『 やすらぎ通信 』 味わって食べる

『 やすらぎ通信 』 第698号 2018.8.13

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

昨日は一日中、雷がなり、
不安定な天気でしたが、
今日は朝から夏空が戻ってきました。

しかし、どこか夏もピークを
過ぎた気配が感じられます。

陽の差す角度か、セミの鳴き声の勢いか、
かすかな風の湿度の違いか。

お盆の田んぼ

トンボが舞う伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】 味わって食べる

【2】 おすすめの動画
「ティク・ナット・ハンの教え~
マインドフルネスに食べる瞑想」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】味わって食べる
━━━━━━━━━━━

毎週月曜日は「食のワーク」の日。

玄米ご飯をひと口100回噛んで食べるワークをします。

姿勢を正して、呼吸を整えて、
食前の祈りを唱えてから、
手を合わせて「いただきます」

ひと口の玄米をよく噛んで、
味わって食べます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こんなにゆっくり食べたことはなかった」
「お米ってこんなに甘いんだね」
「噛んでたべることの大切さを実感」
いろんな声が聞こえてきます。

しかし、これを家で続けるのは、
なかなか大変です。

やすらぎの里にいたときは、
あんなによく噛んで、味わって食べていたのに、
家では、早食い、大食いになってしまう。

そんな方のために、
自宅で続けるポイントを紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ひと口目だけよく噛む」

毎回よく噛むというのは、
かなりハードルが高いので、
最初のひと口目だけ、
よく噛んで食べるようにしましょう。

ひと口目だけなら、1分もかかりません。
最初のひと口目だけでも、よく噛んでいると、
自然に噛む回数が増えて、
ゆっくり食べるようになります。

意識的に噛むようにすると、
食べるということが意識的になり、
満腹のサインを感じやすくなり、
漫然と食べ過ぎることが少なくなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「姿勢を正す」

これも食べ始めの最初だけでいいので、
背筋を伸ばして、きちんと座りましょう。

姿勢を正すと、きちんと食べようという気になり、
味わって食べることができます。

また、背筋を伸ばすと胃腸の圧迫が取れ、
胃腸の働きもスムーズになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「集中力のトレーニング」

いろんなことが気になって、
気持ちが落ち着かない、
集中力が落ちているという方は、
一人で食べるときは、
食べることだけに集中する練習にしましょう。

瞑想はあぐらで座らなくとも、
食事の時間に食べることだけに、
集中することでもできます。

毎日2~3回ある食事の時間を、
食べることに徹する時間にすれば、
集中力が上がってきます。

食べる瞑想は、
少ない量の方がやりやすいので、
ランチを週に一回おにぎり1個にしてみる、
バナナ一本だけにしてみるなど、
やる日を決めて、やるのもおすすめです。

■ 体で覚える食養生

━━━━━━━━━━━
【2】おすすめの動画
━━━━━━━━━━━

「ティク・ナット・ハンの教え~マインドフルネスに食べる瞑想」

西洋の国に仏教の大切な教えを広めた、
ベトナムの僧侶 ティク・ナット・ハン氏

その教えを学び、実践する場として作られた、
フランスの「ラムビレッジ」の食事風景

今ではマインドフルネスというと、
ビジネスや自己啓発のひとつのようになってきていますが、
本来は仏教の大切な教えのひとつ。

それを日常の中でおこなう、
具体的な実践法として、
マインドフルネスに食べることは、
とても大切な修行の一環です。

それが、穏やかな語りとともに、
自然な映像として表現されています。

僕も食の大切なことを、
こんな風に優しい雰囲気で伝えたいな~。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月27日から3泊4日
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初は、断食もしてるし、
色々不安・・・というゲストも、
実際に過ごしてみると、
お腹が空いていても意外にしっかり動けるんだと
自信をもって帰られる方が多いです。

情報がありすぎて、
自信をなくすことが多い世の中ですが、
やすらぎの里は、自分を信頼できる力を
養う場であると感じた週でした。

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体感で分かった」 20代女性

自分の全身をちゃんと気に掛けることができた。
ひどい肩こりや冷え性を
どう治せばいいか途方に暮れていたけど
ストレッチなどの意外と簡単な方法で改善できると
体感で分かった。

先の事を心配しなくてよかった。
食事や普段の生活習慣を見直せてよかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自然を感じた」 40代女性

台風でしたが自然を直接感じました。
散歩では天気の日、雨の日、風の強い日
さまざまに大変できました。

緑をゆっくり眺める事
自分の身体に目を向ける事など…

台風のあとにスタッフの方が
窓をきれいにふいて下さっており
ロビーから見える緑に癒されました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「サプライズ」 50代女性

3日目の夜のサプライズが本当に感動しました。
見た目の演出、そのものの美味しさだけでなく
スタッフの方や深澤さんの思いなどが
感じられ本当に感謝です。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくりあせらず」 40代女性

自分を見つめなおす時間が持てたと思います。
ゆっくりあせらず毎日を過ごそうと思います。
せっかち禁止

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いろんなことに気づいた」 30代女性

いかに日々適当に過ごしてるか分かりました。
時間に追われてゆっくり振り返る時がなかったと思います。
運動・断食をしていろんなことに気づきました。
来てよかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「別世界を満喫」 50代女性

普段の忙しい生活から抜け出し
別世界を満喫しました。
自然の中にゆったりと身をゆだね
時間に縛られることもなく
本当にリラックスできました。

スタッフの皆様に感謝いたします。
参加者の方との触れ合いもとても楽しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食だけではない」 40代女性

今回初めて断食体験をさせていただいて
心と身体がとても軽くなった感じがしました。

ただ単に断食をするだけではなく
プログラムを通して様々な勉強もさせていただいて
とても為になりました。
また是非来たいと思います。
本当にありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

8月13日、お盆の入り。
土曜日から夏休みという方も多いと思います。

やすらぎの里もほとんどがリピーターの方で、
「今年も一緒になりましたね」という声が、
あちこちで聞こえました。

リピーターの方が多いので、
みなさん自分のペースで、
それぞれに過ごしています。

館内を包む空気が、
とても静かで落ち着いています。

リトリートって、
主催者側だけでできるものではなく、
ゲストのみなさんとの共演で作られる。

今週もゲストのみなさんと、
やすらぎのドラマを作っていきます。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ