『 やすらぎ通信 』 腸の冷えに注意

『 やすらぎ通信 』 第591号 2016.6.17

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

登録・解除はこちらから
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=yasuraginosato

●やすらぎの里
http://www.y-sato.com/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は霧雨の降る朝。

今朝は、ゲストのみんなと一緒に
トレイルウォークに行ってきました。

霧雨に濡れた森は、木々や土の匂いが漂い、
まさに森林浴です。

いや、森林浴なんてもんじゃなくて、
森のエネルギーのプールの中を歩いているような、
そんな感じでみんなと歩いてました。

たっぷり汗もかいて、
みんなすっきりしたいい笑顔になってます。
深い緑に包まれた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】腸の冷えに注意

【2】やすらぎのレシピ
「塩麹ドレッシング」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】腸の冷えに注意
━━━━━━━━━━━

腸内細菌の働きを活発にして、便秘を解消するめに、
発酵食品や食物繊維をたくさん取りましょうって、
雑誌やネットでもよく見かけます。

「腸活」なんて言葉まで出てきて、
それだけ、腸の働きが悪いって感じている人が、
多いんだな~って思います。

しかし、食べるものだけでは片手落ちです。

腸の働きを良くするために大切なことは、
腸を冷やさないようにすることです。

これからの時期は、
腸が冷えやすい時期なんです。

そこで、今回は腸を温めて、
腸の働きを活発にするための方法を紹介します。

————–

「腸を冷やしていませんか」

腸を冷やす一番の原因は、
冷たい飲み物の取り過ぎです。

特に、冷え性の方は、
冷たい飲み物は1杯だけにして、
後は温かいものか、常温のものにしましょう。

あと、腸の働きをよくするためにと、
サラダやヨーグルトを沢山とっていて、
結果的に腸を冷やしている場合もあります。

食事のときに冷たいものばかりにならないように、
冷たいものを食べたら、温かいお茶を飲むとか、
お味噌汁を飲むようにするといいですねえ。

————–

「腸を温めるために」

しかし、いくら腸のためのとはいえ、
これから暑くなってくると、
冷たいものも飲みたいですよね~。

そこで、おすすめなのが、
腹式呼吸と電気アンカです。

運動すると熱くなりますよね。
腸も同じで、動かすと血行が良くなって、
温かくなり腸の動きが良くなります。

特に、寝る前の腹式呼吸は、
副交感神経の働きを活発になるので、
二重に腸の働きが良くなります。

————–

もうひとつは、電気アンカを活用することです。

やすらぎの里に来たことがある人だと、
施術のときにお腹をホットパックで温められて、
とっても気持ちよかった覚えがあると思います。

あのホットパックは業務用なので効果ですが、
電気アンカだったら、一般向けなので、
安くて手軽に使えます。

毎日お風呂にしっかり入っている人はいいのですが、
いつもシャワーだけだという方は、
せめてお腹だけでも温めてあげましょう。

もう電気屋では売っていませんが、
アマゾンとかで調べるとたくさん売っていますよ。

お腹を温めると、内臓全般の働きもよくなるので、
代謝も上がり、疲れにくく免疫力もアップします。

腸を温めて、元気に梅雨時を乗り越えてください。

■ 腸の働きを活発にする食養生コース
http://www.y-sato.com/course.html#diet

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「塩麹ドレッシング」

今日は、ゲストの皆さんからご好評いただいている
ドレッシングのひとつ「塩麹ドレッシング」をご紹介します。

塩麹さえあれば、簡単に作ることができます。

やすらぎの里では、この塩麹をドレッシングの他にも、
お魚の塩麹焼きやトマトの塩麹漬けなどに使っています。

塩麹の作り方も書いておきましたので、
参考になさってくださいね。

————–

「塩麹ドレッシングの作り方」

~ 材料(4~5人分) ~

・塩麹    大さじ2
・亜麻仁油  大さじ1
・純米酢   大さじ1

~ 作り方 ~

材料を混ぜ合わせて、出来上がりです!

※量を増減したい場合は、
 塩麹2:亜麻仁油1:純米酢1の割合で作ってくださいね。
 亜麻仁油がない場合は、オリーブ油でも美味しく出来ます。

————–

「塩麹の作り方」

~ 材料 ~

・みやこ麹(200g) 1袋
・塩  60g
・水  300cc~400cc

1.大き目のボールを用意して、
  麹の塊がなくなるまで、しっかり手で揉みほぐす。
  
2.2の麹に塩を加え、手で擦り合わせるようにし良く混ぜる。

3.保存容器に2を入れ、水をひたひたになるまで入れる。
  蓋を上から軽くのせ、常温に置いておく。
  (麹の息ができるように、密閉しないように気をつけます。)

4.1日1度はかき混ぜ、麹が指で簡単につぶせる位になれば
  出来上がりです。
  気温にもよりますが、1週間から10日ほどかかります。
  表面が乾いてきたら、水をひたひたになるまで足してください。
  完成後は冷蔵庫にいれて保存します。

※少人数のご家庭なら、半量で作るのもおススメです。

※麹は種類がたくさんありますが、
やすらぎの里では一般的なスーパーでも手に入りやすく、
味もまろやかに出来上がる「みやこ麹」を使っています。

■ やすらぎの里の食事日記
http://www.y-sato.com/diary/yasuragifoods

━━━━━━━━━━━
【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は本館のゲストの声です。

————–

断食道場のイメージで参加しましたが、
大人扱いの一週間は、本当に自由で、
人生の振り返りをしながら、リラックスできました。

思いもよらないコリや心の疲れ、
生活習慣からくるクセを知ることもできました。

行き届いたおもてなし感、
滋味あふれる食事に感謝です。

50代 女性

————–

自分の体を癒し大切にすることの喜びを
体感することができました。

細やかな気配りで、
どこの空間にいてもホッとできる、
まさにやすらぎの里でした!

今度は大切にしたい人と一緒に来ます。

30代 女性

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

暑くなってきたので、
ソラ君、夏仕様にサマーカットしてきました。

まるで別人(別犬?)みたいにさっぱりして、
「かわいい~」ってみんなに好評です。

だけど、本人的には・・・。
もしかして、ふさふさの毛が自慢だったのかな。

「あんた、ちょっと切り過ぎたんとちゃう」
そんな風に目が訴えているような気がします。
(^^;)

まあ、あと1カ月もすると、だいぶ伸びてきますけどね~。

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ