する贅沢から、しない贅沢へ

2007 12/2 (日曜日)

料理ネタ その1 スパイスとしての砂糖

久しぶりのお料理話です。

ここやすらぎでは、お客様の食事の料理に
砂糖を使っていません。
日本酒とみりんを使用しています。
使わなくても美味しかったら、嬉しいですよね。

ちなみに、マロングラッセって、お砂糖の塊のようですが、
洋食も最近までは全く砂糖を使わなかったのです!
(ガロンチュール・レギュ-ムという只1つの料理を除いては。)

ガロン・・?聞きなれませんね。
ガロンチュール・レギュームとは、お料理のつけあわせのこと。
たとえば、ハンバーグ等の横に付いている甘い人参など
を指します。
だから、フランス料理のデザートは甘く作られているのです。
お料理のフィナーレに、こってりと甘いデザートを頂くことで
おなかもこころも満ち足りる・・
お砂糖による、至福の時の演出なのです。

日本では、砂糖がまだ高くて貴重だった頃には
トマトなどにかけて食しておりました。
今でも、中国の内陸部のレストランでは
砂糖がけトマトにお目にかかることがあります。

スパゲッティなどを作る際、味がのらないと感じた時には
ほんの一つまみの砂糖を加えると良いですよ。
それでもまだもう少し・・という方は
チーズを削って入れてみて下さい。
ハンバーグなどのソースには、最後にバターを加えると
一味違った仕上がりになります。

そう、私は藤田です。

TWITTER

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 30,240円

  • 基本プラン

    3泊4日 45,360円

料金には、消費税(8%)、入湯税、宿泊、食事、面談、 検査、施術、岩盤浴、ヨガ、講座が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る