■腸をきれいにする その6

●便秘の解消法 その2
食事は気をつけてるんだけど、なかなか便秘がよくならない。
食物繊維をたくさん取るようにしたら、お腹が張るようになった。
なんていう人も、実はいます。
というか、結構います。
それじゃあ、せっかくがんばって玄米食を続けているのに、これって無駄な努力なの?
そんなことありません。
まずは食生活の改善が基本です。
しかし、それでもだめな人はストレスが原因です。
ストレス、ストレスって言うけど、私ストレスなんかあまりないわよ。
そんなこと言う人もいます。
ストレスと言うと、何か嫌なことがあるとか、
嫌いな仕事を無理してやっているっていうイメージがあります。
しかし、嫌なことじゃなくても、緊張が続いたり、変化が大きいことは身体的にはすべてストレスと感じています。
例えば、仕事の好きな人でも緊張が続たり、仕事時間が一定じゃない人は身体的にはストレスになっているんです。
じゃあ、便秘を治すためには、仕事を辞めなきゃだめだっていうの?
そんなことできませんよね。
それに、ストレスがまったくない生活っていうのもどうかなって思います。
なんたって、まったく刺激も、変化もない毎日なんですから。
それじゃあ、どうすればいいのよ?
ストレスは長く続くのが悪いんです。
短い期間で終わるストレスはそれほど害を与えるものではありません。
だから、上手な切り替えが必要なんです。
だいたいストレスがたまったときはイライラして頭にきてますから、頭に上った血を下げなきゃだめです。
例えば、仕事帰りに一駅歩くようにすると、足を使うので頭に上った血が足の方に下がってきます。
イライラしていても、20~30分もくもくと歩いていると、冷静になれて少しすっきりします。
歩く時間なんてないよと言う人は、家に帰って半身浴です。
しっかり汗をかいて、ストレスを汗で発散するのです。
そんなんじゃ私のつもりにつもったストレスは解消しないわよと言う方は、もう断食ですっきりするしかないですね。
ストレスは根が深い問題なので、つづきはまた明日。

コメントをどうぞ