『 やすらぎ通信 』 断食とは

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第472号 週刊 2013.11.1

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は薄い雲がありますが、
青空も見えて、気持ちのいい天気です。

ソラもテラスで、
気持ちよさそうに寝そべってます。

今日は、犬の日だそうです。
11月1日なので、
「ワン、ワン、ワン」で、犬の日。

今夜はソラが大好きな骨ガムで、
たっぷり遊んであげようかな。

山茶花の白い花が咲き出した伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】断食とは

【2】元気が湧いてくる言葉

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/price.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】断食とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、コンサルティング会社が、
プチ断食を体験する合宿がありました。

やすらぎの里でプチ断食を体験しながら、
断食の話を聞いたり、体操をして、
宿泊型のファスティング事業について、
リサーチしようという企画です。

そのときの講座で、
断食のことについて話したのですが、
そのときのお話を何回かに分けて紹介しますね。

———————————————-

まずは、断食とは何かというテーマから。

断食とは、文字通り食を断つことですが、
なぜ食を断つのかということ。

昔から、一定期間食を断つことは、
宗教的な行為としておこなわれています。

代表的なのが、イスラム教のラマダン。

イスラム暦のラマダン月に、
夜明けから日没まで、
断食が義務付けられています。

また、ユダヤ教では贖罪のために、
祈りと断食をします。
( ̄m ̄)

日本では神道の禊(みそぎ)の修行のために、
断食がおこなわれることもあります。

———————————————-

実は、僕が最初に勤めた会社は、
社長が日蓮宗の敬虔な信者で、
社員は定期的に御殿場にある仏舎利塔に行って、
寒修行をしながら断食をしなければいけませんでした。

みんな嫌がって行きたがらなかったのですが、
僕は何でもやってみたい方なので、
自ら進んで参加してました。

まあ、断食と言っても日中だけで、
夜はみんな抜け出して、
飲みに行ったりしてましたけどね。
(^^;)

———————————————-

なぜ、いろんな宗教で断食がおこなわれるのか。

宗教学者の先生達は難しいことを言いますが、
僕は、生かされているというのを
体感するためだと思います。

自分の力だけで生きているのではなく、
大きな力に生かされている。

自分はひとりではなく、
その大きな力とつながっている。
守られている。

そんなことを体全体で感じるためだと思うのです。

この大きな力のことを宗教だったら「神」といい、
ヨガなら「プラーナ」、
気功なら「気」と呼びます。

僕が一番しっくり来るのは、
「命の働き」って言い方かな。
 
その命の働きを頭で、
知識として知るのではなく、
体で、実体験として分かるのが断食です。

■ やすらぎの里の断食
http://www.y-sato.com/message.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】元気が湧いてくる言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、Facebookで見つけた言葉。

とっても共感したので、
みなさんにもシェアーしますね。

———————————————-

笑えるのは、楽しんでる証拠。

怒るのは、真剣だった証拠。

喧嘩するのは、一緒だった証拠。

つまずくのは、進んでいる証拠。

裏切られるのは、信じていた証拠。

失恋は愛していた証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。

「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もう止めようかな」は、
まだ希望を捨てずにいた証拠。

「素直になれない」は、
それだけ愛している証拠。

もう良いは、
全然よくない証拠。

大丈夫は、
全然大丈夫じゃない証拠。

いつもヘラヘラしてる人は、
過去に何かあった人

よく笑う人は、
よく泣いた人

よく大丈夫と言う人は、
よく無理をする人

よく強がる人は、
よく我慢する人

幸せな人は、
幸せを知っているから
優しくなれる。

強くなれる。

努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る。

泣きたかったら泣けばいい

辛かったら頼ればいい

我慢できなくなったら我慢しなくていい
笑うのが疲れたら無理しなくていい

「明日笑えるかな」って思うより
「明日少し笑ってみよう」
って思う方が辛くない。

立ち止まることは、
悪いことなんかじゃない。

辛いとき。
苦しいとき。

少し休憩して
またもう一度歩きだせばいい。

Facebookの「元気が湧いてくる」からの引用

■ やすらぎの里のついて
http://www.y-sato.com/about.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

———————————————-

緩やかに流れる時間の中で、
色々なことを経験させていただきました。

先生をはじめスタッフのみなさんの笑顔に癒され、
充実したプログラムもすべて楽しめました。

心身ともにすっかりデトックスされ、
心から感謝です。

次回は、主人も連れて参加したいと思います。
ありがとうございました!

30代 女性

———————————————–

やすらぎの里に来ることは、
私の長年の夢でした。

長い間に理想が膨らみ過ぎて、
実際に来てみたらきたいはずれ?
なんて心配もありましたが、
そんな心配は無用でした。

予想を上回る内容に感激!

異国での生活が26年目になり、
食生活も欧米式になりがちですが、
日本の食べ物の素晴らしさを改めて実感。

先生やスタッフのみなさん、
ご一緒させていただいたみなさんも、
素敵な方で、とても快適な一週間でした。

また必ず戻ってきます。
ありがとうございました。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨日は、熱海のハーブ&ローズガーデンに、
行って来ました。

秋バラとハーブが咲く園内は、
結構賑わってたな。

海の見えるレストランで食事して、
温泉に入ってほっこり。

帰りの車では、かみさん爆睡・・・。

かみさんはどこでも寝れて、
小さな幸せを見つける達人。

人生の師匠は、
以外に身近にいるものです。

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンは、やすらぎの里のホームページから、
メールマガジンにご登録いただいた方、
無料メール講座にご登録いただいた方へお送りしています。

登録を解除したい場合は、
お手数ですが、下記のページにて登録の解除をお願いします。

■ メルマガの登録と解除
http://www.y-sato.com/mailmaga.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ