養生館のテーマ①

呼吸法

養生館では最終日の前日に、少しだけシェアの時間を設けています。
もちろん、苦手な方はパスもできます。

最近よくみなさんの話に出るのは、
「丁寧に生きる感覚」という言葉です。

シンプルすぎて人によっては、響かない言葉かもしれませんが、
僕はこの「丁寧に」が日常を輝かせるコツだと考えています。

漫然と生きる日々が輝くのには、非日常を感じるなどの
新しい刺激がきっかけになりますが、刺激も慣れてしまえば効果は薄くなります。

養生館では、瞑想をはじめ様々なプログラムがありますが、
いたずらに刺激を体に与えたり特殊なことを行うというよりは、
それらをきっかけに
「丁寧に行う。専念する」
この感覚を体にしみ込ませることに目的があります。

特に養生館では「瞑想」を毎日行います。

瞑想について、ジョンカバットジン博士はこんな風に述べています。

・・・・・・・・・・・・・

「瞑想とは」

意識的に現在を生きる。
どこか別の世界に行くことではなく、
自分がすでにいるこの場所で、この瞬間を精いっぱい生きること。

・・・・・・・・・・・・・

滞在中、自然とこの状態になることが出てきます。

そうなることで心身がととのい、
生きる実感が戻り、生き生きと世界が見えてくると思うのです。

コメントをどうぞ