『 やすらぎ通信 』 天命を信じて

『 やすらぎ通信 』 第613号 2016.11.22

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

●やすらぎの里
http://www.y-sato.com/

■━━━━━━━━━■

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

福島で大きめな地震がありましたが、
みなさんお住まいのところは大丈夫ですか。

伊豆高原は少しゆらゆらした位で、
ゲストの方も気づいてない方もいる位でした。

大きな被害が出ていないことを祈ります。

伊豆高原は昨夜からの雨も上がり、
青空が広がってきました。

本館のテラスからは、
紅葉に染まる伊豆高原と青い海が、
きれいに見えています。

ピンクの山茶花が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】天命を信じて

【2】やすらぎのレシピ
「豆乳クリームグラタン」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】天命を信じて
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里には、アトピーで悩んでいる方が、
毎週何名か来ています。

僕も子供が小さい頃に、アトピーが出たこともあり、
アトピーの治療法には関心があります。

養生館の館長の小針先生は、
自分がアトピーで大変だった時期があったので、
あらゆるアトピーの治療法を学び、
自分でも試しています。

そんな彼だから、アトピーに悩む人の辛さは、
人一倍よく分かるのでしょう。

今回は、小針先生の養生ブログから、
「天命を信じて」の記事を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全身のアトピーに悩む女性。

ステロイドを塗れば治まるが、
次第に容量が増え、
副作用の情報に触れる度に自己嫌悪に陥る悪循環。

食生活改善や、代替療法も実践してきた。

それでも治らない。

お会いした時、顔を真っ赤に腫らし、
薬や、医師への不信感をあらわにしているようでした。

女性にとって症状が顔に出るということが、
どれほどつらいものか、想像を絶します。

良心的な皮膚科医もたくさんいるのでしょうが、
症状を一瞥して、
ただ薬を処方するだけの診察もあって、
気持ちのやり場に困ることもしばしばです。

「ひどいね」
「なんでここまで放っておいたの」
「ちゃんと薬を塗らなきゃダメじゃないか」

頭ごなしに怒られたりして、
初めて会って私のことを何もわかっていないのに、
なんでこんな言い方されなきゃいけないんだろう。

「つらいのによくがんばってきたね」
「これから一緒に治していきましょう」

こんな言葉をかけてもらえばどれだけ救われるか。

共感してもらいたい。

それだけなのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

養生館滞在で症状が緩和し、喜びもつかの間、
家に帰ってからまた真っ赤に腫れてきて、
いらだたしいような情けないような。

「先生もつらい時期があったと聞きましたが、
つらいときはどう乗り越えましたか?」

「つらいときは理屈抜きでつらいです」
こう答えました。

聖人君子ではありませんから、七
転八倒の苦しみ、葛藤の連続です。

魔法のような方法はありませんでした。

今でも、思い出すだけでつらいのですが、
でも振り返ってみれば、人との出会い、本の一節、
どん底にあっても、なにかしら縁があって生きていられた、
そして今があるのではないかと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「どうしても自分を責めてしまうんです」

人の目に触れるはずかしさも、
一日中止まない痛さ、かゆさも、
服がこすれる不快感も、
鏡に映った自分の体を見るときのいたたまれなさも、
疲れているのに眠れない夜も、
この肉体を脱ぎ去りたいという衝動も。

全部知っているのは他の誰でもない自分だけなのだから、
「つらいのによくがんばっているよ、
もうがんばらなくていいよ」と言えるのも
自分だけなのだろうと思います。

「自分を甘やかすことと違うのですか?」

がんばり屋のあなたは聞きました。

甘やかしていいじゃないですか。

甘えたらいけない、頑張らなければ、
いつからかこうした強迫観念が植え付けられています。

前向きな向上心にかわればいいのですが、
それが後ろ向きに自分を責めることになってしまっては
全く意味がないと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の自分を認め、
ゆるしてみたらどうでしょう。

自分を責めてしまっていることに気づいたら、
そんな自分に
「つらい症状に向き合っているだけでも、大変なことだよ」
「もうそんなにがんばらなくていいよ」と声をかけてあげます。

落ち込んでいる自分に気が付いたら
「つらいからしょうがないよ」
「誰だって落ち込むよね」と声をかけてあげます。

何度も何度も、ネガティブな思いに駆られるたびに、
繰り返し語りかけたらいいと思うのです。

否定的な思いも、後ろ向きな言動も、
決して悪いことではなく、
より良くなるために出てくる。

症状がそうであるように、
良くなっていくためのプロセスと心得て、

「いいよ」「OK」「大丈夫」

それを受け止める言葉が、
反射的に、いつも体に鳴り響くようになったら、
否定的な思いやこびりついた習性も、
いつしか最小化されていくことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思い起こせば、
自力で踏ん張っていた時期がありました。

「人事を尽くして天命を待つ」

自力でがんばってこそ、結果が得られると。

でも、辛酸をなめ尽くし、
今では、「天命を信じて人事を尽くす」

流れに身をまかせれば、
人生はひとりでに花開く。

そんな心境に至っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今でも、否定的な思いが起こります。
いつも心が青空ばかりとは言えません。

それでも、天命を信じるようになって、
以前よりはサラリと
受け流せるようにはなってきたと思います。

ゆるし、ゆだね、無為にして為す、
自然法爾、安心立命、全託…

これが僕の人生のテーマ、
天命なのだと信じて。

養生館・館長 小針

■ 養生館について
http://www.y-sato.com/yj-about.html

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

養生館のキッチンスタッフの吉田です。

今日は美味しくて、ヘルシーな
豆乳クリームグラタンをご紹介します。

とっても熱々で、
寒いこの時期にはピッタリの一品です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「豆乳クリームグラタンのレシピ」

●材料 ココット6個分

豆乳 400cc
小麦粉 大さじ3
白味噌 小さじ 1

木綿豆腐 480g (スライスして1人80g)
かぼちゃ、しめじ、玉ねぎ、ベビー帆立 各適量
(季節によって材料を変えてみてくださいね)
バター 8g、塩、コショウ 少々

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●作り方

1、豆腐は均等にスライスして半日は水切りする

2、かぼちゃをくし切り 厚さ7~8mmにして、
 蒸し焼きにしバットに取り出しておく。

3、ほぐしたしめじ、スライスした玉ねぎをバターで炒め、
 ホタテも入れてさらに炒める

4、豆乳クリームを作る
・ボールに豆乳、小麦粉、白味噌を入れよく混ぜておく、
 フライパンに移し弱火でとろみが出るまでよく混ぜる。
(ここで絶対に煮立たせてはいけません!
 豆乳が分離しないように必ず弱火で20~30分です)
・塩、コショウで味を調える、コショウがダマにならないよう気を付ける

5、できた豆乳クリームを炒めておいたホタテと野菜の中に入れよく混ぜる

6、ココットに分量が外のバターを塗り、下に豆乳クリームを敷き
 豆腐、かぼちゃを入れ、さらに上に豆乳クリームをかける。
 あれば粉チーズもふっておく。

7、230℃のオーブンで8分焼き、
 焼きあがったら刻んだパセリをのせる。

8、お熱いうちにお召し上がりください!
ホタテを鮭にしてもおいしいです。

■ やすらぎの里・本館の食事
http://www.y-sato.com/diet.html

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月2日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

トレイルウォーキングの歩く速度、
いつも驚かれます。

少しだけ限界を超えてみる。
1人ではできない冒険です。

仲間とともに歩きぬいた達成感は
代えがたいものです。

養生館・館長 小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無心に歩きました」40代 女性

朝の山歩き。
速度が速くてびっくりしたけど、
結果的に無心で歩きぬくしかなくてよかった。
1人ではとてもできないです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「瞑想の底力を確信」40代 女性

自分の体と心の声を聞いてあげられるのは、
やっぱり私だけなんだから、
ちゃんと耳を傾けなきゃなとつくづく思いました。

あと、個人的に瞑想をずっとしているのですが、
今回改めて瞑想の底力を確信しました。
これからも続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「帰ってからも実践」30代 女性

食べるという当たり前の行為が、
丁寧に行うとこんなにも一つ一つ、
味わうことができるのだと思いました。

日常に戻ると、ここと同じ生活を送ることは難しいですが、
ここで学んだことを一つでも
続けられるようにしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体がありがとう」30代 女性

こんなにも自分の体のことをよく考え、
よく感じて、なおかつ体のためにがんばったのは、
あまりない体験でした。

4日目の夜にして、自分の体が「ありがとう」と
言ってくれている気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べる喜び」20代女性

食べることが何よりも大好きな私。

普段は太りたくないがために、
食欲抑制剤を飲んだり、
いろいろ無理な食生活をしてきました。

でもやすらぎの里に来て、改めて食の大切さ、
食べる喜びを心から感じることができました。

これからはカロリーや糖質量にとらわれすぎず、
栄養バランスや、食べるスピードや、
噛むことなども気を付けてみたいと思います。

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━

養生館が3月にオープンして、
8ヶ月が経ちました。

館長の小針先生は、
地道にプログラムの改善を続け、
キッチンのスタッフは、新たなレシピに挑戦し、
オープンの頃と比べると、
かなりバージョンアップしています。

海沿いの森を歩くトレイルウォーク、
静かな環境でのヨガや瞑想。

素材を生かした、スムージーや具沢山の味噌汁。

そして、動いてお腹がぺこぺこになって、
ひと口ずつ味わって食べる玄米おむすび。

生きる喜びを実感できる「養生断食リトリート」

スタッフのみんなも、自分が参加したいって、
言ってるくらい、魅力的な内容になってます。
(^-^)V

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ