『 やすらぎ通信 』 上虚下実

■━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第562号 2015.9.8

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

●やすらぎの里・ホームページ
http://www.y-sato.com/
●高原館・ホームページ
http://www.y-sato.com/kougenkan/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は、朝から雨。
一週間プランの方は、
今朝が断食3日目なので、
静かなやすらぎの里です。

今週も普段、
すごく忙しい人が多いので、
しっかり休めと、
お天道様が言ってるのでしょう。

こんな日は温泉に入って、
ゴロゴロしながら、
本を読みふけっているのが最高ですね。

真っ赤な彼岸花が咲き出した伊豆高原から、
やすらぎ通信をお届けします。

【目次】━━━━━

【1】上虚下実

【2】移転のお知らせ
「3月13日以降にご予約希望の方へ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】上虚下実
━━━━━━━━━━━

このコーナーは、
やすらぎの里のブレーン、
高原館の治療主任の小針先生が、
読者のみなさんに熱く語っていきます。

僕(大沢)も分からないことがあったら、
何でも彼に聞いています。

歩く健康辞典、ヨガする哲学者、
静かに燃えてる草食男子・・・。

今回のテーマは「生命力とともに」

————–

高原館の小針です。
今週もよろしくお願いします。

多くの女性のお話を伺う中で、
共通するものとして、
冷えやむくみ、便秘があげられます。

一概には言えませんが、
そのめぐりの悪さは運動不足による、
筋力低下に起因するところもあると考えました。

もちろん精神的なストレスも看過できません。

それを踏まえても、
しなやかな心身を練り上げていくことは、
無駄ではないと思うのです。

古来、東洋思想においては、
「体が変われば心が変わる」と考えられてきました。

そして、特に、丹田の充実が、
心身に影響することを見抜いていたように思います。

現代人はもっぱらデスクワーク中心であり、
長時間固定的な姿勢で拘束されています。

その上、公共交通機関の発達で、
ほとんど歩かなくなりました。

さらに家電の普及によって、
家でも全身を伴う運動を行うことも少なくなりました。

「動物」はその字のごとく、
動くものです。

瞬発的な運動、
もしくは長距離の移動の末に、
食べ物にありついてきました。

ところが、現代人、
特に日本人を含めた先進国の人間は、
動物としての基本である、
動いてから食べるということすら、
ままならなくなりました。

入ってくるエネルギーよりも、
出ていくエネルギーが少なければ、
当然余剰が発生するので、
在庫として抱えるようになります。

考えてみれば、
ごくシンプルなことなのです。

その余剰エネルギーの使われ方が、
人によって、体重増加に利用されたり、
過剰な欲求になったり、
病気になったり、
悩みや怒りになったりするわけです。

————–

やみくもな食事制限は代謝を落とし、
ますます痩せづらい体に変えていきます。

同様に、運動もイヤイヤやったのでは、
ストレス以外の何物でもありません。

自分の好きなものを手始めに行い、
興に乗ってきたら、
多少筋肉に負荷のかかるようなものを
取り入れてみてはいかがでしょうか。

運動の基本としては、
ウォーキングがすすめられます。

さほど技術がいらない上に、
今すぐにでもできるものだからです。

とはいえ、夜遅く仕事を終えてから、
ある程度の時間をかけて歩くというのは、
なかなか骨の折れることではないでしょうか。

通勤でうまく歩ける人はいいのですが、
そうでない人はウォーキングは、
週末などにまとまってするとして、
普段は自宅でできる簡単で、
短時間でも効果的なものがいいでしょう。

おすすめは「スクワット」です。

キングオブエクササイズと呼ばれ、
臀部や大腿部を中心とした、
体の中でももっとも大きな筋肉を効果的に鍛えられ、
なおかつ、姿勢の維持のための
腹筋や背筋を鍛えられることから、
最も基本にして、最も重要なトレーニングなのです。

筋トレといっても、べらぼうな筋肥大を求め、
ボディビルダーを目指すのではありませんので、
死に物狂いで行う必要はありません。

必要な筋肉がつくことで、
産熱器官として体温を維持し、
血流が潤沢となって、
基礎代謝を向上させることができます。

冷えやむくみの改善を期待できます。

————–

東洋医学的にみても、
下肢と内臓は直結していると考えますので、
内臓機能を向上させ、便秘を始めとした内科系、
婦人科系疾患の予防改善にもつながるでしょう。

また、下半身の充実は、
気の観点からも「上虚下実」
「頭寒足熱」を体現することにもなり、
心身の安定感を醸成することでしょう。

ストレッチやヨガなどの柔軟性を高める運動も
同じくらい大切と考えますが、
行い方に偏りがあると、
往々にして柔軟性の追求に傾く嫌いがあり、
ふにゃふにゃと柔らかいだけで姿勢維持が、
心もとないバランスに欠けた体を作りかねない面があります。

陰と陽の調和を目指す東洋思想にならえば、
柔軟性と強靭性を兼ね備えた
心身を練り上げることが必要でしょう。

もっといえば、
特定の運動法がいらなくなるような生活様式。

つまり普段の生活においても、
調身・調息・調心(三密)

良い姿勢、効率的な体の使い方、
動き・深い呼吸・意識の集中を実践することで、
必要な筋肉が鍛えられる、あり方が理想的です。

「養生は薬によらず尋常の身持心のうちにこそあれ」

この言葉を胸に、
とにかく、今から実践です。

■ 本館・移転のお知らせ
http://www.y-sato.com/infomation-moving.html

━━━━━━━━━━━
【2】 移転のお知らせ
━━━━━━━━━━━

「3月13日以降にご予約希望の方へ」

2016年3月13日(日)以降で、
やすらぎの里・本館をご予約の方は、
伊豆高原の桜並木の施設での
滞在となりますのでご了承ください。

現在の浮山温泉郷の施設とは、
下記の点が違ってきますので、
ご確認の上、ご予約をお願いいたします。

————–

「施設面での違い」

●現在の浮山の施設
・和風の旅館
・屋上の展望露天風呂、サウナ
・食堂(床に座る和風のお座敷)
・相部屋が多い
・中庭のテラス
・駅から2.6km
・近くにDHCの施設

●移転先の桜並木の施設
・南仏風の洋館
・岩盤浴
・食堂(イスとテーブル)
・個室が多い
・海が見える展望テラス
・駅から1.7km
・DHCの施設は駅から送迎バスを利用
・公共バス停まで歩3分

————–

「プランと料金」

滞在プランは、現在の施設と同じ内容になりますが、
料金が一部変更となるお部屋があるので、
下記のページをご覧ください。

■ 3月13日以降にご予約希望の方へ
http://www.y-sato.com/yoyakukibou.html

━━━━━━━━━━━
【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

————–
初めての断食は、辛いこともなく、
日々体重が減っていくのと、
スムージーを味わうのが楽しみで、
過ごすことができました。

変化といえば、
少しずつ、丁寧に味わって、
食べるようになったこと。

今まで大口で食べるのが、
快感でした・・・。

大沢先生、井原先生はじめ、
スタッフのみなさんから、
自分を大切にしていただいた
と感じることが出来て幸せでした。
これぞホスピタリティの極み。

心からの感謝を。

50代 女性

————–

大沢先生のお話、井原先生の治療、
スタッフのみなさんの優しさ、
愛情たっぷりのご飯、
ひとつひとつに感動して、
ゆったりと一週間を過ごせました。

井原先生の治療で、呼吸が深くなり、
体がとても楽になりました。

また、母と娘で、
新館にもお伺いしたいと思います。
ありがとうございました。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

来年の3月にオープン予定の
桜並木の物件の工事がスタートしました。

この物件、5年くらい使われていなかったので、
木や草がうっそうと茂っていて、
最初は、ちょっと廃墟的な感じでした。

造園屋さんが入って、伸びすぎた木を切って、
周りをすっきりきれいにしてくれたら、
一気に明るく開放的な感じになった。

光が差して、風が通って、
気が巡ってきた感じがする。

さあ、これからこの建物に、
やすらぎの里の魂を入れていくよ。
d(⌒ー⌒)

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ