養生ブログ「今がすべて!」

『病気になると「病んでいるのが体である」ということを忘れ、その体の持ち主である人間(魂)までが、病気になってしまうことがあります。しかし病気は、持ち主が病まず、天の蒼さを知って動じなければ、夕立のごとく過ぎ去るものなのです。その熱も、痛みも、下痢することも、出血することも、それを制することを考えるより、心に息をみたして自然に経過させれば、自ら去って、あとは爽快な心と、清浄な体が残るのです。人間の体はそういう構造をしているのです。』

僕がこの道を志すきっかけのひとつに、野口晴哉の「整体入門」という本との出会いがあります。

生命観や病気観が覆され、この生命の働きを、この自分の体を、症状さえも、いとおしいと感じることができるのだと感動したのを覚えています。

今週も家族で来られたゲストがいます。

大学1年生の娘さん。

受験勉強中から悪化し始めたアトピーが、いよいよ全身にひろがり、顔も真っ赤になっていました。

年頃の女の子、青春真っただ中です。

それなのに、病気であるために、消極的になってしまう。

1度しかない人生、しかも青春は今しかないのです。

以前にも同じようなケースに遭遇しました。

ゲストで来られた、年頃の息子をもつお父さんから相談を持ち掛けられました。

息子さんは幼いころからアトピー性皮膚炎で、成長して一時快方に向かったが、またここ数年悪化しているということでした。

顔面に炎症が目立ち、いつもマスクをして伏し目がちで学校に行っているという。

お父さん曰く「代われるものなら代わってやりたい」

これが偽りなき親心でしょう。

多感な時期、青春真っ只中です。

本人なりに必死に、食事や洗剤など気を付けているという。

ステロイドの恐怖から、脱ステロイドを試み、過酷なリバウンドも経験していました。

僕は自身の経験も踏まえ、自然的な方法にあえてとらわれず、薬剤の使用を勧めました。

ステロイド剤の正しい使い方を指導し、並行して、薬剤の容量を減らし、しだいに断薬に仕向けて行くような徹底した生活指導、体質改善指導を行ってくれる名医を紹介しました。

とにかく、人目に付く顔の症状を一刻も早く収め、友人と大いに遊び、いっぱい恋をしてほしいと思ったからです。

舌鋒鋭く、薬剤の恐怖をあおるのは簡単です。

しかし、その恐怖がどれだけ人を苦しめ、回復を阻んでいるか、想像できないのかと問いたいのです。

人には心があります。

薬剤の功罪を踏まえつつも、現代に生きる者として、その恩恵をうまく活用しつつ、導いていくのが、「仁術」というものではないでしょうか。

「私は病人に関しては、病気を治すことが救うことではなく、本人にどれだけ喜びを感じさせるかということを第一に考え、接しています。」

沖正弘の言葉です。

野口先生、沖先生、私淑する二人の師の言葉は通底しています。

若輩ではありますが、師に続き、僕なりにその道を進んでいくつもりです。

養生館での講座やプログラムで僕が伝えたいことは、理屈ではなく、そうした思いなのです。

コメントをどうぞ