「ひたすら寝て・・・」寄せ書きから

毎週ゲストのみなさんから、アンケートと一緒に、
滞在中に気づいたことを書いていただいています。

一週間の滞在の中で、いろんな気づきを得ていて、
スタッフみんなで、深く納得しながら読ませてもらっています。

寄せ書き

先週、本館に滞在した方の寄せ書きに感動したので、
みなさんにもシェアさせていただきますね。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ひたすら寝て・・・」30代 女性

初日から3日間は心身ともにダウンでした。

ひたすら寝て、寝て、寝て・・・。

頭も何も考えられなくて、
出てくるとしたらガンジーの顔くらいでした(笑)

でも、回復食が始まったとたん、体がうずうずしてきて、
すぐに散歩に出かけました。

同じ部屋だった人達とも3人で
ずっとしゃべってしまったり。

食べ物を少し口にするだけで、
人間の体ってここまで、
すぐに回復するんだとすごく感動したのと、
私って生き物なんだ(笑)って、あらためて実感しました。

私の生きようとする力を愛おしく感じました。

だから、悩みがあってもなくても、
今存在していることに感謝して、
自分を愛することができたら幸せなんだと思いました。

それを体を通じて実感させていただいた、
やすらぎの里のみなさんに感謝です。

また、やすらぎの里に戻ってきます。
いや、本当に大好きです、この里が(^m^ )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”私の生きようとする力”

ふらふらになりながら、
断つことで気づいた、内在する力。

ヨガの大先生、沖正弘先生は、
「生命即神」と言っています。

情報として知ることだけでなく、
体を通して実感する気づき。

今のような時代だからこそ、
実際に体験してみることって、大切だなと思います。

しかし、何も考えられないときに、
出てきたのがガンジーの顔なんて、
さすが関西人(笑)

コメントをどうぞ