『 やすらぎ通信 』 できることから

■━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第555号 2015.7.15

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

●やすらぎの里・ホームページ
http://www.y-sato.com/
●高原館・ホームページ
http://www.y-sato.com/kougenkan/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は澄んだ青空が広がる快晴!

湿気も少なくて、
風が爽やかで気持ちいいです♪

じめじめ雨が続いたと思うと、
一転、真夏のような暑さ。

みなさん体調を崩していませんか?

こんな時は、冷房を上手に使って、
いい睡眠をしっかりとってくださいね。

大きな山百合の花が咲く伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】できることから

【2】やすらぎのレシピ
「ガスパチョ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】できることから
━━━━━━━━━━━

このコーナーは、
やすらぎの里のブレーン、
高原館の治療主任の小針先生が、
読者のみなさんに熱く語っていきます。

僕(大沢)も分からないことがあったら、
何でも彼に聞いています。

歩く健康辞典、ヨガする哲学者、
静かに燃えてる草食男子・・・。

今回のテーマは「できることから」

————–

高原館の小針です。
今週もよろしくお願いします。

やすらぎの里では
「食のワーク」を行っています。

健康のために何を食べれば良いかは、
皆さんよくご存知です。

テレビや雑誌、書籍など、
情報はあふれ、知識は十分だと思うのです。

食のワークでは、「食べ方」について、
座学と実技、
そしてシェアリングを行っています。

座学では、理想的な食べ方や健康効果、
心構えについてをお話しし、
実技では玄米を一口100回噛むことを行います。

100回は実験的に行うもので、
それを普段行うことを迫るものではありません。

普段やらないようなことを
あえてやってみるところに、
気づきや学びがあるものです。

————–

日常、何気なく行われている
「食べる」という行為を、
改めて注意深く行うことで、
新鮮な発見や驚き、感動があります。

今までの自分の食べ方を振り返る機会となり、
おのずとより良い食べ方になっていくことでしょう。

「健康のために一口30回噛みましょう」

こうした標語はよく見聞きします。

30回。

多いと感じるでしょうか、
少ないと感じるでしょうか。

普段せわしなく食べている方からすれば、
かなり多く感じると思います。

理想的には、
30回噛めるに越したことはないでしょう。

ただ、現実には仕事や家庭の事情で、
それほど多くの時間を割けない方もいると思います。

そういう方のために、
僕は「最初の一口目だけ30回噛んでください。
2口目以降は気にしなくていいです。」
とアドバイスするようにしています。

一口目だけでいいの?
それだけで効果あるの?

と思われたかもしれません。

やってみると分かりますが、
最初が肝心というところがあって、
一口目だけの実践であっても、
以前よりは腰が落ち着き、
意識的な食べ方になるものです。

————–

なんでもそうですが、
初めから難しいルールや
高いハードルを設けてしまうと、
早々に頓挫してしまうことが多いものですが、
簡単シンプルなものから始めれば、
結構継続できるものです。

継続できたらしめたもので、
徐々に発展させていけばいいのです。

なんでもかんでも、
急いで完璧にやりたくなるのが人情ですが、
そこをこらえてのんびりゆっくり始めてみましょう。

■ やすらぎの里について
http://www.y-sato.com/about.html

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「ガスパチョ」

猛暑が続いていますね。

急に気温が上がると、
食欲も落ちてきますね。

そんな時はガスパチョを作り置きしておいて、
栄養を補給するのも良いかと思います。

飲むサラダと言われているガスパチョは、
火を使わないので作る人も楽チン。

トマト、きゅうりなど生の野菜は、
火照った体を冷やしてくれます。

ニンニクも入っているので、
元気が出ますよ。

ガスパチョは暑さの厳しい、
スペインのアンダルシア地方が、
発祥の家庭料理です。

いろいろなレシピがありますが、
やすらぎの里のレシピはくせがなく、
飲みやすいと思います。

————–

「ガスパチョのレシピ」

●材料(4人分)
 トマト(中)2個、きゅうり1/2本、玉ねぎ1/4個、
 赤パプリカ1/2個、ニンニク 1片
 A: 水1カップ、レモン汁大さじ1、
オリーブ油 大さじ2
塩 小さじ1、胡椒 小さじ1/2

●作り方
1.材料を全てみじん切りにし、
ミキサーに20~30秒かける。
2.1.にAの材料を加えミキサーにかけて、
 なめらかになるまで回す。
3.冷蔵庫に冷やしておき、たべる直前に、
 分量外のオリーブ油(分量外)を回しかけ、
イタリアンパセリを飾る。

■ デトックスコース
http://www.y-sato.com/course.html#detox

━━━━━━━━━━━
【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

————–

気持ちよかったです。
美味しかったです。
心地よかったです。

日常の中にある普段見過ごしている、
たくさんのことに気づかせていただきました。
「栄養摂取の誓い」心に染みました~。

スタッフの皆さんの、
丁寧な心遣い感謝しています。
本当にありがとうございました。

30代 女性

————–

静かな心の状態で、
体と心を見つめられました。

この環境を作って下さった、
先生とスタッフの皆さんに、
心から感謝します。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

これだけ暑くなっても、
やすらぎの里の周りは緑が多いので、
夜になると涼しくなります。

安眠のヨガは、窓を開け放って、
外の風を感じながらやっています。

体をゆっくり動かしながら、
頭モードから、
体モードに切り替える時間。

僕にとっても、
とても大切な時間になっています。

仕事しながら、
健康管理が出来るんだから、
いい仕事だよな。
(^人^)

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ