「断食したい!」と思えたあなたに 養生館館長 小針佑太

養生先生

断食施設を検索し訪れる人には、多かれ少なかれ、現代社会の中でつもりつもった心と体の澱を、きれいさっぱり洗い流したいという要求が潜在的にあるのではないかと思います。

いかんせん、日々のスピード感が速すぎるために、しなければならないことが多く、立ち止まって、ゆっくりと自分の心と体をみつめ、いたわる余裕がありません。

短時間に次から次へとスイッチを切り替えながら走り続ける私たちは、多くのエネルギーを無駄にし、悩みをたくさん抱えることになりました。

現代のストレス、不幸感、病気の主な原因は、まさにここにあるのではないでしょうか。

「断食したい!」という欲求の核心にある、ソフトなリラクゼーションという、ぬるま湯では得られなかった充実快感を、エッジの効いたプログラムによって提供したいと考えています。

養生館のプログラムコンセプト

「シンプルを深める」

環境を変え、たっぷり時間があります。

時間と心を贅沢に使い、「一点集中」で「専念」します。

「食」味わうことに、
「息」呼吸することに
「動」歩くことに、
「想」瞑想することに、

「徹する」ことによって、訪れる「静けさ」と「清らかさ」

例えば、30分呼吸法に専念してみる。

苦行ではありませんが、少しだけ壁を超えてみます。

自分で作り上げていた枠を、少しだけはみ出すことです。

これは内面的なもので、はっきり言って、地味です。

外見の華やかさはないかもしれません。

万人受けするような総花的な演出もありません。

むしろ、玄人好みといえるでしょう。

対象は一度でも断食しようと思えた人です。

あえて多少の歯ごたえも、歓迎されると踏んでいるところがあります。

「行」がもたらす、小さな成功体験を積み重ね、自信と自己肯定感に代えていきたいのです。

養生館に来ると、本来のいきいきとした自分に出会える、そんな風になれたらと思っています。

ボタン一つでなんでもできる便利な社会、インスタント志向な世の風潮からしたら、泥臭い実践かもしれません。

それでも、あえて生身の体験を重視したいのです。

急かされ、追いまくられ、駆け抜けてきた人にとって、養生館が時代と逆行する、なによりの贅沢になることを確信しています。

コメントをどうぞ