『 やすらぎ通信 』 第50号 腸をきれいにする その9

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  『 やすらぎ通信 』  第50号 週刊 2005.04/15
~ 断食のプロが教える・からだの内側からきれいになる方法 ~
    やすらぎの里・ホームページ http://www.y-sato.com/  
  新着情報と日記ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【このメルマガは】
「断食のプロ、やすらぎの達人・大沢」が、毎日ゲストの方にアドバイス
している食事や運動、お料理レシピなどをみなさんに紹介するために
発行しています。
できるだけたくさんの方が、やすらぎに満ちた毎日を送れるように、
さらに、その人らしい幸せな生き方のお手伝いができれば嬉しいです。
【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 腸をきれいにする その9
「腸の働きを高める 食事編」
 【2】 やすらぎの台所から
    「竹の子団子」 
 【3】 寄せ書きから
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 腸をきれいにする
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「腸の働きを高める 食事編」
冷たいものの他に気をつけたいことがもうひとつ。
それは辛いものの取りすぎです。
辛いものはからだにいいものだと思って、意識的に食べるように
してる人いませんか?
「だって辛いものはからだにいいって、テレビでいってたもん。
韓国の人だってキムチ毎日食べてるじゃない!」
気持ちはわかります。テレビの影響力って大きいですからね。
だけど、韓国の人は何百年も辛いものを食べているので、
それに対する適応力が出来てるんです。
それに比べて、日本食には辛いものが少ないので、
まだあまり適応できていないのです。
辛いものは刺激が強いので、胃や腸の粘膜に対してかなりの
刺激になります。
特に、粘膜や皮膚が敏感なアレルギーの人は気をつけてくださいね。
だって考えてみてください。
キムチを顔に塗って、そのままにしておいたらどうなると思います?
真っ赤になって赤くただれるでしょう。
辛いものを食べ続けていると、胃や腸の粘膜も真っ赤になってただれてきます。
特に、アレルギーの人はもともと粘膜が過敏な傾向があります。
粘膜の炎症がひどくなると鼻粘膜や皮膚にも波及して、鼻炎や皮膚炎を
誘発する原因にもなります。
さらに悪いことに、辛いものを食べ続けていると、胃腸が常に炎症で
熱をもっているような状態になります。
そうなるとそれを冷やすために、冷たいものが欲しくなってしまうのです。
だって、辛~いカレーを食べたら、冷たいお水が美味しく感じますよね。
しょっちゅう辛いものばかり食べていると辛い刺激や、冷たい刺激で
胃腸の粘膜が荒れてしまいます。
実は、辛いものなど刺激物的な食べ物は、ストレス解消になるのです。
ストレスがたまっていると、刺激的なものを食べて、ストレスを
発散しようとしているのです。
かといって、辛いものを完全にやめるのも寂しいですよね。
私だってたまにはカレーやキムチ、食べたいときがありますから。
だから、刺激物はたまにしましょうよ。
日本には美味しい和食があるんですから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 やすらぎの台所から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「竹の子団子」 
竹の子がたくさん取れたときに根本の少し硬いところももったいないので、
なんとかおいしく食べる方法はないものかと考えてつくったのがこれです。
団子にしておけばお吸い物やスープに入れたり、ミートボールのように
あんかけにしたりと応用は自由です。
「材料」
竹の子 300g、鶏肉200g、卵1個、生姜ひとかけ
片栗粉大さじ4、塩、醤油少々
「作り方」
1、竹の子をすりおろして水気をしぼる
2、1と鶏肉をフードプロセッサーにかける
3、2に生姜のすりおろし、塩、醤油、卵、片栗粉を加えよく練る
4、2~3cm位のボールに丸め、片栗粉をまぶして油で揚げる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
やすらぎの里では来ていただいた方が、お帰りの際に、寄せ書きを書いて
もらっています。滞在中の感想から感謝の声まで、すべてスタッフみんな
の活力になっています。
その中の一部をご紹介させていただきます。
————————————————————–
3度目の滞在で初の3日断食に挑戦しました。
不安もありましたが、以外に元気に過ごせました。
はいてきたGパンがゆるくなってびっくり。
体だけでなく、気持ちもとてもリフレッシュできて、またびっくりです。
桜もベストシーズンで、今年度はさい先がいいスタートとなりそうです。
今度は食事のコースで伺いたいです。
ありがとうございました!
30代 女性
————————————————————–
一週間お世話になりました。
断食はつらいときもありましたが、お花見や宝地図ワークなど
楽しいプログラムでいい気分転換になりました。
なんといっても回復食のおいしさ!
食べることの幸せを再認識できました。
ここにきて頭も体も心もリセットでき、自分を見つめ直すことができました。
一緒に滞在した方々とも、とても良い出会いができました。
本当にありがとうございました。
20代 女性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、息子の友達のゆたか君の家のお父さんから「竹の子が出てきたら、
よかったら竹の子掘りに行きませんか」と電話がありました。
休みの日だったので、すぐに「は~い、すぐに行きます!」と二つ返事で
OKしました。
すぐにかみさんと野良着に着替えて、首にタオルを巻いて、
軽トラにスコップを積んでお出かけです。
それはもうどこから見てもりっぱな田舎の夫婦です。
道路の脇に車を止めて、山の中に入っていくと、急に竹林が広がりました。
あたり一面に広がる竹の緑。
風にそよぐ笹の葉の音。
山にこだまするウグイスの鳴き声。
そこに立っているだけで気持ちのいい場所でした。
あたりの景色に見とれていると「お~い、こっちにあったぞー!」
さっそくゆたか君のお父さんが竹の子を発見。
頭だけちょこんと出した、竹の子の周りを丁寧に掘って、最後にグサッと
根本にスコップを突き刺すと、立派な竹の子が出てきました。
それから30分くらいの間に、8本の竹の子を掘りました。
これから一週間位したら、いやになるほど出てくるそうです。
やっぱり食べるものを自分の手で取るって、ワクワクしますね。
今度はゲストの方と一緒に行こうと考えています。
大沢
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お問い合わせ
▼やすらぎの里 TEL 00557-55-2660 電話受付時間 (AM9:00~PM9:00)
izu@y-sato.com 【 ご意見・ご感想・資料請求・お問い合わせ 】
http://www.y-sato.com 【 滞在メニュー・予約状況・予約申し込み 】
http://plaza.rakuten.co.jp/ysato/ 【 やすらぎの里日記ブログ 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ