『 やすらぎ通信 』 リトリートがもたらす喜び

■━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第551 週刊 2015.6.16

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

●やすらぎの里・ホームページ
http://www.y-sato.com/
●高原館・ホームページ
http://www.y-sato.com/kougenkan/

■━━━━━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は、しとしと小雨が降っています。

昨日が蒸し暑かったので、
今日は涼しくて気持ちいい。

やすらぎの里がある浮山温泉郷は、
真っ赤なヤマモモの実がたくさんなっています。

野生種なので、種が大きくて実が少ないので、
食べられるところは少ないんですが、
お酒に浸けると、きれいな色と味が楽しめます。

ヤマモモの里の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━━━━━━

【1】リトリートがもたらす喜び

【2】施術スタッフ募集!

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━━━
【1】リトリートがもたらす喜び
━━━━━━━━━━━━━

今回から、メインのテーマは、
高原館で治療の主任をしている、
小針先生にお願いすることになりました。

小針先生の幅広い知識は膨大で、
健康はもとより、哲学、宗教・・・。

僕も分からないことがあったら、
何でも彼に聞いています。

歩く健康辞典、ヨガする哲学者、
静かに燃えてる草食男子・・・。

とにかく、話すほど、
文章を読むほどに魅力が、
じわじわ染み出してくるような味があります。

やすらぎ通信を読んでくださっているみなさんにも、
是非その魅力と伝えられたらと思い、
今回から、通信のメインのテーマを
担当してもらいます。

————————————

今回からやすらぎ通信のテーマを
担当させていただくことになりました、
高原館の小針です。
どうぞよろしくお願いします。

伊豆高原に移り住んで8年になりました。

先日、夕暮れ時に、
近所をのんびり散歩している時に、
ふと自然環境の素晴らしさに気づきました。

東京の都心で生まれ育った僕は、
人並みに都会生活を満喫していましたが、
ある時、健康を志向するようになり、
おのずと自然回帰の衝動を
抑えられなくなりました。

休日を使い、東京近郊の山や
渓谷などにも足を運びましたが、
やはり住居も職場も
より自然の豊かな場所にしたいと思い、
やすらぎの里に就職する運びとなったわけです。

————————————

しかし、人間というのは、
贅沢にできているもので、
あれだけ恋しかった大自然が眼前にあると、
いつしか慣れてしまい、色あせていくのです。

当初は、自然環境の素晴らしさに、
目を見張っていたものが、
その感動も薄れ当たり前になってきてしまいます。

そんな折、散歩中の気づきは、
ないものばかりに目が向きがちだった、
前のめりな自分を戒めるきっかけとなりました。

————————————

最近「マインドフルネス」
という言葉をよく聞きます。

「今、ここ」に注意を向けること。

過去を悔やみ未来を憂い、
「今、ここ」に専念できていない現代人は、
すぐそこにある素晴らしい世界を
味わえていないという意味で、
とても、もったいないことなのだと思います。

とはいえ、都会の忙殺されている日常で、
心静かに立ち止まることなど、
至難の業でしょう。

だからこそ、
ときに都会を離れてみる
価値があると思うのです。

古くは転地療養と呼ばれてきましたが、
現代風に言えば「リトリート」の必要性です。

都会と田舎、
どちらに偏るでもなく、
フレキシブルに行き来しながら、
常に新鮮な感性を保ち続けていく。

そんなみずみずしさが、
人生に彩りをもたらしてくれるのだと思います。

■ 小針先生のブログ
「デトックス博士の心身浄化生活」
http://ameblo.jp/detox-hakase/

━━━━━━━━━━━━━
 【2】施術スタッフ募集
━━━━━━━━━━━━━

食事療法やヨガに興味のある方。
自然の中で人を癒す仕事をしてみませんか。

明るくて、人をケアーする、
ホスピタリティーのある方を希望します。
通勤で車を使うので、普通免許と車が必要になります。

●職 種 : 鍼灸・マッサージ師(要資格)
治療やヨガの経験のある方を希望しますが、
やる気のある方には、親切に指導します。

●仕事内容:滞在者の面談、マッサージ、ヨガの指導等。

●応募方法:履歴書をお送りください。
こちらより面接日等、詳細を連絡させていただきます。

●詳細はこちらをご覧ください
http://www.y-sato.com/diary/yasuraginosato/15639.html

————————————

●やすらぎの里 代表 大沢より

「食事・運動・休息・自然環境」の
ホリスティックな健康に関心のある方には、
とてもやりがいのある仕事だと思います。

治療だけではなく、あなたが興味のある、
食事やヨガなど、すべての経験を活かした、
仕事をしてみませんか。

あなたも、私たちと一緒に、
真の健康を与える仕事をしてみませんか。

■ 高原館について
http://www.y-sato.com/kougenkan/about.html

━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

————————————

先生、スタッフのみなさん、
あたたかい時間をありがとうございました。

いつも優しい笑顔を向けて下さり、
ほっとしました。

食事の頂き方や瞑想など、
心身を休める素晴らしさをしりました。

帰ってからせいかつを変えていくのが、
楽しみです。
また、来ます!

20代 女性

————————————

先生、スタッフのみなさん、ソラ君、
感謝、感謝です!

体と生き方を見直す
良いきっかけとなりました。

また、リピートしますので、
その時もよろしくお願いします。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━

今回からメインのテーマを
小針先生に担当してもらっています。

それ以外の記事は、
今まで通り、大沢が担当します。

今年は50歳の節目の年なので、
できるだけスタッフに仕事を任せて、
新たなステージに進もうと、
新たな構想も検討中です。

小針先生のブログも面白いので、
是非、読んでみて下さい。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ