『 やすらぎ通信 』 食べるということ

『 やすらぎ通信 』 第624号 2017.2.14

~ 生活習慣改善の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

●やすらぎの里
http://www.y-sato.com/

■━━━━━━━━━■

こんにちは、やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄い雲が広がっていますが、
風もなく穏やかな日。

河津桜が見ごろになったと、
ニュース番組で取り上げられたので、
花見の人で国道は混み混み。

今年は一気に咲いて見ごろを迎えたので、
花の時期が短そう。

今週はゲストのみんなと
お花見に出かけてこようと思っています。

河津桜が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

河津桜

【目次】━━━━━

【1】食べるということ

【2】やすらぎのレシピ
「白菜のポタージュ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/vacancy.html

■ 高原館の空き室状況はこちら
http://www.y-sato.com/kougenkan/vacancy.html

━━━━━━━━━━━
【1】食べるということ
━━━━━━━━━━━

今回は大沢が、今の仕事を始めたきっかけから、
食べるということについて書いてみました。

今週は、ちょっと長くなりますよ。
( ̄▽ ̄)

僕は実家が食堂をやっていたこともあり、
食には小さい頃から興味がありました。

仕事で築地にも出入りしていたこともあり、
素材の美味しさの目利きには、ちょっと自信があります。

美味しいものをたくさん食べたし、
お酒もたくさん飲みました。

ワーキングホリデーでオーストラリアに行ったとき、
日本食レストランでアルバイトをしたのをきっかけに、
日本に帰って来てから板前の修業もやりました。

将来は実家を改装して、
料理屋をやろうと考えていた時期もありました。

そんな人間が、
なぜ断食の施設をやっているのかというと、
長野のペンションで、
自然食に出会ったことがきっかけでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理屋で出す料理って、続けて食べると飽きます。
僕は田舎で生まれた人間なので、
もっとシンプルな味付けのものが美味しいと思っていました。

ちょうどその頃、環境問題にも関心があったことから、
豪華な食材を使うことへの疑問、食品廃棄の問題など、
自分がやっている仕事に疑問を感じていました。

そんなときに、自然食と出会い、
毎日食べるならこっちの食事の方が美味しい!

地元でとれる旬の食材を無駄なく使うことで、
自分の体にいいだけじゃなくて、
環境にもいいということもあり、
自然食にはまっていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく、この世界に入るきっかけが、
自分の体調不良を食事で治したという人がいます。

だから、健康のために食べ過ぎは良くない・・・。

僕は病気ではなく「美味しい!」から入っているので、
健康のためとはいえ、
がまんって、なんか嫌なんです。

断食って、究極のがまんなんじゃないの?
って声が聞こえそうですが、
その少しのがまんは、
より美味しく食べるための作法です。

ビールを美味しく飲みたかったら、
食事の前に、水とかお茶は飲みませんよね。

さらに、お風呂に入って汗をかいて、
体が水分を本当に欲したときに飲むと、
「うまい!生きててよかった~」ってなる。

それと同じように、断食して胃腸を休め、
胃も腸も空っぽにして、
胃腸が本当に食べ物を欲しているときに、
自然で優しいものを食べると、
「うまい!生きててよかった~」ってなります。

その美味しいっていう感動、
シンプルなものを味わう喜びを伝えたい。

“食べることは、生きるというのを実感すること”

野生の動物と同じように、
食べられたときに感じる、命の喜びが、
生き生きとした命の躍動をもたらせてくれます。

■ やすらぎの里について
http://www.y-sato.com/general_about.html

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「白菜のポタージュ」

本館・キッチンの長澤です。

今回は今年の冬の新メニューの
白菜のポタージュを紹介します。

白菜の旨味がぎゅっとつまっていて、
とても美味しく仕上がっています。

「ぜひレシピを知りたい!」と要望が多いので、
こっそり(?)教えちゃいますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ 材 料(3人分) ~

・白菜    400g
・玉ねぎ   中1/8個
・油     少々
・塩     ひとつまみ+適量
・小麦粉   大さじ2/3
・一番だし  200cc
・豆乳    200cc
・コショウ  適量

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ 作り方 ~

1.白菜は、ひと口大の大きさに切っておく。
  玉ねぎは、薄くスライスしておく。

2.鍋に油を引き、玉ねぎと塩ひとつまみを入れて炒め、
  しんなりしたら小麦粉を加え、さらに炒める。
  (玉ねぎが甘くなるまでよく炒めます。
   焦がさないように気をつけてくださいね。)
 
3.2の鍋に一番だしを少しずつ入れながら、
  ダマにならないように混ぜて、のばしていく。

4.3に白菜を入れ、野菜の甘みが出るまで煮込む。
  (20分以上を目安にしてください。)

5.4を冷ましてから、豆乳と合わせ、
  なめらかになるまでミキサーにかける。

6.5をザルで漉してから鍋に入れ、かき混ぜながら弱火で温め、
  塩・コショウで味付けしたら、出来上がり!

 ※お好みで、茹でた白菜やクルトンなどの浮きみを入れて
  お召し上がりください。

■ やすらぎの食事
http://www.y-sato.com/diary/yasuragifoods

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は2月1日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

養生館名物トレイルウォーキングは、
毎朝同じコースです。
飽きて退屈するかと思いきや、
日々変化する心身に気づけて、
味わい深い体験となります。

新奇なものに目が向きがちな現代社会ですが、
だからこそ、質実剛健な養生館の存在意義があると思っています。 

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ハードだけど充実感」50代女性

トレイルウォーク、ハードだけど充実感。
少食はつらくなくて、あっという間。
心も体もすっかり軽くなりました。

家に帰ったら、少し丁寧な生活をしようと思った。
ありがとうございました。
また来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「とても気持ちよく」40代女性

とても気持ちよく5日間を過ごすことができました。
さまざまなお手当て法を学んだことが勉強になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「これでいいんだ」30代女性

先生のジワジワくる面白さが楽しかったです。
どの講座もとても勉強になり、
参加してよかったなと、改めて感じました。

5日間を通して自分というものと、
しっかり向き合うことができ、
漠然と思っていたことがしっかりとした理論で、
これでいいんだと確信を持つことができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「がんばりました」60代女性

67才がんばりました。
幸せいっぱい。
元気いっぱいです。
ありがとうございます。

■ やすらぎの里の体験談
http://www.y-sato.com/voice.html

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

先週の水曜日、心屋仁之助さんの
武道館の独演会に行ってきました。

心屋10年の歩みを紹介するスライドでは、
やすらぎの里での断食も紹介してもらい、
歌とトークで、あっという間の3時間。

心屋さんが歌うのを生で聞いたのは初めてでしたが、
なぜカウンセラーが歌うのか、
その訳がよ~く分かりました。

そして自分の好きを追及すると
あんなこともできるんだということに感動。

誰かのためにではなく、
自分の好きを極めることこそが、
誰かの力になれるんだって、
気づかさせてもらいました。

僕も自分の好きを妥協しないで、
追及していこうと思います。
o(^-^)o

大沢

■ やすらぎ日記
http://www.y-sato.com/diary

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ