『 やすらぎ通信 』花粉症と断食

花粉症と断食

『 やすらぎ通信 』 第722号 2019.2.19

~ やすらぎの断食先生
大沢が教える、心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲が広がり、
午後からは雨の予報。

日差しがないので、
少し寒く感じますが、
花粉症の人は、少し楽かな。

河津桜

駅前の河津桜が見頃になった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】「花粉症と断食」

【2】やすらぎのレシピ

「豆乳の味噌汁」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら


【1】花粉症と断食

天気予報でも花粉情報が、
発表される時期になりましたね。

そろそろ鼻や目がむずむずしてきた、
という方も多いようです。

そこで、今週は花粉症と断食についてのお話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「免疫細胞とアレルギー」

アレルギーの症状の多くは、粘膜か皮膚に出ます。
粘膜も皮膚も体と外界との接点。

人間の最大の粘膜であり、
皮膚が「腸」です。

その腸の中に免疫細胞の7割がある。

体を守る免疫細胞が過敏な状態になると、
反応しなくていいものにまで、
過剰に炎症反応を起こしてアレルギーが、
引き起こされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食で腸を休める」

断食で一定期間食べ物を入れないと、
腸内の刺激が減るので、
腸の炎症が治まり、粘膜の修復が進みます。

口内炎があるときに、
味の濃いものや辛いものを食べると、
傷に染みて、痛いですよね。

腸内は痛みは感じませんが、
それと同じことがおこっています。

花粉が本格的に飛び始めるこの時期に、
断食で腸を休めてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「味噌汁ファスティング」

腸の働きを高めるためには、
まず、腸内環境のリセットをします。

朝昼を抜く「半日のプチ断食」か、
夕食一食だけ抜く「夕食断食」

この時期にやるんだったら、
食事の代わりを味噌汁にする、
「味噌汁ファスティング」がおすすめ。

日本人って、食事は取れなくても、
味噌汁を飲んだだけで、
なんか食事したって気分になれるんだよね。

長くなったので、続きは来週。

来週は、自宅でおこなう
「味噌汁ファスティング」のやり方を紹介します。

■ 断食について


【2】やすらぎのレシピ

「豆乳の味噌汁」

いつものお味噌汁に豆乳が加わると、
コクのあるポタージュのように仕上がります。

豆乳の味噌汁

<材料> 4人分

里芋 4個(大き目の乱切りにしてぬめりを取っておく)、
かぶ 2個(くし切り)、白菜 2枚(そぎ切り)、
揚げ 1枚、(大き目の短冊切り)、細ネギ(小口切り) 
出汁 600cc、豆乳 200cc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、出汁に揚げと里芋を入れて煮る。

2、里芋に竹串がスーッと刺さったら、
カブを入れ8割煮て、両方取り出しておく。

3、白菜を入れ2分ほど煮て、
これも取り出しておく。

4、出汁に味噌を入れ、濃いめで味を付け、
豆乳を入れて沸騰させないように温める。

5、お椀に具を盛り汁をそそぎ、
細ねぎを散らす。

※味噌汁ファスティングのときは、
お野菜の具を入れないで作ってね~。

■ やすらぎの食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は2月8日から、
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月から深澤先生の後を継いで、
高原館の面談や講座を担当している、
叢(くさむら)です。

今回も赤面しながら皆さんの前に立ち、
緊張の連続でしたが、
本当にゲストの皆様にあたたかな空気を
作っていただき、感謝の週でした。

「気づきの場」をつくる。

それはゲストの皆さんが安心して、
ほっと安らげる場所をつくることなのかな、
と感じています。

叢さん -

「目的が同じ人たち」 30代 女性

心の余裕、ゆとりの大切さ、
母の大切さ、有難さ。

あと「がんばる」ことだけにとらわれて、
心がカサカサになっていることに、
改めて気づけました。

程よい距離感で周囲に、
同じ目的を持った人たちがいる
心地良さも久々に感じられる時間でした。

来る度に改善や新たな工夫がされていて、
いつも感動します。

今回も本当にありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「やっぱり来て良かった」 60代 女性

やっぱり来て良かったと実感。
すべての方々が暖かくwelcomeです。

くさむら先生の誠実さと熱心さに感動しました。
また来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の余地が拡がった」 60代 女性

他の利用者さんとふれ合い、多種多様な
生き方を、あたりまえのことですが、感じて、
少し自分の余地が拡がったかな。
いろいろ何かとありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「またぜひ参加したい」 50代 女性

初めての断食でしたが思いもよらず、
頭痛、嘔吐をしてしまい、私にとって
ハードなものだったなと思いました。

でも体がきれいになるということは大事で、
その機会を得られて、
とても良い経験が出来ました。

またぜひリピーターとなって、
参加したいと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コンビニスイーツ」 50代 女性

コンビニでスイーツを買ってしまうのを
止めようと思いました。

歩くことが基本と分かりました。
つま先を上げて歩き方を、これだ!
と思いました。
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/blog/category/voice


【4】 編集後記

河津桜は早咲きの桜で有名ですが、
伊豆高原には「熱海桜」「土肥桜」「寒桜」など、
早咲きの桜があちこちに咲いています。

小さな黄色の花が可愛いミモザも咲き出して、
気分はすっかり春の伊豆高原です。

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/blog/category/diary

コメントをどうぞ