「キンモクセイの香る道」

いつものように、テラを連れて、
朝の散歩に出かける。
少し歩くと、甘い香りがあたりに漂っていた。
キンモクセイが咲いたんだ。
やすらぎの里のある“浮山温泉郷”は、
キンモクセイの大木がたくさんあります。
やすらぎの里の庭にも何本か大きな木があり、
その花の香が、館内中に漂っています。
「天然のアロマテラピーね」
ゲストの方がそういって、
気持ちよさそうに庭を眺めていました。
中国では、この花を乾燥させて、
ウーロン茶などとブレンドして、
甘い香りをお茶でも楽しんでいるようです。


「今日のやすらぎ」
やすらぎの里の玄関の横に咲いたキンモクセイ。
甘い香りで、ゲストを出迎えてくれます。
キンモクセイ

“「キンモクセイの香る道」” へのコメントはありません。

  1. ちっく8625

    こんにちは、お初です。
    キンモクセイ、香り始めましたね!
    私は春に引越しをして、引越し先でもこの香りが楽しめてうれしく思ってます。そして、少々、実家を思って寂しくもなします。。

  2. やすらぎ大沢

    ちっく8625さんへ
    香りでいろんな思い出が蘇ることってありますよね。
    きっと今頃、実家でもキンモクセイがいい香りを漂わせてますね。

コメントをどうぞ