する贅沢から、しない贅沢へ

2006 7/23 (日曜日)

やすらぎの味

先日、大沢先生の奥さんが高原館の見学に来ました。

やすらぎの里の女将の奥さんは
やすらぎの味の産みの親です。

そんな奥さんが高原館の味をチェックしてくれました。

料理のスタッフは少し緊張した面持ちで確かめてもらっています。

「ちょっと塩を入れた方がいいね」

「これはいい味がでてるよ」

みんな、一喜一憂しています。

そして、奥さんが一言。

「調味料はあくまで脇役だから素材の味を最大限に出すように
 野菜と相談しながら入れてあげてね」

「でも、一番大事なのはゲストの喜ぶ顔を思い浮かべながら作ること。
 やすらぎの味はゲストと一緒に作っているのだから」

ん~なるほど。
これがやすらぎの料理がいつも良い評価を頂いている理由なんですね。

改めてやすらぎの料理の素晴らしさに気づきました。

私の担当している治療も一緒です。

ゲストの気持ちになって少しでも良い状態になってもらえるよう
気持ちを入れて治療に当たることが必要なんですね。

また一つ勉強になりました。


NEC_0408.JPG

二階に移動したニュー治療室です。
マッサージ、鍼、アロマなど、
ここで皆さんの体を治療します。

TWITTER

“やすらぎの味” へのコメントが 2 件あります。

  1. 158号

    皆さんの優しい気持ちが伝わってきます。
    今から楽しみ!!(><)♪
    よろしくお願いします~

  2. 高原の住人

    158号さんへ
    いよいよ来週からですね。
    こちらこそよろしくお願いします。

158号 への返信 返信をキャンセル

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 30,240円

  • 基本プラン

    3泊4日 45,360円

料金には、消費税(8%)、入湯税、宿泊、食事、面談、 検査、施術、岩盤浴、ヨガ、講座が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る