『 やすらぎ通信 』 5月病の本当の原因

『 やすらぎ通信 』 第635号 2017.5.9

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

●やすらぎの里
http://www.y-sato.com/

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は久しぶりの曇り空。
昨日は暑かったので、涼しい空気が気持ちいい。

GWの賑やかさが終わって、
いつも以上に静かに感じる伊豆高原です。

みかんの花が香る伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。みかんの花

【目次】━━━━━

【1】5月病の本当の原因

【2】ハート瞑想リトリート

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】5月病の本当の原因
━━━━━━━━━━━

GWも終わって、しっかり休んだはずなのに、
もう疲れが溜まってきた。

仕事や勉強をがんばってやろうとしても、
集中力が続かない、やる気が出ない。

気持ちもスッキリせず、
いくら寝ても疲れが取れない。

これって5月病・・・。

そんなことを感じている方も多いようなので、
今回は、「5月病」を取り上げてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディアでは、こんな説明があります。

五月病(ごがつびょう)とは、
新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、
新しい環境に適応できないことに起因する
精神的な症状の総称である。

医学的な診断名としては、
「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される。

抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。
主訴には、過眠、不眠、疲労感、食欲不振、
やる気が出ない、人との関わりが億劫などが多い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな風に定義されると、
急に病気になった気分になりますね・・・。

楽しみにしていたGWも終わり、
気分も落ちがちなこの時期ですから、
いくつかは、当てはまる方も多いと思います。

毎日たくさんの方と面談をしていると、
適応できないというよりは、
がんばって適応しすぎている人だと感じます。

新しい環境や変化する環境で、
期待されることすべてに完璧に答えようと、
自分一人で、がんばっている。

頭の中は、いつも「こうあるべきだ」という、
努力目標でいっぱい、いっぱい。

そんなに、電力使い過ぎたら、
ブレーカーが落ちます。

ブレーカーが落ちそうになると、
心と体から、いろんなサインが出てきます。

それが5月病の症状です。

その症状の裏には、
もう少し、ゆっくりやって、
今は、これくらいでもいいんじゃないの、
という体からの声が聞こえてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つい、がんばってしまう人は、
自分が決めた目標に囚われないよう、
もともと持っているものに目を向けてみましょう。

仕事じゃなくても、運動や趣味でもいいんです。

もともとできていること、
持っているものをやってみよう。

出来ていないことに意識が向けば、
不安や自己嫌悪になりますが、
出来ていることに向けば、自信が取り戻せます。

治すのではなく、活かす。

5月病を活用して、
自分のより自然な生き方を見つけていきましょう。

養生館で新しく始まった週末のプランで、
自分の心と体と向き合ってみませんか。

■ 養生館の滞在プラン
http://www.y-sato.com/yj-stayplan.html

━━━━━━━━━━━
【2】ハート瞑想リトリート
━━━━━━━━━━━

~やすらぎの源につながる~
「ハート瞑想リトリート」

2017年7月16日(日)1泊2日
やすらぎの里・養生館にて

池袋で「Premdaセラピールーム」を主催されている、
臨床心理士の物部よしひろさんがファシリテーターとなって、
やすらぎの里とコラボでおこないます。

よしひろさんのプログ「瞑想ぷうさん」
http://ameblo.jp/premda/

クマのプーさんのような、
よしひろさんの瞑想と心の健康講座、
やすらぎの里の美味しい食事、
気持ちのいい温泉と伊豆の自然に癒される、
1泊2日の瞑想リトリートです。

■ ハート瞑想リトリート
http://www.y-sato.com/news/15589.html

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は4月25日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週最も遠方からお越しになられた方は、
青森と佐賀でした。
この5日間ともに過ごす縁というのはつくづく不思議なものです。
ともに汗した仲間とは後半になるとぐっと距離が縮まって、
同級生のような親近感があります。

帰ってからくじけそうになったとき、養生館での思い出や、
仲間の顔を思い出していただければ、
きっと励みになると思います。

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「また来たい」30代女性

ものすごくステキな4泊5日でした。
身体も心もびっくりするくらいの体感で、
何度でもまた来たくなりました。

1回1回、満たされながら味わう食事は、
毎回とっても感動的で、
ラストの懐石はMAXで感動しました。

小針先生の講義は本当にタメになり、
日常の中で生かせるように
教えていただけたのがすごくよかったです。
また来たいです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「かんで食べる」40代女性

寝た!安らいだ!
味もですし、見た目も心癒される食事に、
改めて自分の健康・体と向き合えました。
ありがとうございます。
とにかく「かんで食べる」
まずはここから始めようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ほぐれた」40代女性

不安げに参加しましたが、楽しい雰囲気の中、
さまざまなプログラム体験をさせてもらい、
心身リフレッシュできました。
考え方がだいぶほぐれたと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人生変わります」60代女性

6月で68才
今回2回目、深い呼吸ができるようになりました。
バンザーイ、人生変わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べることは生きること」20代女性

食べることは生きること、
という言葉を先生も言われていましたが、
それを全身で感じました。

食べるという日々の中に当然のようにある行為の中に、
ここまでの幸福がつまっていたのだと、
本当の心から感じました。
また来ます。ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

GWに滞在したゲストのみなさんは、
ほとんどが、何度も来ているリピーターの方。

自分なりの滞在中の過ごし方を心得ていて、
みなさん、自分のペースで過ごされていました。

楽しそうだったのが「伊豆急全線ウォーク」
伊豆急の駅から次の駅まで、地図をもらって歩く。

駅で入場券を買うと、電車のピンバッチがもらえて、
ちょっとした記念にもなります。

距離によって難易度があるので、
自分の体力に応じて、コースを選べるのもいいですね。

何度も来ているので、
もう伊豆高原は歩き尽くしたよという方は、
トライしてみてはいかがですか。
http://www.izukyu.co.jp/kanko/zensen13th/map.html

しかし、やすらぎの里のリピーターの方は、
地元の人以上に、伊豆高原を知っているな~。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ