いて、ほっこり温まるお味噌汁。
風邪気味の時にも、おすすめです。

蓮根のすり流し

<材料> 4人分

蓮根 160g、1番出汁 640cc、
白味噌 20g、生姜 1g

・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、蓮根の皮を剥き、酢水につける。

2、蓮根を乱切りにし、1番出汁と一緒に、
スープ状になるまでミキサーにかける。

3、鍋に入れて温まったら白味噌で味付けして、
仕上げに擦り下ろした生姜を混ぜる。

※白味噌以外に、ご自宅にあるお味噌で、
アレンジ出来ますのでお好みで作ってみてください。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は12月28日から、
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・

みんなで新年を迎えた週でした。

ほとんどの方がリピーターだったので、大賑わい。
初日の出、餅つきなど、
お正月の行事も楽しみました~♪

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・

「一瞬を大切に」 20代 女性

自分の体を大事にできるのは、
自分だけということ。

毎日の生活に追われて、
「食」をおろそかにしていたことに気付きました。

不安になりすぎることや将来のことで、
気になることがあっても
「今ここ」に集中して生活できると、
毎日が楽しいのではないかなと思いました。

様々な人が断食をしに来ていて、
いろいろなお話を聞けて嬉しかったです。

当たり前を当たり前と思わずに、
一瞬を大切にしていきます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・

「なるべく自然のあり方に」 50代 男性

日頃、無理をしていることが多く、
その無理による故障を別の無理で補っている
ことが分かりました。

なるべく自然本来のあり方になるよう、
体と心をもっていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

「時間を持て余す位の過ごし方」 50代 女性

時には慌ただしく騒々しい生活を離れ、
何をしたらよいのかと時間を持て余す位の
過ごし方が体には必要かと改めて感じました。

年末に掃除もせず料理もせず、
いいのだろうかと思いもしましたが、
お陰様で心身共に元気になり2019年を
迎えられたことに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

養生館を「ハリー」から引き継ぐ「王子」が、
ついに本領を発揮しました。

やっぱり、小針の後を継げるのは、
深澤で間違いなかったな~。

まるで陰陽の太極図のようなふたりが、
養生館をさらに進化させてくれています。

大沢

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 1/9 (水曜日)

『 やすらぎ通信 』心地よい場を整える

『 やすらぎ通信 』 第718号 2019.1.9

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲の間から日が差し、
それほど寒くはありません。

お正月の混雑も解消して、
伊豆高原はいつもの静けさが戻ってきました。

早咲きの土肥桜が咲きだした伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。

土肥桜

【目次】━━━━━

【1】心地よい場を整える

【2】養生館の新プラン

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】心地よい場を整える
━━━━━━━━━━━

年末年始のやすらぎの里は、
一年で一番混み合う期間。

毎年この時期に必ず来る、
リピーターの方がたくさんいます。

年末年始という特別な時期を
何年も一緒に過ごしている、
リピーターの方がたくさんいます。

もう家族のような仲間です。

神祇大社の晦日詣に行き、
甘酒を飲みながら初日の出を拝み
聚光院でお経を唱え襖絵を見て、
日の出ツアーできれいな日の出を拝み、
トレイルウォークで森を駆け抜け、
玄米のお餅をついて、年越しそばを食べ、
おせちやコース料理も堪能した、
盛りだくさんの本当に楽しい週でした。

晦日詣絵画風

みんなと一緒に楽しんで、
みんなから支えられていることを
再確認した週でした。

僕がみんなに何かを教えるのではなく、
みんな自分で心と体を整えることができる。

僕はみんなが安心できる、
心地よい場を整えることに、
徹していればいいんだ。

そう心から思えたお正月でした。

リピーターのみんなに感謝!
(^人^)

■ 大沢のメッセージ

━━━━━━━━━━━
【2】養生館の新プラン
━━━━━━━━━━━

2019年2月からのご予約より、
養生館のプランは下記のコースになります。

〇4泊プラン・断食コース(2日断食、2日回復食)
〇4泊プラン・養生食コース(一汁一菜のシンプルな養生食)
〇体験プラン(2泊で養生館を体験する、半断食の食事)

養生館でもしっかり断食したい。
養生館でも食事のコースがあれば・・・。

そんなゲストの声に答えて、
断食と養生食のコースを設定しました。

養生館看板

食事以外のプログラムは、
これまでと同じですので、
養生館のリピーターの方も、
新しい養生館のコースを楽しみにしてください。

詳しい内容は養生館のホームページに、
アップしているので、そちらをご覧ください。  

■ 養生館のホームページ

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は12月30日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

積極的な方が多く、僕も乗せられて、
みんなと一緒に楽しみました。

いい話をしようなんて考えず、
自分が好きなことを
みんなと一緒に楽しむのが、
一番伝わるんだというのを実感。

「今ここを楽しむ」リトリートです。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お正月に至福の時間」50代 女性

今年で3年目、
お正月に至福の時間を過ごせるので、
これはやめられません。

今回は初めて養生食をいただきました。
毎日のお食事がすばらしく、本当に楽しみでした。
丁寧なお料理に感動しました。

こんなお正月を過ごせて、
自由をゆるしてくれている家族にも感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「最初の3日間はいつも後悔」40代 女性

年末年始、みんなが一番おいしいものを
食べているだろう時期に、
断食という選択をして、
最初の3日間はいつも後悔するのですが(笑)
やっぱり、やり切ってみて、
体はとても軽いし、胃も腸も空っぽになって、
いつもある胃の重さやお腹の張りから解放され、
スッキリする感覚は、
ここでしか味わえないなって思います。

日常の中では誘惑するものがあり過ぎて続かないし、
仕事や家事をしながらではとても無理で・・・。
この環境って本当にすごいと思います。

一緒にがんばる仲間と、
食べなくても「ある」がいっぱいある。
毎回毎回、来るたびに、
どんどん自分が元気になっているような気がします。

スタッフのみなさん、
一緒に過ごしたゲストのみなさんに感謝です。
また来年も来たいです~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脳のもやもやが晴れる」50代 女性

年末年始に、疲れた胃腸と頭を
ゆっくりといたわり、休めるために来ました。

脳のもやもやとした重さや疲れが、
霧が晴れるように、すっと軽くなる感じが好きで、
毎回自分へのご褒美のような気持ちです。

テラス越しの海の眺めにリラックス、
食事も大満足です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「癒しと気づき学び」30代 女性

今まで点だった知識や感覚が、
ひとつにつながる気づきがありました。

やすらぎの里は何回来ても癒しと気づき、
学びを与えてくれる場所なんだなと思います。

充実した一週間を過ごさせていただきました。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分に集中できた一週間」50代 女性

体感覚をリセットして研ぎ澄ませ、
自分と向き合うことのできる唯一の施設です。

自分の体をよくすることだけに、
集中できた贅沢な一週間でした。

来年もまた来させて頂きたいです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ココロとカラダに向き合う」40代 女性

一年に一度、
ココロとカラダに向き合う、
大切な時間です。

断食というとストイックに思われるけれど、
こちらのプログラムは、
続けて来たくなる工夫がいっぱいで、
3回目でも、まったく飽きませんでした。

一週間、本当にありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里の一年の中での、
一大イベント「年末年始特別プラン」が終わり、
ほっとひと息ついているところです。

今年の年末年始は、
晴れが続き、風もなく暖かくて、
とっても穏やかなお正月でした。

いろんなイベントを終えて、
家に帰ってかみさんと、
とっておきの日本酒が、
美味しかった~。

スタッフのみんなも、
年末年始もフル回転でよくやってくれました。

もうひとがんばりすれば、
1月20日から一週間の冬休み。

今から年に一度の休暇が楽しみです。
(^m^ )

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 30,240円

  • 基本プラン

    3泊4日 45,360円

料金には、消費税(8%)、入湯税、宿泊、食事、面談、 検査、施術、岩盤浴、ヨガ、講座が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る