『 やすらぎ通信 』 自分の在り方

『 やすらぎ通信 』 第667号 2017.12.26

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は、ちょっと風が強いけど、
真っ青な空が広がり、
冬の日差しがサンサンと降り注いでいます。

日当たりのいい食堂は、
たっぷりの日差しで、暖房をつけなくても、
ぽかぽかで、Tシャツでもいいくらい。

明るくて、暖かいと、
自然に心も開放的になりますね。

ゲストのみんなも、
楽しそうに食堂でお話しています。

海がキラキラ輝いている伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

快晴のテラス

【目次】━━━━━

【1】自分の在り方

【2】やすらぎのレシピ
「自然な甘さの栗きんとん」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】自分の在り方
━━━━━━━━━━━

今回は一年を締めくくる意味でも、
「自分の在り方」について取り上げてみました。

「在り方」って言われると、
考え込んでしまう人もいるかもしれません。

僕も人生の目標を深く考えて、
なんていうタイプではなく、
流れにまかせて生きてきたので、
あまり考えたことがありませんでした。

最近、毎週カフェにこもって、
ジャーナリングをしていたら、
自然に自分がこう在りたい、
ということに考えが向いてきます。

そこで気づいたのが、
在り方というのは、
自分にないもの、
できていないことを目標にするのではない。

自分の中にすでにあるもの、
自分が今まで大切にしてきたことを
はっきりさせることだということ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう考えたら、
自分の在り方に沿った人生を歩んでいた。

僕の在り方は、
「自分らしい生き方をして、みんなに喜んでもらう」

自分の好きなことを寄せ集めたやすらぎの里で、
ゲストにもスタッフにも喜んでもらう。

自分の心や体と向き合う場を提供し、
自分らしい生き方を見つけるお手伝いをして、
その人らしい、幸せな人生を歩んでもらいたい。

健康的な生活は、
そのための、ひとつの手段。

病気であっても、
その人らしい生き方をしていれば、
僕は幸せだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分らしい生き方を実践する方法は、
どんなやり方でもいい。

だから、やすらぎの里でやるプログラムは、
ときによって変わっていきます。

そのときそのとき、
自分がいいなと思うものを選び、
とりあえずやってみる。

やり方は、流れに任せてどんどん変えてく。
それも自分らしさだと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分がどう生きるのか、
それは誰か他の人が決められるものではなく、
自分しか決められない。

自分の人生は、
自分が決めて、
自分が責任を取る。

その覚悟が決まれば、
自分の軸がしっかりして、
生き方にブレがなくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう少しで、年末年始のお休み
という方も多いと思います。

そのお休みを使って、
自分と向き合い、自分の在り方を自覚し、
自分の軸をしっかり立ててみませんか。

断食×リトリートで、心も体も整える。

やすらぎの里は、日常を離れて、
静かな自然の中で、自分を見つめ直すには、
最高の環境が整えてあります。

■ 断食×リトリート

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「自然な甘さの栗きんとん」

お砂糖を使わない、りんごの甘みを生かした、
自然な甘さのきんとんです。

栗きんとん

「材料」
栗(むき栗がなければ市販の物)400g、
さつま芋600g、りんご1個分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「作り方」
1、りんごは皮と種を取り、
いちょう切りにして塩水に入れ、
鍋にりんごだけを入れて、中火でことことしたら、
弱火にして五分煮て冷ましておく。

2、栗は半分に割ったくちなしの実を入れた水でゆでて、
柔らかくなったら手早くマッシュする。
(市販の栗の場合、甘味を除くために何度か湯でこぼす)

3、さつま芋は厚めに皮をむいて、
蒸して手早くマッシュする。

4、材料を全て混ぜ合わせて出来上がり。
甘味が足りないようなら、はちみつを少々加える。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は12月6日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝はフロントガラスが
凍るくらい寒くなってきましたが、
養生館のメンバーは朝から元気に活動しています。

何もしないでのんびりする滞在も、
アクティブに動き回る滞在も、
各人が楽しんでいました。

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「3回目」20代女性

3回目の利用です。
ここに来ると頭がスッキリ、体が元気に、
明日からまた頑張ろうという気持ちになれます。

ついつい甘いものを食べすぎてしまう
自分をリセットさせて、
本当に食べたいものを口に入れる習慣を
つけていきたいと思います。

でもやっぱり疲れてしまったら
また何回でもこちらに来て、
リフレッシュしたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大事だと思いながら」20代女性

自分を大切にすることや、
自分の体に耳を傾けることを、
大事だと思いながら、で
きていない自分がいました。

大切にすることの意味もやり方もわからず、
ずっと悩んでいたのですが、
ここに来て少し理解できなような気がします。

主体性をもつこと、質を上げる食事をすること、
少しずつ生活に取り入れていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「感謝しています」70代女性

心と体のケアのすべてよかったです。
お食事についてのお話もよかったです。
すべてに心がこもっている。

クリスタルボウルは初めての経験でしたが、
良かったし、その後のハワイカードリーディングを
してくださったのも感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「かけがえのないもの」40代女性

今回の滞在は、他の参加者の方々と交流でき、
様々なプログラムや、
お食事の時間を心から楽しむことができました。

体重も期待しないようにしていましたが、
ストンと落ちうれしいです。
心の面でも気づきがありました。

クリスタルヒーリングの後に見ていただいた
マナカードの時間はかけがえのないものとなり、
田中先生のさとう式リンパケアでは、
体がふわふわになって、
体が喜んでいるのが分かりました。

急遽思い立って参加しましたが、
ベストタイミングであったことを
実感しております。
本当にお世話になりました。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

先週ジャーナリングの本を紹介したら、
リピーターの方が著者の方を知っていて、
Facebookでつながることができました。

そしたらなんと、
著者の吉田さんの会社のスタッフの方が、
養生館と本館に滞在することになっていました。

マインドフルネスの先端を行く方が、
やすらぎの里に関心を持ってくれていて、
とっても嬉しいです。

ジャーナリングは、書くマインドフルネス。

そう考えると、断食は、
食のマインドフルネスとも言えるかな。

来年は、心を整えるためのプログラムを
充実させていこうと考えています。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ