『 やすらぎ通信 』 内面への旅

『 やすらぎ通信 』 第691号 2018.6.26

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は、梅雨の晴れ間が広がり、
爽やかな風が吹いています。

本館は高台にあるので、
ロビーと食堂の窓を開け放すと、
気持ちのいい風が通り抜けて、
暑い日でもクーラーいらず。

やっぱり、自然の風が一番ですよね~。

本館のロビー

流れる風が気持ちいい伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】内面への旅

【2】やすらぎのレシピ
「大麦サラダ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】内面への旅
━━━━━━━━━━━

高原館の館長を任せている、
癒しの王子こと、深澤悠(はるか)

静かで穏やかな雰囲気が、
高原館のゲストのみなさんに人気です。

自分の悩みを深く見つめる体験から、
「自分を労わるマインドフルネス」の講座をつくり、
ゲストのみなさんの気づきを促しています。

今日は、そんな深澤先生が、
Facebookに投稿していた、
「内面への旅」を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~やすらぎの里・高原館 深澤悠~

何をしても、どこに行っても、
落ち着かないし満たされない。

帰る場所のない、
居場所がない漠然とした不安感。

僕は悩みやすく慎重な性格もあってか、
普段そんな風に感じることがあります。

やすらぎの里は内面への旅。

悩みを深めるのではなく、
まず日常を離れゆっくり休む。

自然の中で「食・息・動・想」を大切にし、
人との出会いもあり、
自然と心身が整って気づきが生まれてくる。

そうすると、自分の中に、
ほっと帰って来れる場所が見つかってくる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕も、毎週ゲストと一緒に過ごす中で
毎回気づきがあります。

何度も、見つけて、見失って。

その繰り返しが少しずつ積み重なって、
自由に楽に、生きれるようになってくる。

そんな風に感じます。

やすらぎを感じ、自分と向き合える場所。

これからもゲストのみなさんと一緒に
学びを深めていきたいと強く感じています。

■ やすらぎの里3館の特徴は

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「大麦サラダ」

本館キッチンスタッフの小長谷です。

暑くなったり、雨が降って寒くなったりで、
体調不良になっていませんか?

こんな季節にはやっぱり梅干しが一番!
梅干しを使った、大麦サラダのご紹介をします。

大麦サラダ

<材料> 6人分
大麦       45g
玉ねぎ      1/4個
きゅうり     1本
とうもろこし   1/4カップ
パプリカ赤・黄  各1/4個
トマト       飾り用
グリーンリーフ    〃
大葉         〃

<合わせタレ>
梅肉       大さじ2
みりん      大さじ1
米酢       大さじ1
亜麻仁オイル   大さじ1
梅酢       大さじ1/2

<作り方>
1、大麦は30分、水に浸しておき、たっぷりの水で20分茹でる。
2、水を切り、温かいうちに合せタレと合える。
3、切った野菜を入れ、混ぜて冷蔵庫で冷やす。

これを作ると、スタッフから「どんぶりで食べたい!」
との声が上がります(笑)

麦と梅で、さっぱりもりもり食べられますよ。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は6月15日から3泊4日
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、体の減量や体質改善は勿論ですが
「心を整えたい。」
そんな方が多いように思います。

高原館では、
「自然、何もしない時間、食養生、断食、
施術、ゲストの交流、プログラム」などを通して、
自分をいたわり、内なるやすらぎを
取り戻していきたいと思っています。

高原館・深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心を変える事ができた」 20代女性

頭痛やだるさに悩まされたりもしましたが
充実した環境で頭をすっきり空っぽに、
リフレッシュさせることができました!

始めはダイエット目的で、
とにかく痩せればいいという気持ちでしたが
断食によって自分の体と食のありがたみを実感し
何よりも心を変えることが出来たなーと思います。

帰宅してからは体と心の事をいたわりながら
健康的な食生活を行っていきたいと思います。
お世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日常が食で支配されていた」 50代女性

いかに日常が食で支配されていたか、
と言うことを感じました。
買い物、献立、調理、片付けがなければ
時間はたくさんありました。

これからは自分の体が欲するものを欲するだけ
ゆっくり食べたいと思います。
食事中に多量に水分をとっていましたが
よく噛めば必要ないことが良くわかりました。

膝や腰などの痛みはよく自覚していましたが
首のコリは自覚なく、ほおっておりました。

これからはこまめな運動を心がけたいです。
スタッフの皆様に癒されました。
お世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体調の悪さは私への愛」 30代女性

・「考えてばかりいる」というのがどうゆう状態がわかった
・他者と比較しても意味がないことが分かった
・ムリせず今の自分にできる事を少しずつやればよい
・ずっと自分の体調の悪さや体力のなさをコンプレックスに
感じていたが、そのまま愛してあげようと、今思います。
体調の悪さは私への愛でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「母のお腹にいるような安らかな」 60代女性

自分の時間を持つ事は意識しないと出来ないけど
心がけて魂の浄化をしていきたい
という思いをより強く持ちました。
ありがとうございました。

ここにいらっしゃるスタッフの一人一人が
とても穏やかで心地よく
母のお腹にいるような
安らかな思いをさせて頂きました。
感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分は全体の中の一部」 30代女性

自分の疲れとマインドフルネスの大切さ
自分は全体の中の一部で、
そのダイナミズムの中で
「善い働き」が出来るためにも
自分の心とたましいを常にOPENに
健全に保たねばと思いました。

皆それぞれお役目を持ってここにきているので。
みんなで楽しく機能し合って
真に平和な世界にしていきたいと
心から感じています。

いつも本当にありがとうございます。
スタッフの皆様にいつも良い風が吹きますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人生100年に対応できるように」 40代女性

食生活、自分の体をきちんとみつめて
人生100年に対応できるようにしなくちゃ。

普段使ってない体の場所や
体の一部分を意識して
あまりいじめちゃいけないなと。

リセットできました。
とても気持ち良いです。

ありがとうございました。
またリセットしに伺いたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お腹がすくという事を感じる」 50代女性

・今ここを感じる事の大切さ
・お腹がすくと言う事を感じる事
・時間は平等なのに現実は忙しく、
やすらぎの里はゆったりしている
・何か改善していこうと思えてきた自分

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

今朝は養生館の小針先生と、
高原館の深澤先生とのミーティング。

それぞれが、最近感じていることや、
プログラムをやっている中で気づいたこと、
などを話し合います。

3人とも、プログラムでやっていることが、
自分の生き方を表現しているようなものなので、
若い二人の話は、とってもいい刺激になります。

それぞれのカラーが際立ってくるほど、
やすらぎの里がカラフルになって楽しいです。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ