『 やすらぎ通信 』 炭水化物について

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』  第463号 週刊 2013.8.30

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、南からの湿った風が吹いて、
また、夏に戻った感じです。

台風が近づいてきていますね。

こんなときに調子が悪くなるのは、
血液やリンパの循環の悪い人。

体を動かすか、お風呂に入って汗をかくと、
循環が改善して、ちょっとすっきりできますよ。

稲穂が色づいてきた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】炭水化物について

【2】おすすめの本
「仕事がツライと思ったら読む本」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】炭水化物について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人間の主食は、お米や小麦、
とうもろこし、ジャガイモやタロイモなど、
炭水化物のものがほとんどです。

さらに人間の唾液にはアミラーゼという、
でんぷんを消化する消化酵素が多い。

これは、人間にとって、
でんぷんがとても大事な
エネルギー源だということが分かります。

さらに、炭水化物は多くの人が美味しいと感じます。
白米をお腹一杯食べる満足感。
麺類で満腹になる幸せな感じ。

僕も糖質を抑える食事をしてから、
炭水化物のものをたくさん食べたときの感覚に、
敏感になりました。

そんなにも美味しく感じるのに、
なんで炭水化物がよくないのか?

———————————————-

炭水化物は人間の体が効率よくエネルギーにできるように、
上手に適応してきた食べ物の筆頭です。

食べたものが速やかに消化吸収されて、
効率よくエネルギーになる。

余った分は、脂肪として蓄えられ、
食べられないときのエネルギーになる。

食べられない時代には、
生きていくうえでとても大切だったこの働きが、
食べ物があふれる時代になって、
血糖値をかく乱させ、
脂肪を増やし過ぎるという問題を作り上げています。

炭水化物が悪いのではなく、
動くエネルギー源である炭水化物を
ほとんど動かない人が、
無制限に食べているのが問題です。

———————————————-

やすらぎの里の普通食のご飯の量は、
朝食が100g、夕食が70g。

普通の食事から比べたら、
お野菜やたんぱく質のおかずはしっかりついていますが、
ご飯はちょっと少なめ。

これくらいが、あまり動かない現代人に、
ちょうどいいご飯の量です。

ただ、食事全体の量が少なくなるとお腹が空くので、
おかずはしっかりついているので、
ボリュームは結構あります。

この食事を「低糖質バランス食」と呼んでいて、
現代人にとって理想のバランスの食事です。

健康的な食事を食べて覚えたいという方、
今度は、食養生コースで滞在してみませんか。

■ 体で覚える食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「仕事がツライと思ったら読む本」
心屋 仁之助著 WAVE出版

夏のお盆休みも終わって、
仕事も通常モードにしなきゃいけないのに、
夏の疲れからか、仕事がつらい。

日頃から仕事がつらいと思っている人は、
長い休み明けのこの時期は、
夏の疲れと合わさって、
特に、つらく感じる時期です。

しかし、つらいというのは、
どこかで自分が無理をしている表れ。

そのつらい感覚を手がかりに、
自分を見つめなおすことができれば、
つらいと思っていた仕事が、
自分の幸せを見つける大事な手がかりになるかも。

そんな気づきを与えてくれる本です。

———————————————-

そんな本を読む気力もなくなったときは、
一旦充電が必要かな。

高原館で、週末で気軽にリセットしてみませんか。

■ 高原館の週末プラン
http://www.y-sato.com/kougenkan/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

来た時は体がガチガチ、
心も疲れてトゲトゲしていましたが、
やすらぎの里で過ごしているうちに、
穏やかな気分になっている自分に気がつきました。

きめ細かな配慮をしてくださったスタッフのみなさま、
ありがとうございました。

毎日少しずつ、運動を続けて、
ガチガチにならないようにしていきたいです。

30代 女性

———————————————–

3年ぶりに訪れました。
毎回、新たな気づきがあります。

自分の体の声に耳を傾けて、
じっくり向き合う一週間でした。

先生、スタッフのみなさん、
居心地のよい環境を整えて下さり、
ありがとうございます。

やはり、ここが大好きだと、
改めて思いました。
また、来ます!

40代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、すぐ近くの八幡野海岸に、
サクッと行って来ました。

シュノーケルと足ひれを持って、
軽トラで出発。

15分くらい、波にゆられて、
魚と一緒に戯れてきました。

昨日は、コウイカの群れが、
太陽の光で輝いてきれいだったな~。

そろそろ台風の時期なので、
海に入れる日は、もう何日もない。

僕にとっては、海に行くのが、
何よりのリフレッシュです。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ