『 やすらぎ通信 』体に優しいお酒の飲み方

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』  第461号 週刊 2013.8.16

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、朝から快晴。
今日もお日さまが元気に照りつけています。

気温は高いですが、
日が落ちるのが早くなったり、
夕暮れ時にはヒグラシの声が聞こえたり、
夜には虫の声が響いて、
夏のピークは過ぎたんだなって感じがします。

人生の中で、今しかない、
この夏の今日という一日。

充分に味わって過ごしたいですね。

お盆休みで賑わっている伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】体に優しいお酒の飲み方

【2】やすらぎのレシピ
「グリーン・スムージー」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】体に優しいお酒の飲み方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お盆休みで、帰省したり、いろんなところに出かけて、
お酒を飲む機会も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
体に優しいお酒の飲み方を取り上げてみます。

———————————————-

1、一気にたくさん飲まない

お酒を飲むときに一番気をつけたいのが、
飲み始めに、一気にたくさん飲まないことです。

特にこの時期は喉が渇いているので、
最初に一気にたくさん飲んでしまいがちです。

お酒を飲んで酔いが回るのは、飲み始めて30分から。

そこまでの間にたくさん飲んでしまうと、
気がついたときには、もうけっこう酔っていて、
飲む量も食べる量も歯止めが利かなくなって・・・。

一気飲みは若者に任せて、
大人はちびちび飲み始めましょう。

———————————————-

2、水分をしっかり摂る

暑い時期は喉が渇いているので、
お酒で喉の渇きを癒そうとすると、
どうしても量が多くなりがちです。

できれば、夕方くらいから、
お茶かお水などの水分を意識的に摂るようにすると、
お酒を一気にたくさん飲むこともなくなります。

また、肝臓でアルコールを分解するためにも、
水分をしっかり摂ることが大事です。

水分を摂る目安としては、
お酒を飲む前に500mlのペットボトルで1本。
飲んでいる途中で、お水をグラスで2杯飲んで、
自宅に帰ったら、グラスで2杯くらい飲むようにするといいです。

———————————————-

3、つまみはたんぱく質と野菜に

お酒は糖質になるので、おつまみは糖質の多いものは避けて、
たんぱく質とお野菜を中心に食べましょう。

具体的には、お刺身、サラダ、
枝豆、冷奴、焼き魚、焼き鳥など。

大き目のサラダに、シンプルに料理した、
お魚やお肉がつけば理想的ですね。

NGなのは、フライドポテト、ピザ、
たこ焼き、焼きそば、デザートなど。

お酒でも糖質を摂り、おつまみでも摂ってしまうと、
血糖値が上がりすぎて、
脂肪がどんどん溜め込まれることになります。

———————————————-

4、糖質の少ないお酒を選ぶ

お酒で一番糖質が多いのは日本酒です。
糖尿病の方はもちろん、
メタボの人も日本酒は、
美味しいものを1杯だけにしましょう。

その次がビール。
ビールも1~2杯までにしたいですね。

一番糖質が少ないのが焼酎。

ただ、焼酎は度数が高いので、
ロックではなく水かお茶で割るようにしましょう。

蒸留酒は糖質が少ないので、
ウイスキーやジン、ウオッカでもいいです。

———————————————-

5、冷たいお酒を飲み過ぎない

お酒の害は、アルコールだけではなく、
冷たいお酒をたくさん飲んだ場合は、内臓を冷やすことにもなります。

ビールは、グラスまでキンキンに冷やさないように。
焼酎なら、氷は少なめにしましょう。

特に冷え性の方やむくみやすい方は、
冷えの影響を受けやすいので、気をつけたいですね。

———————————————-

暑い時期なので、
冷たいビールを飲むのが楽しみという方も多いと思います。

正直、僕もお酒が好きなので、
たまにはビールもワインも飲みます。

好きだからこそ、いつまでも美味しく飲んでいたいから、
体に優しい飲み方をしたいですね。

■ 食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そろそろ夏の疲れも出てくる頃。

体にこもった熱を下げるために、
グリーン・スムージーがおすすめです。

以前もレシピを紹介しましたが、
教えて欲しいという声が多いので、
今回は、我が家で飲んでいる、
グリーン・スムージーのレシピを紹介しますね。

———————————————-

「小松菜のスムージー」 

小松菜 100g、バナナ1本、リンゴ1個、水300cc
素材をミキサーに入れたら、
2分程、滑らかになるまで混ぜ合わせます。

この分量で約4人分、
たっぷりの量で2人分。

一日かけてたっぷり飲んだら、
1人分の量になります。

作ったら、ふた付きの容器に入れて、
冷蔵庫に入れておけば、
一日分なら作り置きも大丈夫です。

●野菜と果物で体を浄化「デトックスコース」
http://www.y-sato.com/course.html#detox

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

初めての断食。
周囲の環境や優しいスタッフの方々や、
仲間のおかげで、思っていたより、
楽しく過ごすことができました。

HPで見た通りのリラックスできる施設で、
思い切って来てよかった思います。
ありがとうございました!

30代 女性

———————————————–

この一週間で、
子供の頃の体内時計に戻った感じがしました。
私は普通食を選びましたが、
正しい食事や栄養のバランスがよく分かりました。

家に帰った後もこの生活を続けられるように、
がんばります!

10代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、お盆恒例の八幡野港で花火大会がありました。

やすらぎの里の屋上の露天風呂からばっちり見えるので、
毎年、露天風呂を特設会場にして、
みんなで花火見物をします。

今年はすっきり晴れて、適度の風があったので、
絶好の花火日和。

アベノミクスの効果か、いつもの年より、
すこし豪勢な感じで、とってもきれいでした。

きれいに晴れていたので、
花火の途中で、星空観察もしていたら、
流れ星も見えて、みんな大喜び!

みんなで、いいお盆期間を過ごしています。
d(⌒ー⌒)

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ