「夏おでん」

おでんといえば、冬の寒いときに、
熱々のものをふ~ふ~言いながら食べるもの。

今日は、そんなイメージを覆す、
夏に食べる、冷たいおでんを紹介します。

トマトが丸ごと入っていたり、
煮汁をゼラチンでジュレ風にしたり、
見た目にも涼しげな、おでんに仕上げています。

●夏おでん

「材料」
トマト、冬瓜、オクラ、
出汁、塩、みりん、薄口醤油、ゼラチン

「作り方」
1、トマトに切れ目を入れて、熱湯にさっとくぐらせて、冷水につけて、皮をむく。

2、鍋に出汁、塩、みりん、薄口醤油を入れ、湯剥きしたトマトを並べて煮て冷ます。

3、冬瓜とオクラは下ゆでして、出し汁で煮て冷ます。

3、トマトの煮汁にゼラチンを煮溶かしてバットに入れて、冷蔵庫で冷やしてジュレを作る。

4、冷ました野菜を皿に盛り、ジュレをくずして上にかけて出来上がり。

コメントをどうぞ