『 やすらぎ通信 』 リトリート

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第532 週刊 2015.1.27

 ~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは、やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲の間から、
日が差す、静かな朝です。

このところの暖かな陽気で、
早咲きの桜が咲き出してきました。

そういえば、来週はもう節分ですね。
寒さのピークを過ぎて、
少しずつ春に向かう季節。

心なしか小鳥の鳴き声も、
少し華やかになってきた感じがします。

水仙の花が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】リトリート

【2】おすすめの本
「夢をかなえるゾウ3・ブラックガネーシャの教え」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】リトリート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末、やすらぎの里では、
「子宝リトリート」がおこなわれます。

漢方の薬剤師で不妊カウンセラーをしている、
堀江さんとのコラボ企画です。

もともとゲストとして来た堀江さんと、
一緒に何かできたらいいねということから、
パタパタと決まった今回のリトリート。

——————————————-

今回はやすらぎの里を貸し切りで、
企画はすべて堀江さんにお任せしています。

こうやって、他の方にやすらぎの里を使ってもらうと、
自分の施設を新たな目で見ることができて、
気づくことが、たくさんあります。

もし自分がやすらぎの里を借りて、
何か企画をすることになったら、
どんなプログラムにするだろうかなんて、
考えてたら、楽しくなってきました。

——————————————-

ところで、「リトリート」って、
そもそもなんなの?という方もときどきいるので、
今回は、リトリートについて取り上げてみます。

この頃「リトリート」という言葉も、
よく使われるようになりましたね。

もともとは、キリスト教の修養会などで、
日常から離れて、静かな環境の中で、
神に祈りを捧げながら、自分を見つめ直す機会として、
使われることが多かったようです。

日本ではヨガのグループが自然の中でおこなう、
合宿の際に、ヨガリトリートと言うようになって、
リトリートという言葉が一般的になってきました。

——————————————-

僕が考えるリトリートとは、
日常生活から離れて、自然の中で静養すること。

十分な休息をとり、予定をあれこれ考えず、
自分の体の声に従って過ごしてみる

新しい知識や情報を増やすのではなく、
体全体で感じ、自然の働きに委ねてみる。

いろんな情報が溢れている、
今のような時代だからこそ、
リトリートのような場が必要だと考えています。

健康という枠だけにとらわれない、
やすらぎの里の新たな可能性を探っていこう。

そのためのいいヒントがもらえそうで、
「子宝リトリート」いまから楽しみです♪

■堀江さんのブログ
「縁結び出雲の子宝ブログ」
http://ameblo.jp/crouching-tiger/entry-11975125479.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「夢をかなえるゾウ3・ブラックガネーシャの教え」
飛鳥新社 水野敬也著

心屋さんのフェイスブックで紹介されていたのを見て、
旅行中に読んで、はまりました。

いい人と、よく言われる人、
いい人と思われたい人におすすめですね~。

本の帯にもありますが、
「今回の教えはめっちゃスパイシーやで!」
って、ほんとその通り、
ピリ辛の面白さです。

■ 体で覚える食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

もう、たくさん寝ました~。
休めた~。

胃腸が楽になって、
岩盤のようだった背中も柔らかくなって、
視力も良くなった気がします。

先生やスタッフの皆さまの笑顔に癒され、
共に過ごした方々の笑顔に励まされ、
元気になったぞ~!
ありがとうございました~。
感謝です!!

40代 女性

——————————————–

人生始めての経験で、
自分を見つめ直すことができました。

苦しい時もありましたが、
スタッフの方々の支えがあり、
無事断食を終えることができました。

普段思考がネガティブになりがちですが、
ここで過ごすことでストレスがなくなり、
「帰ってからがんばるぞ!」
という活力をもらえました。
ありがとうございました!

20代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週はやすらぎの里がお休みだったので、
家族でグアムに行ってきました。
子供が小さい時に行って以来だから、
15年ぶりくらいかな~。

以前よりも海岸がきれいになっていた感じ。
海でもたくさん泳いできました。

朝、少し早起きして、
海岸沿いを散歩したのも気持ちよかったな~。

最終日には、大きな虹が出るサプライズもあって、
楽しい旅行でした~。

日常から離れることで気づくことって、
たくさんありますよね。

スタッフのみんなも
お休みを満喫していたようで、
みんな清々しい顔で仕事しています。

やっぱり、しっかり休むって、
大切なことだとつくづく感じます。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ