『 やすらぎ通信 』 脳疲労を解消

『 やすらぎ通信 』 第590号 2016.6.10

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

登録・解除はこちらから
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=yasuraginosato

●やすらぎの里
http://www.y-sato.com/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は久しぶりに、
青空がのぞく朝です。

今年の梅雨は、雨もそれほど多くなく、
適度な気温なので、いろんな花がきれいに咲いています。

アジサイもいつもの年より、
色も鮮やかで、花もたくさんついている気がします。

ワンコと散歩していても、
花の咲き具合に変化があるので、
毎日同じ道を歩いていても飽きないですね~。

青いガクアジサイが満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】脳疲労を解消

【2】若月さんの高原館の体験談
「男の断食リトリート3泊4日一人旅!」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】 脳疲労を解消
━━━━━━━━━━━

この頃、集中力がなく、
仕事が思うように進まない。

もの忘れや記憶力が低下している。
思考力や判断力が低下している。
注意が散漫になり、ミスが多くなった。

こんなことを感じていたら、
あなたの脳は疲れが溜まっているかもしれません。

こんなとき、やる気を出そうとして、
コーヒーを何杯も飲んだり、
甘いものを食べたり、
エナジードリンクを飲んでも、
一過性に元気になったような気がするだけで、
脳の疲労は解消されていません。

どこでもネットにつながれて、
大量の情報が流れ込んでくる生活は、
とても便利ですが、気を付けていないと、
脳に大きな負担をかけ続けてしまいます。

体の疲労は、大昔からある、
すべての動物が感じる単純な疲労です。

ところが脳の疲労は、
大脳が発達した人間だけが感じる(と思う)
複雑な疲労なので、気が付きにくいのでやっかいです。

特に、これからの梅雨の時期は、
天気が悪くて、屋内で過ごすことが多くなるので、
脳の疲労も溜まりやすい時期です。

————–

「脳疲労の解消法」

1、有酸素運動
2、睡眠
3、情報断食
4、自然の中に出かける

これらはすべて、野生の状態であれば、
当たり前にやっていたことです。

便利すぎる社会になって、
動かないで、頭ばかり使っていると、
体がもっている回復力が機能せず、
脳だけが偏って疲労する不自然な状態になっています。

脳の疲労が解消すると、
体は簡単な合図で教えてくれます。

「すっきりした!」って感じです。

すっきりしたというのは、
脳の疲れが回復したよという、
簡単なサインなんです。

やすらぎの里に滞在して、
最終日の朝を迎えたとき、
「すごくすっきりしました」
こんなに爽快な気分は何年もなかったです」
という方が沢山います。

日常から離れて、頭もお腹も空っぽにして、
しっかり休んで、しっかり動いて、
脳の疲労がすっかり解消し、
イキイキと働いているんですね。

やすらぎの里のプログラムは、
脳疲労を解消するためにも効果的ですよ。

■ 脳の疲労を取る、養生館のプログラム
http://www.y-sato.com/youjyoukan.html

━━━━━━━━━━━
【2】若月さんの高原館の体験談
━━━━━━━━━━━

若月さんは高原館のリピーターの方。
毎回、滞在の様子や気づいたことをアップしてくれます。

書くことを仕事にしている方なので、
僕たちスタッフもいろんな気づきをもらっています。

若月さん、いつもありがとうございます。
(^人^)

今回は、その内容の一部を紹介させていただきます。

————–

「男の断食リトリート3泊4日一人旅!」
http://kenstyle.jp/fasting-retreat/3/

2016年5月下旬、
日本一の断食リトリート施設に
3泊4日で滞在してきました。

僕は4年前から半年に1度、
静岡県の伊豆高原にある旅館のような施設に通っており、
今回で8回目となります。

普段はウェブ関係の仕事をしているので、
パソコンやスマホとにらめっこしている時間が長いです。

そのため、何もケアしないでいると
不健康になってしまうのですね。

そこで半年に一度のペースで、
心身のリラックス&デトックスを目的に
滞在することにしています。

————–

「断食合宿4日間のビフォー・アフター」
(この変化は初めて滞在した時のものです)

・体脂肪率が2.6%減り、カラダ年齢が実年齢になった
・自律神経検査での腎臓の数値が正常に戻った
・整体や鍼灸を受けてカラダの調子が良くなった
・お腹がスッキリして体調が良くなった
・食のありがたさに気づくことができた
・断食合宿を乗り越えられたのでなんとなく自信がついた

————–

「なぜ毎年、断食合宿に参加するのか?」

僕がリトリート合宿に参加するのは、
明確な3つの目的があるのです。

目的1:リラックス&デトックス

健康的な食事をすることで脂肪や老廃物を出して、
身体の内側からすっきり綺麗になります。

また、3日間毎日施術を受けることができるので、
身体が整えられます。

さらに、1日2回の岩盤浴を利用することで、
身体の芯から温まることができ、
体内の老廃物を排出させられる。

22時~23時に就寝で、
毎朝6時には起きる生活をしていたので、
滞在中は悪習慣を断ち切り、
良い習慣が身につきます。

また、露天風呂も1日3回入っていました。
男性は少ないので、
ほぼ貸し切り状態なのが嬉しいですね。

リラクゼーション講座も充実しているので、
朝の気功体操や森の中の散歩、
ヨガレッスンに参加することで、
深いリラックスを得ることができ、
心が落ち着きました。

————–

目的2:一人で静かに籠ることができる

日常生活を送っていると、
外部からの刺激がとても多いですよね。

そこで今回の4日間はメディアから発信される、
事件事故などのネガティブな情報は、
一切インプットしないように情報を遮断してみました。

すると、自然に自分と向き合えるようになりますし、
ポジティブな事を考えることが多くなりました。

さらに、自然に囲まれポジティブ思考な状態なので
良いアイディアも次々に浮かぶようになります。

僕にとって、「やすらぎの里(高原館)」は
自宅と職場以外の、第三の居場所なのだと思います。

それは、一人でいても寂しくない場所であり、
心の拠り所。

半年に一度ここに戻ってくることで
アタマ(思考)ココロ(感情)カラダ(肉体)、
それぞれにおけるメンテナンスをし、
エネルギーをフル充電させることで、
次の半年間も頑張れています。

————–

目的3:集中して一人会議に取り組むことができる

4日間の滞在中は自由時間が多く、
ゲストは好き勝手に過ごすことができます。

今回は天気が良かったので、
外へ出かける人が多かったのですが、
僕は30分のジョギング以外は、
ずっと施設に籠もっていました。

なぜならば、観光が目的ではなく、
自分の内面を探求する旅に、
じっくり取り組んでいたからです。

自由時間を使い、
合計で10時間を費やすことができました。

非日常である断食合宿期間中に、
一人会議が最適なのは、とても静かな環境で、
かつ身心共に健康になることができるからです。

心と身体が健康であれば、
自分と真剣に向き合うことができるので、
かなり集中して自分との対話
(セルフコーチング)を行うことができました。

————–

そういえば、あのビルゲイツも
「Think Week」と名付けた1週間を
年1回設けていたようです。

この間は仕事を一切せず、
集中的に読書をしたり、
様々なことをじっくり考える時間に充てる。

自動車の車検と一緒で、
人間も定期的かつ強制的に外に籠もって、
徹底的にフル充電する機会が不可欠だと思います。

それが僕にとっては断食リトリート合宿。

仕事が大好きでワーカホリックだからこそ、
休息も人一倍する工夫する必要があるわけですね。

■ 若月さんが滞在した高原館
http://www.y-sato.com/kougenkan/

━━━━━━━━━━━
【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は本館のゲストの声です。

————–

普段の生活ではなかなかできない、
体、頭、心のリセットができました。

風を感じたり、鳥のさえずりに耳を傾けたり、
食べ物やいろんなことに感謝できたり。

やすらぎの里からいい気をたくさんいただきました。
みなさん、ありがとうございました。

30代 女性

————–

今年もゆっくり休むことができました。
新しくなったやすらぎの里は、以前の雰囲気をそのままに、
バージョンアップした感じで、とても良いと思います。

また、来年お世話になります。
ありがとう!

50代 男性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

今朝は、本館のみんなを連れて、
養生館のプログラムになっている、
トレイルウォークに行ってきました。

海沿いの深い森の中の道は、
変化に富んでいて、
ゲストのみんなも大喜び!

朝からみんなでいい汗かきました。

その後、やまももが沢山なっていたので、
みんなで木からつまんで食べちゃいました。

森の中を駆け巡り、
自生している木の実をとって食べる。

みんな、野生のパワーがみなぎって、
生き生きとしていました。

頭を空っぽにして、体を動かして、
腹を減らして、自然のものを食う。

これぞまさに、リトリートの醍醐味!

便利すぎる社会で萎えてしまった心と体をリセットして、
野生の力を取り戻す「断食リトリート」です。

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ