『 やすらぎ通信 』 野生に戻れ!

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第541 週刊 2015.3.31

~ 断食の達人が教える・心と体のリセット法 ~
やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/
高原館・ホームページ http://www.y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ http://www.y-sato.com/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは、やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は、今日もきれいに晴れて、
気持ちのいい青空が広がっています。

伊豆高原は桜並木があちこちにあるので、
あたりが桜の花でいっぱいです。

暖かくて風もないので、
ウグイスも気持ちよさそうに鳴いていて、
もう 春・爛・漫♪

うっとりするような気持ちのいい季節です。

この季節を一番満喫しているのは、
テラスで日向ぼっこしているソラ君かな。
うらやましぃ~。

桜が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】野生に戻れ!
【2】おすすめの本
「GO WILD・野生の体を取り戻せ!」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】野生に戻れ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「GO WILD」という本を読んでいます。

もうタイトルと帯の文章だけで、
ビビッときて、
これだって思いましたね。

WILDなんて言葉を聞くと、
うちのかみさんだったら、
「ワイルドだろ~」の杉ちゃん?って、
突っ込まれそうですが、
みなさんはどんなイメージがありますか。

僕は海に潜って、モリで魚を突く、
そして、それをさばいて食べる。

実際に夏になると、僕がやっていることですが、
僕の野生の血が騒ぎ、動物に戻る瞬間です。

そのとき、何とも言えない充実感があり、
心と体にエネルギーが満ちてくる感じがします。

夏の海ほどじゃないけど、
もう少し穏やかに自然に戻るのが、
畑で土をいじっているときです。

きっとマラソンやサーフィンが好きな人は、
同じような感じがするんだろうな~。

——————————————-

GO WILDと言っても、
すべての文化的な生活を捨てて、
山奥で暮らすのをすすめている訳ではありません。

文化的な生活をしながら、
野生の力を取り戻すエッセンスだけを
上手に取り入れようという試みです。

糖質が少ない、低炭水化物食、
自然の中を走る、トレイルラン、
野生の心を取り戻す、マインドフルネス瞑想、
自然のサイクルで眠る、十分な睡眠、
そして、自然の中で過ごす。

これって、やすらぎの里でやっていることと、
ほとんど同じことです。

やすらぎの里で20年前からやっていたプログラムを
ハーバード医大の先生が科学的な見地に基づき、
効果を立証してくれたようなものです。

——————————————-

「GO WILD」
野生の体を取り戻せ!
文明に飼い馴らされた生き方は、
もうお終いだ。

いいね~。o(^0^)o

このフレーズを聞いただけで、
野生の血がみなぎってくる気がするよ。

文明に飼い馴らされて、
豚のような生活をしているお前!

伊豆の自然の中で、
野生の体を取り戻してみないか!

って、なんか、
ワイルドになりすぎたかな・・・。
(^^;)

■ 断食について
http://www.y-sato.com/message.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】おすすめの本
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「GO WILD・野生の体を取り戻せ!」
ジョンJ・レイティ著 NHK出版

この本は、以前紹介した、
「脳を鍛えるには運動しかない!」と同じ著者です。
GO WILDという切り口から、
食事、運動、瞑想、睡眠、自然など、
よりホリスティックな視点でとらえています。

ただ健康によさそうなものの寄せ集めではなく、
野生の体を取り戻すという軸をもって、
まとめ上げたところが、素晴らしいですね。

「アンチエイジング」という言葉に、
違和感を感じていた僕にとって、
野生の体を取り戻すというコンセプトは、
まさにぴったり、はまりました。

中高年の男の人に、
特にお勧めしたい本です。

■ 体で覚える食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

久しぶりに深く休息がとれた感じです。
体の奥からさわやかな感じがしているのと、
頭の中が晴れ晴れしています。
見えるものの新鮮で色鮮やかです。

こんなに深く休息できる場所は、
ものすごく稀なものだと思います。

疲れた人々のため、
健康な人がますますHappyになれるために、
これからもご活躍、期待してます。

50代 男性

——————————————–

とてもやすらげました!
本当に“やすらぎの里”です。

うつうつとした日々を過ごし、
気力も気分も最悪の状態でしたが、
ここにお世話になって、
気力と元気を充電させていただくことができました。

心を癒してくださり、
働く目標を与えてくれた、やすらぎの里。
先生、スタッフの方々に心から感謝します。

本当にお世話になりました。
また来ます!

30代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は午後から、
ゲストのみんなと一緒にドライブの日。

天気もいいし桜も満開で、
今から楽しみです~。

駅の周りは混雑してますが、
少し外れるだけで、ほとんど人もいなくて、
静かな桜並木がたくさんあります。

ゲストのみんなにも、静かな中で、
ゆっくり桜を見物してもらおうと思っています。
(^-^)

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

“『 やすらぎ通信 』 野生に戻れ!” へのコメントが 1 件あります。

  1. 浜田 正幸

    先週の滞在中は、毎日のように城ヶ崎自然研究路を歩きました。特に水曜日は時間がたっぷりあったので、蓮着寺まで往復のトレイルラン。
    柱状節理の「大淀・小淀」で大海原に向かって、静かに瞑想。
    毎日の日の出、そしてスーリヤナマスカーラ。
    ワイルド三昧の週を過ごさせていただきました。

コメントをどうぞ