『 やすらぎ通信 』断食中の酵素ドリンクについて

『 やすらぎ通信 』 第726号 2019.3.19

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲の間から、
穏やかな春の日差しが差し込んでいます。

今朝の散歩は「池の里山コース」

気持ちよさそうに鳴くウグイスの声を聴きながら、
静かな里山をのんびり散歩しました。

散歩中に足元を見たら、
つくしがたくさん伸びていました。

つくし

春を感じる里山ウォーキング。
澄んだ空気も気持ちよかった~。

大寒桜の花びらが舞い散る伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】断食中の酵素ドリンクについて

【2】はるか先生デビュー!

【3】養生館の体験談

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら


【1】断食中の酵素ドリンクについて

やすらぎの里では、
断食中もいろんな飲み物が出ます。

酵素ジュースや生姜紅茶など、
断食中に出る断食反応を軽減し、
断食が辛くなく出来るようにサポートしています。

やすらぎの里の酵素ドリンクは、
季節の果物で作った、手作りの酵素ジュース。

手作りで、火入れをしていないので、
酵母菌が生きたまま入っています。

酵素ジュース

酵素ドリンクに関しては、
この頃、賛否両論あります。

白砂糖をたくさん使って作ったものが、
本当に健康にいいのか?

確かに白砂糖そのものは精製された糖なので、
たくさん取るのは控えた方がいいものです。

それなのに、なぜやすらぎの里では、
酵素ドリンクを出しているのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「酵素ドリンクを出す理由」

発酵食品は腸内環境を整えるために、
とても効果的な食べ物です。

これは誰もが認めることだと思います。

しかし、断食中は胃腸を休めるために、
固形物を取らないので、液体の状態で、
発酵食品を取るために、酵素ドリンクを出しています。

酵素ドリンクの元の果物の酵素を作るときに、
果物を発酵させるために糖分がないと発酵しません。

それも砂糖を決まった量入れないと、
雑菌が繁殖して、酸っぱくなってしまいます。

適度に発酵させて、雑菌の繁殖を防ぐために、
酵素の元を作る際は、砂糖は欠かせないものなのです。

やすらぎの里では、雑菌の繁殖を防ぐために、
瓶はアルコール消毒をして、
かき混ぜるときは、手をしっかり洗い、
雑菌が入らないように、きっちり管理しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「酵素ドリンクを過信しない」

いくら発酵食品とはいえ、
糖分が多いものなので、
普通に食事を食べているときに、
あえて飲む必要はありません。

これはあくまでも断食中に、
胃腸を休めながら発酵食品を取り、
最低限の糖分や果物のエキスを取るためのもの。

美味しいからといって、
普段から飲む必要はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、酵素ドリンクの会社が宣伝しているように、
ファスティングをするときは、
酵素ドリンクは欠かせないものだというのも言い過ぎ。

酵素ドリンクじゃなくても、
ファスティング(断食)の効果はあります。

ちなみに、やすらぎの里では、
酵素ドリンク以外にも、甘酒豆乳ドリンク、
寒天オリゴドリンク、もろみ酢ドリンクなど、
腸内環境を調えるドリンクを出しています。

■ 断食について


【2】はるか先生デビュー!
養生館の小針先生の後を引き継いでいた、
深澤先生こと、イケメン王子の「はるか先生」

先日、引継ぎを終え、
養生館の新たな館長としてデビュー!

ゲストのみんなの温かい応援で、
素晴らしいスタートです。

はるか先生 出航

~養生館・はるか先生より~

小針先生から養生館を引き継ぎ、
館長デビューの週。

正直不安な事もあったけれど、
皆さんに支えられ、この日を迎えられました。

サプライズでお祝いまでしていただきました。

断食に関わる仕事をする事が一つの夢で、
やすらぎの里でこうして夢が叶っていることに、
改めて感謝した日でした。

これからはリトリートの持つ可能性を
ここ養生館で探求していきたいと思っています。

はるか出航!

■ 養生館のイケメン王子「心のやすらぎブログ」


【3】養生館の体験談

今回は養生館に3月12日から4泊5日滞在し、
はるか先生のデビューに立ち会った、
筒井さんの「養生館の体験談」を紹介します。

筒井さん

4泊5日の断食リトリートを終えました。

やすらぎの里の素晴らしいところは
我慢ではないこと、
ここに来て我慢をしても
家に帰ったらまた同じこと。

全てのプログラムは、
自分でも出来るよう考えてあります。

なので、
テレビもなく、
食べるときは、食べていることに専念します。

色や形、香り、舌触り、味、
どこの歯で噛んでいるか、
唾液は出てきたか、
五感を使って味わい食べます。

本当に少食でも満足できました。

その少しのお料理が、
とても丁寧に作られているものばかりでした。
氣が入っている料理なのでしょうね。

そして、野生を取り戻すというか
空腹でトレイルウオークをして、
日に日に身体が軽くなり、
あれ?わたし案外動ける!
って、嬉しくなります。

普段は食べ過ぎで、
身体が重かったのですが、
体重が減る喜びを味わうと、
家に帰っても、節制しようと思えますもんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しくいっぱい食べるのも楽しいですが、
時には見直してみると、お肌は正直です。

本当に特にお手入れもしないのに、
毎日の温泉とスタッフさんが作った、
ハーブのスプレーやジェルを塗っていると、
ピカピカになりました。

今回は、子供が三人いるけど、
思い切って18年ぶりに、
1人で出かけてきましたというお母さんや、
このままでは育児ノイローゼになると、
頑張って来た女性や、
とにかくトレイルウオークをしたくて来た!
という方、それぞれでした。

あっという間に仲良くなり、
でも、1人で本を読む自由もあり、
1人でお散歩したり、
一人でサーフィンしに行ったり、
お昼寝したり、
やりたいことを存分に、
自分に与えてあげられます。

みんな、そうすると決めて来ているのです。

我慢する断食とは程遠い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんというか、
何でも自分で決めて良くて、
褒美をあげる時間。

ちょっとだけ食べるコースと
断食コースが選べます。
宿泊も二泊三日もありです。
自分で選んで良いのです。

たくさん教えてもらう時間もあります。
これも参加は自由。

声を出し続けて雑念を入れない
倍音声明(声を出す瞑想)
慈悲の瞑想、太陽礼拝は、
とてもスッキリさせてくれました。

先生方は、普通にご飯を食べたり、
ジャンクフードもたまには食べますよ。
毒もたまには入れないと偏るでしょと、
言われてました。

食べ過ぎた自分を責める必要はないと言うことです。
気が楽になりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝、あの伊豆高原のリスのいる森で、
トレイルウオークをしたとは思えない、
日常に戻って来ました。

明日からは仕事です

でも、ふと食べている時に、
最初にありがとうを3回唱えようとか、
お箸を一回おこうとか、
一口目は30回かもうとか、
思い出すと思います。

それが、日常で出来る瞑想。

そのことに専念することだそうです。

絵を描いている時、好きな事をしている時も、
瞑想なんだそうですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はるか館長さん
デビューウィークおめでとう!
ハリー先生、新たな旅立ちおめでとう。

スタッフの皆さん美味しい食事ありがとうございました。
カメラマンさん、楽太郎さん、
クリスタルボウルの先生ありがとう。

大沢先生いつも
ありがとうございます(^^)
娘と参加できて楽しかったです。

ご一緒した大好きなみんなありがとう。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

先週は養生館で、
はるか先生の動画を撮るために、
みんなの様子を周りからそっと観察。

はるか先生も始まるまでは緊張した面持ちでも、
プログラムが始まってしまえば、
堂々と自分の言葉で伝えていました。

そういえば、3年前に養生館がオープンした時も、
小針先生の写真を撮ったな~。

みんなに支えてもらって、
成長していくんだと、感慨ひとしおでした。

養生館は予約にゆとりがあるので、
思い立ったら、すぐ参加できます。

新たな養生館で、
心と体を整えてみませんか。
養生館の寄せ書き

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ