人生好転の場

養生館の小針です。

夜中まで多忙を極めるキャリアウーマン。

常に先のことを予測し、指示を出さなければならない仕事。

養生館に来てからも、「心ここにあらず」

今この瞬間を感じることなく、先の事ばかり考えていたようでした。

ところが、トレイルウォーキング3日目あたりから、
今まで歩きながらも思考が止まなかったのが、
気づいたら歩くことに集中していたというのです。

そう打ち明けられた表情には新鮮な喜びが満ちていました。

トレイルウォーキング

定年退職された男性。

減量目的で来られましたが「食べる瞑想」で、
レーズン一粒をマインドフルネスに味わうワークをやって、
「たった一粒のレーズンの甘みに驚いた。

そして自分の味覚や体の感覚に、
まだ繊細な感受性があることに希望を見出した」と言っていました。

これから第2の人生、青春を謳歌されることでしょう。

滞在の動機は人それぞれですが、
帰りには予想もしなかったお土産を持って帰られます。

「養生館のトレイルウォーキング」

コメントをどうぞ