養生ブログ【生と死のはざまに】

IMG_6812
職業柄、多くの方の相談を受ける。

無気力な人、混乱している人、自暴自棄の人。

人間は自分のことほどよくわからないものだ。

渦中にいるとき、客観性、冷静さを失い、思いもよらない行動に走ることがある。

そのときは、周囲の助言も耳に入らない。

むしろ反発しかわかないのだろう。

死の恐れは良くも悪くも人を駆り立てる。

突然の大病、そして余命宣告。

死にたくない、生きたい。

それが強さに変わることもあるだろう。

他方で、混乱の原因となる。

救い出したいと欲が出た。

僕もまだまだ未熟だ。

責めない
否定しない
変えようとしない

これを信条として相対しているのだが、時に、その人の心情を慮れずに、意見してしまう。

その人の背後にある歴史を抱きしめたいと思いつつ、表面しか見えないもどかしさ。

頭ごなしに責め、否定し、変えようとして、信頼を失ったり、逆にそのように対応され、失望した苦い経験をしているにも関わらず。

今日、養生館に遊びに来てくれた人がいた。

僕の言葉が妊活の支えになって、子どもを授かったと。

言葉はつくづく諸刃の剣だ。

超然として、存在感だけで癒せる人でありたいと思いつつ、今日も言葉を発する。

後悔と希望が交錯する中で

コメントをどうぞ