『 やすらぎ通信 』瞑想リトリート

『 やすらぎ通信 』 第711号 201811.20

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は青空が広がり、
晩秋の穏やかな日が降り注いでいます。

ソラと海もテラスで日向ぼっこ。
ぐで~っと寝転がって、気持ちよさそう。

201805201530000

201805201530000

今日は午後からみんなとドライブ。
大室山から富士山が見えるかな~。

黄色のイソギクの花が咲く伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】瞑想リトリート

【2】気づきの瞑想リトリート
12月15日(土)1泊2日本館

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】瞑想リトリート
━━━━━━━━━━━

先週の土日の1泊2日、
「ハート瞑想リトリート」がおこなわれました。

心理療法士のよしひろさんの誘導による瞑想は、
優しい音楽のように、心に染み渡りました。

来月は、僧侶の入山文章さんによる、
お坊さんから教わる「気づきの瞑想リトリート」が、
12月15日(土)におこなわれます。

お坊さんが教える瞑想ってどんなんだろう?
って思う人もいるかもしれませんので、
今回は、入山文章さんのブログの記事から、
瞑想とマインドフルネスについて、
転用して、紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

~ 入山文章さんのブログより ~

「瞑想という心のスキル」 

瞑想とは、常日頃から散漫に動き回っている「心」を
自分自身の内にある〈いま、ここ〉に落ち着かせる、
一連のトレーニング法であります。

身と心とをあるがままに寛がせ(脱力、リラクゼーション)、
感じることを通じて「気づき」の領域に入ってゆく。

これにより心と体が一つに帰り(マインドフルネス)、
集中した状態で深い安らぎと癒しを得られます。

それこそ、瞑想が「最高の休息法」と言われる所以であります。

心と体がバラバラで体の声を聴くことが、
不得手になっている現代人にとって、
瞑想(マインドフルネス)は、
もはやマストな「心のスキル」ではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「これぞ、マインドフルネスの妙味!」 

まずは体をゆっくり伸ばして(ストレッチ)、
程よくほぐれたところで背筋を伸ばして
“リラックスして”真っ直ぐ座ります。

静かに眼を閉じて
一息一息 丁寧に呼吸する

ゆったり静かに息を吸いながら
からだのなかをよくよく感じる

ゆったり静かに息を吐くたび
からだから余計な力が抜けてゆく

一息 一息 ていねいに
一息 一息 ゆったり静かに

普段あくせく飛び回っている心が
おのずと「今」に帰って来る

ないものを探さず求めず
あるものを拒むこともなく

ただ 優しく 息を する

優しく 息を 吐くたびに
身も 心も 脱力してゆく

そして心は おのずと
あたたかい「いのち」に触れてゆく

これが『そわか』の瞑想。
マインドフルネスの妙味を深く味わえます。

これ以上言葉にするのは“野暮”でありましょう。
本物は、その身と心でご賞味あれッ!

合掌

■ 入山さんのブログ~開運招福~

━━━━━━━━━━━
【2】気づきの瞑想リトリート
━━━━━━━━━━━

お坊さんから教わる「気づきの瞑想リトリート」
2018年12月15日(土)1泊2日・やすらぎの里「本館」

横浜にある瞑想スタジオ「SOWAKA」の代表で、
僧侶の入山文章さんの瞑想レッスンと、
シンプルだけど深いお話を伺います。

やすらぎの里、初のお坊さんとのコラボ企画。

入山文章

瞑想レッスンの特徴--?
〇ゆっくり言葉でリードしてもらえるので、
初めてでもスムーズに瞑想できます。

〇お経を聴いて、自然と心身が引き締まります。
瞑想に入りやすい空気にするために(数分)お経を読みます。

※特定の宗教の勧誘などは一切ございません。

お坊さんならではの心に染みるお話しと、
やすらぎの精進料理と温泉で、
心も体もやすらいでください。

■ お申し込みはこちらから↓

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は11月4日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

一週間、秋晴れが続いて、
とっても気持ちのいい週でした。

みなさん、よくお散歩に出かけたり、
テラスでぼ~っと海を眺めているのも、
気持ち良さそうでした。

伊豆高原の自然をたっぷり味わう、
自然の中のリトリートです。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「小さな光」30代 女性

やすらぎの里は「やすらぎ」という、
それ自体は目に見えず、
測ることもできないものを
誰もが穏やかに感じ取れるよう、
形作っている場所だと思いました。

それぞれの日常へ帰った私達が、
疲れ、傷つき、前に進めなくなったとき、
振り返れば、いつも同じ場所に小さな光が見えて、
自分にはあの場所がある、
あそこへ行けば大丈夫と思える。

すぐに行くことはできなかったとしても、
その光のおかげで、
今、自分がどこにいるのかが分かる。
そんな灯台のような存在であり続けて欲しいです。

一週間、本当にありがとうございました。
また来ます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生活の質を高める」60代 女性

忙しく毎日を過ごし、
自分では改善できない状況を抱え、
なんとか軌道修正できればと考え選びました。

生活の質を高める、
参加して、まさにその通りのプログラムでした。

細かく考えられたプログラムを通し、
自己改善に向け、
寄り添っていただいたと思っています。

ここでの体験を家に帰ってからの生活に、
生かしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気持ちいいことだと実感」30代 女性

食を楽しむこと、味わうこと、
よく噛むこと、身体を動かす、
リラックスする、よく寝る、
普段なかなかできないことだけど、
ここに来て、それがとても
気持ちいいことだと実感しました。

先生やスタッフのみなさんの
笑顔や優しさにも癒された一週間でした。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「すべてが揃ってこそ」40代 男性

先生、スタッフのみなさん、
施設、プログラム、食事、自然、
そして集まるメンバー!

このすべてが揃ってこそ、
「やすらぎの里」なんだと感じました。

ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食を見つめ直す」30代 女性

断食は食のわずらわしさから、
解放されることではなく、
自分にとっての食を
見つめ直すことなのだと感じました。

先生やスタッフのみなさん、
楽しいゲストのみなさん、
かわいいワンコにもやすらぎをいただき、
心地よく過ごせました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今回もすっきり軽く」50代 女性

3回目になりますが、
とてもやすらげ、楽しく、
ときに体が筋肉痛だったりの、
すべてが楽しい思い出になって、
また戻ってきたくなります。

知らず知らずのうちに、
体を固くこわばらせていたのを実感。

今回もすっきり軽くなりました。
感謝の思い出、満タン!
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

前回取り上げた「繊細で敏感な人」
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の記事には、
多くの方が関心を持ってくれました。

うちのかみさんも、本を読んで、
「私もこれかも」と話しているくらいです。

先日「ハート瞑想リトリート」をやってくれた、
心理療法士の物部さんが、HSPに詳しいので、
今度、HSPのためのリトリートを
やろうかという話になっています。

詳細が決まったら、
ホームページとメルマガでお知らせしますね。

大沢

●HSP(敏感で繊細な人)

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ