『 やすらぎ通信 』 養生館への道・その1

『 やすらぎ通信 』 第579号 2016.1.16

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

登録・解除はこちらから
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=yasuraginosato

●やすらぎの里・本館
http://www.y-sato.com/

●やすらぎの里・養生館
http://www.y-sato.com/youjyoukan/

●やすらぎの里・高原館
http://www.y-sato.com/kougenkan/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は時々薄日が差す曇り空。

年末年始が暖かかったので、
このところやけに寒く感じますね。

インフルエンザも流行っているようなので、
温かくして、睡眠も十分とって、
免疫力を高めてくださいね。

黄色いミモザの花が咲きだした伊豆高原から、
やすらぎ通信をお届けします。

【目次】━━━━━

【1】養生館への道

【2】養生館の週末プラン

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】幸せの実感
━━━━━━━━━━━

今回は、3月28日にオープンする、
やすらぎの里・養生館の館長となる、
小針先生の歩んできた道を掲載します。

小針先生の幅広い知識は膨大で、
健康はもとより、哲学、宗教・・・。

僕も分からないことがあったら、
何でも彼に聞いています。

歩く健康辞典、ヨガする哲学者、
静かに燃えてる草食男子・・・。

とにかく、話すほど、
文章を読むほどに魅力が、
じわじわ染み出してくるような味があります。

現在、小針先生はオープン前の充電のため、
一ヵ月間の有給休暇中。

いろんなことを吸収して、
3月のリニューアルオープンで、
思いっきり活躍してほしいです!

——————————————-

「養生館への道・その1」

「職業は何ですか?」
問われるたびに、首をかしげていました。

あん摩マッサージ指圧師?
ヨガ講師?
断食屋さん?

「会社員です。」

あながち間違っていないし、
無難なので、こう答えたこともありました。

断食施設に勤めていると打ち明けて、
好意的に受けとめてくれる方ばかりではなく、
怪しげなカルトか、危険思想家であるかのように、
白眼視されたこともありました。

今でこそ、断食は、
雑誌やテレビなどで取り上げられ、
自宅で週末断食する若い女性も増え、
認知されつつあります。

しかし、断食施設となると、
従来の「断食道場」のイメージが強く、
怖いところ、あやしげな宗教ではないかと、
不安に思われ、敷居が高くなっているようです。

だからこそ、自分とは何者なのかを、
ここであきらかにしておきたいのです。

——————————————-

「僕の手に触れるぬくもり、はかない生命、もう少しだけ」

指圧学校から帰る道すがら、
携帯にメールが来ました。

母からでしたが、
祖父が転倒し救急車で病院に運ばれたとのことでした。

僕はその足で病院に向かいました。

集中治療室にいるというので心配しましたが、
幸い意識を取り戻していました。

傘をさし、買い物の荷物を持っていたせいで両手がふさがり、
顔面から地面についてしまったようです。

顔面は腫れ、画像診断によると
脳内に出血が認められるとのことでした。

さらに今回の転倒によるものではない
過去の脳梗塞の跡が数ヶ所と、
加齢に伴う脳の萎縮が判明しました。

祖父とは会話することができましたが、
脳内のことだけに予断を許さない状態です。

——————————————-

僕は指圧の道を志す前に、
相次いで曾祖母、祖母を亡くしました。

曾祖母は認知症、
祖母は末期の癌でした。

認知症の曾祖母は老人ホームに入ってから、
どんどん記憶が失われ人格が破綻していきました。

明治生まれの江戸っ子でやさしい曾祖母は、
近くに住んでいたこともあり、
僕が赤ちゃんの頃からずっと面倒を見てくれました。

「ひいおばあちゃん子」を自認していた僕でしたが、
そんな曾祖母を直視できず、
またどこか怖いような気持ちになってしまい、
晩年は疎遠になってしまいました。

今でも悔やまれます。

——————————————-

病床に伏せてからも器具に囲まれ、
無理やり呼吸させられ、
生かされている曾祖母を見て、
現代医学の生命観と家族の死生観に疑問を持ちました。

それとは裏腹に、
今まで大好きだった曾祖母の手を触れてあげることも、
恐ろしくてできませんでした。

そんな自分の不甲斐なさを憶えています。

祖母も末期の癌で人工呼吸器や点滴などに囲まれ、
ただ無機質な病院のベッドで亡くなりました。

どうしてもっと心身に寄り添い、
手を握り、
触れてあげなかったのだろう。

後になって、
臆病で薄情な自分を嫌悪しました。

指圧の道を志した理由の一つには、
そうした曾祖母、祖母に対する
罪滅ぼしの意味があるように思います。

——————————————-

知識を身につければ、
その恐怖がなくなり、
気持ちをそのまま体現できると思ったのです。

僕はその日、
勇気を振りしぼり祖父の足を指圧しました。

祖父は「疲れないか?」と気遣ってくれました。

もう過去のことは取り戻せませんが、
曾祖母と祖母にあやまる気持ちで、
そして祖父の回復を祈って夢中で指圧しました。

気づくと祖父は、
気持ちよさそうにウトウトしていました。

僕は自分の命が続く限り、
手ひとつ握ってあげられなかった時の
不甲斐ない自分を思い出し、
指圧をしていくのだろうと思います。

街場で元気な人を相手に指圧をしていると
忘れてしまうものがあるようです。

死が肉迫する現場に立って、
僕は気づかされました。

これから誰に指圧する時も、
尊い生命と接しているのだという気持ちを
忘れないようにしようと思います。

来週に続く・・・。

■ やすらぎの里・養生館
http://www.y-sato.com/youjyoukan/

━━━━━━━━━━━
【2】養生館の週末プラン
━━━━━━━━━━━

養生館に興味はあるけど、
一週間のお休みを取るのが難しい。

そんなお声を沢山いただいていました。

スタッフの体制が整ったら、
短いプランも受けていこうと準備していましたが、
養生館でも「週末プラン」の受付を始めます。

養生館の基本のプランは、
毎週月曜日スタートの6泊7日の「一週間プラン」

養生館でおこなうすべてのプログラムができるので、
お休みが取れる方は、こちらがおすすめです。

週末プランは毎週木曜日からの3泊と、
金曜日からの2泊で、養生館を体験できます。

3泊で2日の養生断食、
2泊で1日の養生断食が体験できます。

これまで、浮山温泉の本館では、
一週間か1泊の体験プランしか受けていなかったので、
週末で気軽に浮山温泉の自然を
満喫したい方にもおすすめです。

■ 養生館の滞在プラン
http://www.y-sato.com/youjyoukan/stayplan/

━━━━━━━━━━━
【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

————–

デトックスとリフレッシュを兼ねて来ましたが、
予想以上に得るものがありました。

ゆっくり過ごしている中で、
自分のカラダと向き合えた気がします。

新たな出会いも、
続けていけたらいいな~。

先生、スタッフのみなさん、
本当にありがとうございました。

30代

————–

みなさんからいろいろお話もお伺いできて、
とってもためになりました。

糖依存から離れられるように、
帰ってからも続けてみます。

これからもこちらに時々伺って、
目標を達成したいです。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

今日の午後から、
やすらぎの里は一週間の冬休み。

全館クローズして、
僕もスタッフも充電期間です。

僕は今夜は東京で子供たちと、
熟成牛を堪能する予定。
(^m^ )

その後、久しぶりに岩手の実家に帰って、
祖母と会ってきます。

小さいころは母親が忙しかったので、
祖母に育ててもらったようなものです。

そんな祖母も95歳。
なかなか帰れないので、
一期一会のつもりで会ってきます。

先祖や両親の支えがあって、
今こうして、
自分の好きな仕事が出来ている。

そんな気持ちをしっかり伝えてこうようと、
思っています。

冬休みの間も予約や電話の受付はしているので、
ご予約もお待ちしております。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ