『 やすらぎ通信 』秋の花粉症

『 やすらぎ通信 』 第706号 2018.10.16

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲の間から、
柔らかい日差しが差し込む、
穏やかな秋。

伊豆高原の駅から続く桜並木も、
半分くらいは葉が落ちて、
秋が深まっていくのを感じます。

大室山も緑から、薄茶色も交じるようになり、
近くに行くと、一面のススキの穂が開いています。

十月桜

十月桜が見頃になった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】秋の花粉症

【2】やすらぎのレシピ
「さんまのつみれ汁」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ 断食×リトリート

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「さんまのつみれ汁」

本館キッチンスタッフの小長谷です。
今日はこの時期、一度は食べたい、
秋刀魚のつみれ汁をご紹介します。

秋刀魚つみれ汁

<材料> (4人分)

さんま  2尾
生姜汁  少々
塩    少々
酒    少々
味噌   少々
小麦粉  大さじ1強

一番出汁  600cc
人参   適量 短冊
大根    〃  〃
塩    
薄口醤油  
濃口醤油
白髪ねぎ  適量 飾り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1,秋刀魚は頭と内臓を取り、三枚おろしにする。

2,適当な大きさに切り、調味料と一緒に
フードプロッセッサーにかける。

3,一番出汁に野菜を入れ煮立たせる。

4,煮っ立ったところへ、つみれのタネを
スプーンですくって落とし入れる。

5,灰汁を取りながら秋刀魚に火が通ったら、
塩、薄口醤油、濃口醤油で味付けをする。

6,お出汁のうま味を感じるように、優しく味付け。

7,白髪ねぎをのせて、頂きます。

フードプロセッサーがなければ、
包丁でたたいても作れますよ。
鰯や鯵でも美味しいです。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は9月26日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「養生館に行くと意識が変わるのですが、
帰って時間が経つとまた元に戻ってしまいます。
そのたびに自己嫌悪に陥ります。
どうすればいいですか?」

ふりだしに戻って、
繰り返し訪れることに後ろめたさや、
依存しているのではないかと
心配になられるようなのです。

「非日常の体験は日常を変える力がある」
と僕は信じていますが、一方で、
「日常は次第に色あせてくる」
とも思っています。

ご質問いただいた方の心境というのは、
誰もが感じることでしょう。

当初の感動が薄れ、新鮮さを失うことは
ごく自然な当たり前の事であって、
だからこそリトリートの意義が
あるのだと思っています。

日常に埋没することなく、
かといって非日常に逃避するばかりではなく、
両方を行き来することに
意味があるのだと思います。

ふりだしに戻ったように思えても、
紙一枚向上しています。

無駄なことはひとつもありません。

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「前向きになれる5日間」30代女性

私の夏休み史上、
いや人生の中で最も自分と向き合え、
前向きになれる5日間でした。

楽しく生きていけそうです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「私の宝物」50代女性

自分の体や心と忙しさを言い訳に、
いかに向き合ってこなかったかを痛感しました。

それに気づかせていただけた5日間は、
私の宝物になりそうです。

これからもここでのことを胸に、
少しずつ自分を探究していきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「価値ある夏休み」30代女性

普段の当たり前の感覚をリセットできて、
味覚だけでなく自分の体と向き合えました。

食べるのが好きですが、
もっとおいしくこれから食べられる気がします。

運動も好きですが、
もっと自分の体を見ながら
やっていきたいと思いました。

一番悩んでいた体の不調も、
気持ちの持ちようと呼吸法と、
好きなことをやっていくことで
うまく付き合える気がしています。

興味が出てきていた食と健康を
もっと深く勉強したいと思いました。

とても価値ある夏休みになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「禁欲的な感じかと」50代女性

もっと禁欲的な感じかと思っていたが、
自然にありのままの自分の身体と心を受け入れ、
環境を受け入れ、前向きに生きていく
という考え方がとてもよかった。

これからの日常生活で生かしていきたいと思う。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

昨日の夕方、
神奈川で暮らす娘が、
急に帰ってくると、
かみさんから連絡がありました。

娘は3ヶ月くらい前から、
彼氏と一緒に暮らし始めていたので、
これはもしかしたらと思い、
早めに帰宅しました。

家に着くと、
身なりを整えたふたりが、
少し緊張した面持ちで座っています。

これは、もしかしたら、
と思っていたら。

目の前に座った彼氏が、
僕の目をしっかり見つめて、
「昨日、娘さんにプロポーズしました。
 つきましては、結婚させてください」

ついに、こんな日が来ました。

穏やかでしっかりしている彼氏なので、
「こちらこそ、娘をよろしくお願いします」

薬指に婚約の指輪をつけて、
とても幸せそうな二人を見ていると、
こっちまで、幸せな気持ちになってきます。

7年前から、家を離れて生活しているので、
それほど、さみしいとは思わないけど、
感慨無量ですな~。

若い二人を見守ってあげようと思います。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ